ドラマ『未満警察』7話ネタバレあらすじ 立てこもり事件発生!

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。
 

警察学校の教室で、本間快、一ノ瀬次郎、助教の及川蘭子の3人を人質にとった立てこもり事件が発生した。

犯人の天満直子と直子の弟・智也の目的は、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父・天満暁生の無実を証明することで…。

ドラマ『未満警察』第7話のあらすじ

警察学校の教室で、本間快(中島健人)、一ノ瀬次郎(平野紫耀)、助教の及川蘭子(吉瀬美智子)の3人を人質にとった立てこもり事件が発生する。

犯人の天満直子(長谷川京子)と直子の弟・智也(柿澤勇人)の目的は、9年前の連続殺人事件の犯人として逮捕された父・天満暁生(佐戸井けん太)の無実を証明することだった。

直子と智也の訴えを聞く中で、蘭子が3件目の事件の暁生のアリバイを証明できることが判明した。

真実を明らかにするため、本間はある作戦を立てる。

犯人に開放された態で教室の外に出た一ノ瀬は、立てこもり事件の指揮をとる警視正・国枝(木下ほうか)と管理官・弓倉(山口祥行)の尋問を受ける。

そこで「犯人は5人だった。

全員銃で武装し、体には爆弾」と本間の指示通りに嘘の証言をし、警察がすぐに突入できないよう時間を稼いだ。

そして教官の片野坂譲(伊勢谷友介)に本間からのメッセージを伝える。

そんな中、指揮本部では、国枝が捜査員たちに狙撃命令を出していた。

窓際に犯人が見えたら射殺するよう指示を出す国枝に、教室内でSATの隊員が重傷を負っていることを伝え「代わりに私が人質になります。狙撃命令はその後に」と訴える片野坂だった。

隊員が命を落とせば、この事件を外部に隠し通すことができないと危惧した国枝は、その要求を受け入れる。

そして片野坂は、負傷したSAT隊員と入れ替わりに教室の中へと入っていく。

その頃、こっそり警察学校を抜け出した一ノ瀬は、2件目の殺人事件について暁生が無実だという証拠を持っていると直子に連絡してきた〝ムラタミキ〟と名乗る人物の元に、直子の代わりに会いに向かっていた。

ドラマ『未満警察』第7話のネタバレ

一ノ瀬が解放されて中の状況を話した。

事情聴取されたら時間を稼げと本間は一ノ瀬に教える。

全員が銃で武装して爆弾も持っていると嘘をついた。

暁生の無実を全員が信じていると一ノ瀬は伝える。

片野坂は本間と口裏合わせをしたことに気付いていて、一ノ瀬は本間の伝言を話す。

一方、本間は及川の止血をしたが力が入らず、みかねた直子が足を縛る。

直子は元大病院の看護師でいい給料をもらっていたが智也が警察のせいで直子の仕事が奪われたと話す。

国枝は狙撃命令を出したが、片野坂は人質交換まで待ってほしいと告げる。

片野坂が代わりに人質になると志願して本間と共にプロファイリングするように一ノ瀬はメールで伝える。

怪我をしている及川の代わりに片野坂が人質になると国枝は直子に話す。

そんななか、一ノ瀬は直子の代わりに暁生が無実だという証拠に握っているいう”ムラタミキ”に会いに向かう。

片野坂は本間たちが監禁されている部屋に行き中に入る。

犯人、人質関係なく狙撃命令が出ていて撃たれると片野坂は智也たちに伝える。

スコップ男が何者か突き止めればこの状況を打開できると片野坂は直子に言う。

一ノ瀬はムラタミキに会ったが彼女は暁生のご家族でなきゃ言えないと告げる。

連続殺人の最初の事件はプロローグと言って物語の最初に当たると片野坂は本間に話す。

最初の殺人は殺すつもりはなかったかもしれないと言い、人を殺したことで犯人の抑えていた殺人衝動が覚醒したと告げる。

国枝たちは証拠を捏造して暁生を犯人に仕立てようとしたが、唯一国枝たち警察が捜査できないアリバイの証拠を手に入れようとする片野坂。

一方、一ノ瀬はムラタから暁生の妻の事件の時に暁生と会っていたと証言する。

それを証明する証拠の写真を見せられた一ノ瀬は本間たちのもとに急いだ。

柳田はスコップ男の上着を見つけたと片野坂に報告した。

真犯人が見つかったら武器を捨てて投降するように直子と智也に約束させる本間。

一ノ瀬はムラタから渡された証拠を渡すように黒スーツの男たちに要求される。

男たちと闘う一ノ瀬だがなす術がなくボコボコにされた。

男たちは警察で暁生が無実になる証拠を探すが証拠はどこにもない。

その頃、片野坂はなぜ暁生が警察から犯人に仕立てあげられたのか考えていた。

そして本間は警察の中に真犯人がいるとたどり着いた。

国枝はSAT隊員から犯人が直子と智也の2人しかいないと聞きすぐに突入の準備をするように指示する。

一ノ瀬から無実の証拠があると連絡があり今こっちに向かっていると直子は話す。

暁生の無実を証明することができず申し訳ないと片野坂は直子と智也に謝罪した。

片野坂は稲西から4件目の殺人はスコップ男に興味を持って犯行に及んだ模倣犯だと言われ直子は焦りを感じる。

一ノ瀬から連絡があり男たちに襲われて証拠がダメになったとの知らせを受ける。

智也がイラついていたその時、直子は電話に出て暁生が危篤だと聞かされてショックを受ける。

親父が死ぬ前に無実を証明したかったと智也は嘆いて、直子は智也が持っていた銃を自分の頭に向ける。

直子はこれまで何度も自殺を図り人生を狂わされてきたと泣きながら訴える。

どこへ行っても殺人鬼の家族として後ろ指をさされてこんな人生に生きる価値はないと語る。

本間はまだお父さんは生きてるから諦めちゃダメだと直子に訴えて拳銃を取り上げる。

直子と智也は投降して及川は搬送された。

警察に連行されようとしている時に、一ノ瀬は必ず真犯人を逮捕して暁生の無実を証明すると約束した。

直子と智也は一ノ瀬にお辞儀をして一ノ瀬も返した。

これで警察学校立てこもり事件は終わりを告げた…かに思えた。

しかし、これは新たなる事件の始まりにすぎなかった。

国枝は何者かに気絶させられてどこかへ車で連れ去られていった。

証拠が残された携帯は破損して本間と一ノ瀬はまだ戦いは終わっていないと決意を新たにするのだったーー。

ドラマ『未満警察』第7話の感想

本間と一ノ瀬は直子&智也姉弟の父親である暁生の無実を証明するためにスコップ男を見つけ出そうとした。

スコップ男は一体誰なんだ!

片野坂が人質になり本間とともにスコップ男の正体を突き止めようとする。

スコップ男の正体がわかれば直子と智也を助けられる(`_´)ゞ

一ノ瀬は警察に襲われて証拠が駄目になり、柳田と稲西がやっと見つけた証拠は模倣犯のものだった。

捜査が進展しないまま直子は銃を頭に突きつけて自殺しようとする。

殺人犯の子供だからと誹謗中傷される、そんな社会に誰がした( *`ω´)

直子と智也みたいな人を二度と生まないために本間と一ノ瀬のような警官が1人でも必要だな!

まとめ

ドラマ『未満警察』第7話のドラマレビューはいかがでしあでしょうか?

片野坂は、負傷したSAT隊員と入れ替わりに教室の中へと入っていった。

その頃、こっそり警察学校を抜け出した一ノ瀬は、2件目の殺人事件について暁生が無実だという証拠を持っていると直子に連絡してきた〝ムラタミキ〟と名乗る人物の元に、直子の代わりに会いに向かう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする