ドラマ『未満警察』6話ネタバレあらすじ 無実を証明しろ!

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察』第6話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

とある公園で、女性の遺体が発見された。

監視カメラの映像には、犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋めてその遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを刺して逃走する姿が映っていて…。

ドラマ『未満警察』第6話のあらすじ

とある公園で、女性の遺体が発見された。

監視カメラの映像には、犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋め、その遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを刺して逃走する姿が映っていた。

憤りを隠せない刑事の柳田晋平(原田泰造)は、かつて現場の捜査官同士としてバディを組んでいた警察学校の教官・片野坂譲(伊勢谷友介)に監視カメラの映像を送った。

そして電話で「お前の言う通りだった。真犯人は別にいる」と告げる柳田だった。

そんな中、教官室で映像を確認していた片野坂は、柳田との電話を切った後、近くにいた助教・及川蘭子(吉瀬美智子)の様子がおかしいことに気づいた。

その頃、警察学校の寮のロビーでは、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がテレビで“スコップ男”事件のニュースを見ていた。“スコップ男”と呼ばれる犯人は、9年前にも同様の手口で3人を殺害した。

当時警察はその被害者の1人の夫・天満暁生(佐戸井けん太)を犯人として逮捕したが、再び同様の殺人事件が起きたことで、別に真犯人がいる可能性が浮上する。

事件に興味を持った本間は模擬捜査をしようと一ノ瀬に提案する。

そして、さっそく同期の仲間たちと共に、過去の事件を再捜査し授業で発表する模擬捜査を行うことになった。

そんな折、警察学校の廊下で、コート姿の男・天満智也(柿澤勇人)から「及川蘭子、いる?」と尋ねられた本間と一ノ瀬。

蘭子の居場所を伝えた本間は、その直後、智也が銃を隠し持っていることに気づく。

急いであとを追い、教室内で智也が蘭子に銃を突きつけている姿を目撃した本間と一ノ瀬は、蘭子を助けようと教室に飛び込む。

するとそこに、智也の姉・天満直子(長谷川京子)がやってきて…。

ドラマ『未満警察』第6話のネタバレ

柳田が殺人事件の現場に駆けつけると犯人の男が女性をスコップで撲殺して土に埋め、その遺体の手だけを地上に出し、突き出た手の隣に墓石のようにスコップを土に刺していた。

片野坂に連絡してお前の言っていたことが正しかったと柳田は言い謝った。

連続猟奇殺人事件のスコップ男のニュースが流れて模倣犯の仕業だと本間は推理する。

本間は同期たちと現場検証を始めて、スコップを掘っている時にギッコリ腰になる。

仕方なく一ノ瀬が本間をおんぶして医務室に運んだ。

警察学校で天満智也が本間と一ノ瀬に話しかけて及川がどこにいるか尋ねる。

本間は智也が拳銃を持っていることに気付いて一ノ瀬と共に智也を探す。

及川を見つけた智也は及川に銃を向ける。

本間と一ノ瀬はその姿を目撃して一ノ瀬がベランダからまわりこむ。

一ノ瀬は智也を押さえつけたが、本間が天満直子に銃を向けられる。

手が出せなくなった一ノ瀬は智也に殴られて硫酸の入った水鉄砲の銃を一ノ瀬向ける智也。

智也は及川に親父の無実を証言しろと命じる。

警察学校に警官隊が駆けつけて智也は慌てていた。

智也は一ノ瀬たちの携帯を回収して立て篭る。

片野坂は及川に電話したが智也に奪われて出られない。

一ノ瀬にバリケードを作るように命令されて一ノ瀬はバリケードを作る。

本間たちは直子に縛られて、警察は狙撃準備を整える。

及川と天満姉弟に9年前何かあったのではと予想して手遅れになる前に本当のことを話した方がいいと言うが及川は黙ってしまう。

直子が電話に出て警察に9年前に起きた連続猟奇殺人事件のスコップ男と呼ばれる真犯人を捕まえて欲しいと要求する。

できなければ1時間ごとに人質を1人ずつ殺すと宣言した。

一ノ瀬は模擬捜査で再捜査されたと智也に話し、本間は被害者が殺された状況を詳細に話す。

3件目で刑事を殺害されたことで警察の面子は丸潰れで、天満暁生が容疑者として逮捕された。

暁生は妻を殺害した容疑で逮捕されたが、智也は暁生と妻が仲が良かったと話し母親を殺すはずがないと訴える。

一方、国枝警視正は犯人の射殺命令を下す。

智也は事件当時に交通違反で切符を切られていてアリバイがあると本間たちに話し、暁生の違反証明書を必死に探していたと直子が話す。

ゴミを漁ってついにその証明書を手に入れ、暁生の交通違反を指導したのは及川だった。

及川なら暁生の無実を証明できたと智也は訴える。

警察学校に国枝警視正が来てSATを呼ぶように指示する。

及川は国枝から天満姉弟には会うなと命令されていて何も証言しなかった。

暁生が余命宣告を受けてもう長くないからこんなことをしたと直子と智也は話す。

妻が殺された時に暁生は自分のせいだと責め続けて、直子はこうでもしないと誰も聞いてくれないと訴える。

国枝は直子を説得して人質を1人解放すると直子は話し、警官が学生のふりをして天満姉弟を始末しようとする。

事件当時に及川が暁生を取り締まったことを思い出して本間は及川の筆跡を確認させる。

本間は学生をよこすふりをして智也と直子を始末するつもりだと2人に話す。

学生に扮した刑事が水を持って教室に入ってきたが智也が刑事に銃を向ける。

刑事が銃を撃ち、弾が及川の足に命中した。

智也が硫酸を刑事に浴びせ、一ノ瀬が刑事を取り押さえる。

及川は人質が負傷しているとわかれば突入されて天満姉弟の命の保証はできないと話す。

人質が負傷していないと伝えてと及川は本間たちに告げ、本間は電話で国枝と話をする。

犯人グループは5人いて全員が武装して銃を持っていると嘘をついてうかつに突入できないようにした。

本間は一ノ瀬を解放して一ノ瀬が片野坂と組んで真犯人を見つける作戦を立てて一ノ瀬が解放される。

窓の外を見ながら本間「頼んだぞ、次郎ちゃん!」と呟くのだったーー。

ドラマ『未満警察』第6話の感想

天満智也と姉の直子が警察学校に忍び込んで及川にスコップ男のことを尋ねる。

この姉弟は9年前に逮捕されたスコップ男の容疑者の子供だろうな…。

真実を聞きたいからといって警察学校に立て篭るのはどうなんだ。

国枝は直子と智也を始末しようとしている、組織はこれだから…。

警察の威信にかけて暁生を逮捕したけど、それが誤認逮捕だと知られたら警察は世間からバッシングを受ける。

だからあれだけ懸命に揉み消そうとしてる、許せんな( *`ω´)

学生に扮した刑事と本間たちとの乱闘シーンは迫力があってドキドキした💓

及川の真実を突き止めたいという執念がすごい!

まとめ

ドラマ『未満警察』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

警察学校の廊下で、コート姿の男・天満智也から「及川蘭子、いる?」と尋ねられた本間と一ノ瀬だった。

蘭子の居場所を伝えた本間は、その直後、智也が銃を隠し持っていることに気づいた。

急いであとを追い、教室内で智也が蘭子に銃を突きつけている姿を目撃した本間と一ノ瀬は、蘭子を助けようと教室に飛び込んだ。

するとそこに、智也の姉・天満直子がやってきた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする