ドラマ『未満警察』5話ネタバレあらすじ 幼なじみが麻薬組織?

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ある日の夜、覚せい剤の売人グループを逮捕するため、刑事の丸橋、根本らは閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れた。

だが、時すでに遅く犯人たちはすでに逃走していて…。

ドラマ『未満警察』第5話のあらすじ

ある日の夜、覚せい剤の売人グループを逮捕するため、刑事の丸橋(高橋努)、根本(渋江譲二)らは閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れる。

だが、時すでに遅く、犯人たちはすでに逃走していて室内はもぬけの殻だった。

するとそこに、何も知らない本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がやってくる。

そのまま警察署に連行され事情を聞かれた2人は、自分たちは警察学校の学生で、外出届を提出してクラブに遊びに行っただけだと説明した。

無事身元の確認が取れた本間と一ノ瀬に、「こいつらを見てないか?」と売人グループの写真を見せる根本だった。

その写真には、一ノ瀬の幼なじみ・望月凛花(蓮佛美沙子)が写っている。

凛花が覚せい剤の売買に関わっていると知りショックを受けた一ノ瀬は、本間と共に寮に戻った。

そんな中、警察学校を訪れた丸橋と根本のふたり。

2人は教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)に、凛花と親しい一ノ瀬に潜入捜査をさせて売人グループのアジトを突き止めて欲しいと懇願した。

その頃、寮の部屋では、ひどく落ち込んだ様子の一ノ瀬がスマホで凛花の画像を見ている。

凛花は自身の初恋の相手でもあり、交通事故で亡くなった実兄の恋人だった人だと打ち明ける一ノ瀬。

昔ヤンチャをしていた凛花は、警察官を目指していた一ノ瀬の兄と付き合い始めたことがきっかけで更生したということだ。

「なのに凛花、今になって何してんだよ」と嘆く一ノ瀬に、「…そしたら助けてあげたら?」と背中を押す本間。

そして、蘭子がお目付役として側で監視することを条件に潜入捜査の許可が下り、一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行く。

ドラマ『未満警察』第5話のネタバレ

一ノ瀬は片野坂と及川の面接を受けていた。

現在、覚醒剤の売人グループを逮捕する為に刑事の丸橋と根本は閉店したクラブのVIPルームに足を踏み入れた。

しかし、犯人たちはすでにいなくなっていて一ノ瀬と本間はガサ入れに巻き込まれる。

取り調べ室で本間と一ノ瀬は身元の確認が取れて釈放されたがどうしてあのクラブにいたと問いただされる。

本間と一ノ瀬は女の子をナンパしていたと話し一ノ瀬は本間の笑顔の指導をしていた。

根本は犯人グループの写真を見せて一ノ瀬の幼なじみの望月凛花が犯人グループのリーダーだった。

警察は本間と一ノ瀬に潜入捜査を命じて一ノ瀬が凛花の幼なじみということで抜擢される。

凛花の話を一ノ瀬は本間にして、凛花は一ノ瀬の初恋の相手でもあり、交通事故で亡くなった実兄の恋人だった人だと打ち明ける。

落ち込む一ノ瀬を本間は慰めて、丸橋と根本はお目付役に任命した。

一ノ瀬は凛花とバスの待合所で再会した。

凛花は一ノ瀬と昔話をして和んでいて、本間は自己紹介をする。

本間は一ノ瀬と仕事を探していると凛花に凛花に仕事を紹介してほしいとお願いする。

凛花は仲間のところに案内して凛花の入社試験を受けることになった。

二人はとある荷物を指定の場所まで届ける。

二人は荷物を背負って指定の場所に到着した。

部屋に入ると中に凛花がいて二人を驚かす。

凛花は急に腹痛を訴えて本間は凛花の母子手帳を見つけて凛花が妊娠していることに気づく。

この部屋は凛花の部屋で一ノ瀬は赤ちゃんの父親は誰か尋ねる。

凛花は北海道に赤ちゃん用品を届けてほしいとお願いしたが一ノ瀬は拒んだ。

お陰で潜入捜査に失敗して丸橋にこっぴどく怒られる。

及川は本間と一ノ瀬が何もできなかったと伝えて、寮に戻った一ノ瀬は凛花の写真を削除しようとするが本間が止める。

本間は同期の真琴に子供をどうやって育てていると尋ねたら両親と友達に頼っていると話す。

一ノ瀬が凛花のことを思っていると知り凛花を助けてあげなよと告げる。

そんななか、覚醒剤密売組織の若者が何者かに殺害されて死体が海岸に放棄されていた。

柳田と稲西が現場検証に来て覚醒剤密売組織もヤバいことになってんなと柳田は呟く。

一ノ瀬は凛花の部屋にやってきて覚醒剤の摘発があった時クラブにいたと正直に告白した。

足を洗ってほしいと一ノ瀬は凛花にお願いして、凛花は兄の太郎と同じこと言うんだねと一ノ瀬に告げる。

今日大きな取引がありそれを売りさばいたらこの仕事から足を洗うと凛花は一ノ瀬に約束した。

その時、玄関のドアを叩く音がしてドアを開けるとフルフェイスを被った男たちが襲ってきた。

一ノ瀬はハンガーで応戦したが数が多くて苦戦して一ノ瀬は倒れる。

そこに凛花が助けにきて消火器で男たちに立ち向かう。

一ノ瀬は起き上がり凛花を連れて逃げる。

残った覚醒剤を売れば目標金額が貯まり新しい場所で子供と暮らせると一ノ瀬に話す凛花。

これで本当に最後だと凛花は一ノ瀬に約束した。

仲間の白木が凛花の隠れ場所に現れて取引場所が変更されたと報告した。

一ノ瀬は凛花のボディガードを引き受けて、取引場所に向かう。

しかし、白木は仲間と共に凛花を裏切り現場には刑事の根本がいた。

根本は白木たちと組んで覚醒剤で儲けようと画策していた。

一ノ瀬を潜入捜査官に指名したのは凛花の仲間の信用を無くす為。

根本は一ノ瀬に銃を向けて一ノ瀬を殺そうとするが一ノ瀬は凛花を連れて逃走する。

一ノ瀬と凛花は必死に逃げるが根本と白木に追い詰められて袋小路になる。

絶対絶命になったその時、本間が助けに駆けつけて本間と一ノ瀬は根本たちと闘う。

現場には及川たちも駆けつけて根本たちを逮捕した。

一ノ瀬は丸橋から手錠を受け取り凛花を覚醒剤所持の罪で逮捕する。

兄の意思を継いだことを知り凛花は一安心して一ノ瀬をよろしくねと本間に告げる。

本間は凛花がやり直せるか及川に尋ねて、その為に我々がいると話す。

仲間からおもちゃ箱に挟まっていた紙を受け取り、凛花は太郎が必死で考えた子供の名前の”花”という名前を見て子供の名前を花に決めた。

凛花は警察に連行されて一ノ瀬は凛花を見送る。

パトカーに乗り込んだ凛花は太郎が書いた「ふたりの命は俺が守る」というメッセージを見て涙を流す。

パトカーは走り出し、一ノ瀬は犯人の逮捕が思っていたものと違ったと本間に言い、涙を流した。

本間は一ノ瀬が凛花とお腹の子供のことを守ったと告げ、二人は帰路につく。

寮には一ノ瀬と凛花のツーショット写真が大事に壁に貼られているのだったーー。

ドラマ『未満警察』第5話の感想

一ノ瀬が密かに思いを寄せていた幼なじみの凛花が覚醒剤密売の犯人グループのリーダーだと知りショックを受ける。

幼なじみが犯罪者と知ったらさぞショックだろう…。

凛花は覚醒剤を売りさばいていて、一ノ瀬は何とか凛花を悪の道から救いだそうとする。

凛花を正しい道に引き戻したいと思う一ノ瀬の気持ちが少し分かるな(`・ω・´)

本間も一ノ瀬を後押しして一ノ瀬は凛花を助けにいく。

根本が悪徳刑事だったか、こういう奴はどこの世の中にもいる( *`ω´)

根本たちは逮捕されて一ノ瀬は凛花に自ら手錠をかける。

このシーンの時一ノ瀬は辛かっただろうな….。

一ノ瀬は犯人に手錠をかけるのが夢だと言っていたが、まさか最初に手錠をあかけるのが幼なじみの凛花だとは(´;ω;`)

まとめ

ドラマ『未満警察』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

昔ヤンチャをしていた凛花は、警察官を目指していた一ノ瀬の兄と付き合い始めたことがきっかけで更生した。

「なのに凛花、今になって何してんだよ」と嘆く一ノ瀬に、「…そしたら助けてあげたら?」と背中を押す本間。

そして、蘭子がお目付役として側で監視することを条件に潜入捜査の許可が下り、一ノ瀬は本間と共に凛花に会いに行った。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする