ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』4話ネタバレあらすじ

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ある日の夜、寮の部屋では、本間快と一ノ瀬次郎がスマホで恋愛映画を見ていた。

エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬だったが…。

ドラマ『未満警察』第4話のあらすじ

ある日の夜、寮の部屋では、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)がスマホで恋愛映画を見ていた。

エンドロールが流れ始め、感動の余韻にひたる一ノ瀬。

一方、男子校出身で恋愛に疎い本間はラブストーリーの内容が理解できず、これには一ノ瀬も半ば呆れ気味になった。

翌日、警察学校の教室では、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)の座学が行われていた。

「警察官たるもの己の限界を知ることも重要だ」と説く片野坂の言葉を真剣に聞く本間。

そんな本間の横顔を、同期のさやか(竹内愛紗)がどこか思いつめたような表情で見つめていた。

そんな中、午後からの体力トレーニングの授業中、今度は訓練についていけず大怪我をしそうになるさやか。

同じく同期の田畑(小平大智)は、少し様子のおかしいさやかのことが気になっていた。

その夜、自身のSNSアカウントに「死にたい」と投稿するさやか。

すると、〝指友指助〟というハンドルネームのカウンセラーを名乗る男からリプライ(返信)があり、さやかはその男にDM(ダイレクトメール)を送る。

翌朝、さやかは寮から姿を消していて同期の仲間たちが心配する中、本間はさやかから届いたメールを一ノ瀬に見せた。

そこには助けを求めるS0Sのようなメッセージが書かれていた。

その文面を見て、あることに気づいた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示する。

すぐさま本間はさやかに電話をかけるが、さやかがその電話をとった直後、彼女の目の前に指友指助(忍成修吾)が現れて…。

ドラマ『未満警察』第4話のネタバレ

一ノ瀬と本間がスマホで恋愛映画を観ていた。

本間が何でふたりが最後キスをしたのか疑問に思っていた。

恋愛のことについて本間は何も分からず、卒業するまで恋愛のことは二の次だと一ノ瀬に話す。

一方、指友指助は女性をネットで呼び出してロープで首を絞めて殺害していた。

野原さやかは訓練でも成果を上げることができずに落ち込んでいた。

そんな時、さやかは指友指助にSNSのダイレクトメッセージで呼ばれて待ち合わせの約束をする。

その指友指助は女性を殺害してカメラで写真を撮り「良かったね、死ねて…」と呟く。

本間はSNSアカウントで「しにたい」との投稿がを見て不審に思っていた。

警察学校にも来ていないさやかをみんなは心配していた。

本間はさやかのことが心配だと一ノ瀬に告げ、本間だけグループセラピーに行くことになった。

さやかからのメッセージを一ノ瀬に見せて一ノ瀬はさやかからの愛の告白だと本間に話す。

メッセージを縦読みにすると「すきでした」になりすぐにメッセージを送るように本間に言う一ノ瀬。

そんななか、さやかは指友指助とカフェで待ち合わせをしていた。

本間はさやかに電話したがすぐに切られて指友指助がさやかの前に現れる。

一方、柳田と稲西は指友指助に殺害された被害者の現場検証をしてこれで指友指助の犯行は4件目だと憤慨する。

さやかは指友指助と自殺志願者を救済しているという彼の活動を聞かされる。

二人の会話を本間は遠目から観察して、指友指助は店を出る時にスマホを見せに捨てた。

本間が指友指助のスマホを拾って柳田からの電話に出た。

柳田は電話越しの相手が本間だと知ると、指友指助は4人もの女性を殺してると伝えて追跡するように命じた。

すぐに指友指助とさやかを追いかける本間。

本間は指友指助のアカウントを調べるように同期のみんなに伝えた。

指友指助が入った団地に到着した本間は指友指助のWi-fiが自動で繋がらないか手当たり次第に試していた。

Wi-fiが繋がり本間は恐るおそる部屋に入る。

部屋の中に入るとプリペイド携帯が何台もあり、指友指助が今までに殺した被害者女性の写真がクローゼットにびっしりと貼られていた。

その時、部屋に何者かが入ってきて本間が傘で襲いかかると及川と片野坂が部屋に押し入っていた。

そんななか、指友指助は車の中で死ぬまでにやりたいことを10個書き出すようにと指示した。

片野坂は柳田に連絡して本間はどんな罰でも受けるから必ずさやかを助けてくださいと懇願する。

死ぬまでにやりたいことを10個書き終えたさやかは指友指助にどこかへ連れていかれる。

本間は心配をかけないように大黒署の刑事に任せておけば大丈夫だと話す。

その時、田畑はさやかのことが好きだと告白して食べてる姿が好きだと打ち明ける。

本間は指友指助の家にあった携帯の空き箱が気になっていた。

指友指助のアカウントを見ると、何かに気づいた本間はこのままだとさやかは助からないと一ノ瀬たちに話す。

柳田と稲西は指友指助のGPS信号から指友指助の居場所を特定したが捕まっていた女性はさやかではなかった。

さやかは母校の小学校にやってきて幼い頃の自分が描いた絵を見て本当に死にたいと思ってなかったと指助指助に話す。

すると、指友指助は突然ナイフを出して今にさやかに襲いかかろうとしていた。

生きたいと口に出して言えと指友指助はさやかに言いさやかがか細い声で「生きたい…」と言ったら指友指助はその気になったからダメだと告げる。

片野坂は柳田に指友指助は一人じゃないと報告して複数の殺人鬼がいると話す。

電話で片野坂に指友指助のアカウントを見ると複数のシリアルキラーの痕跡が確認できると報告した。

さやかを拘束した指友指助は弱い奴が同じ空気を吸っているのが許せないと言いながらロープでさやかの首を絞めようとする。

万事休すかと思われたその時、本間が助けに現れて指友指助を倒す。

田畑がさやかの拘束を解いたがさやかは本間が拘束を解いてくれたと勘違いして田畑はすっと後退りする。

本間はさやかの前に現れてさやかは本間に抱きついた。

柳田が犯人を追えと言ったことで本間の処分は不問になる。

柳田があの件について片野坂に話し、及川はあの件のことが気になっていた。

警察官に向いてないと感じさやかは警察学校を辞めることになりカウンセラーを目指すと同期の仲間に話す。

本間はさやかにさやかの気持ちには応えられないと言うと、さやかは縦読みの文字が過去形だと告げる。

警察学校にお辞儀をして、本間の下手な縦読みを見て泣いていた。

一ノ瀬は本当にこれでいいのと本間に言い本間は警察官になるために今を精一杯頑張ると決意したーー。

ドラマ『未満警察』第4話の感想

指友指助という男が自殺志願者の女性をSNSで呼び出して殺害する。 

この事件に本間と一ノ瀬が挑み、同期のさやかを救い出そうとする。

この指友指助って奴ふざけた名前でやることもふざけてる❗️

殺した女性にやりたいことを書かせて何がしたいんだ( *`ω´)

本間が必死なのはさやかのことが好きだからか、それとも同期の仲間として心配だからか…。

本間は殺されそうになったさやかを助け出してさやかは本間に抱きついた。

警察官に向いてないとさやかは警察学校を辞めて新たな一歩を踏み出した。

ラストシーンで本間がさやかに縦読みのメッセージを送ったシーンが良かった💕

まとめ

ドラマ『未満警察』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

S0Sのようなメッセージを見て、あることに気づいた一ノ瀬は、さやかに電話をするように指示した。

すぐさま本間はさやかに電話をかけるが、さやかがその電話をとった直後、彼女の目の前に指友指助が現れた。

さやかを拘束した指友指助は弱い奴が同じ空気を吸っているのが許せないと言いながらロープでさやかの首を絞めて殺そうとした。

万事休すかと思われたその時、本間が助けに現れて指友指助を倒した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする