ドラマ『未満警察』10話ネタバレあらすじ スコップ男殺人事件の真実とは?

中島健人&平野紫耀主演のドラマ『未満警察』第10話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

橘冬美が持っていた古い携帯電話の映像ファイルには、〝スコップ男事件〟の最初の被害者である中富姫花を土に埋めている片野坂譲の姿。

それだけではなく、他にも衝撃の場面が写っていて…。

ドラマ『未満警察』第10話のあらすじ

橘冬美(大幡しえり)が持っていた古い携帯電話の映像ファイルには、〝スコップ男事件〟の最初の被害者である中富姫花を土に埋めている片野坂譲(伊勢谷友介)の姿だけではなく、他にも衝撃の場面が写っていた。

その映像を見た本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)はショックを受け愕然とするが、助教の及川蘭子(吉瀬美智子)が手伝うことを条件に模擬捜査を行う許可をもらい、事件の裏に隠された真実を突き止めるため警察学校の同期たちと共に捜査を開始した。

さっそく姫花が埋められていた現場に足を運んだ2人は、遺体発見現場に花をたむけにきた女性・神尾舞(真魚)と偶然出くわした。

そして姫花の同級生だという舞から姫花にまつわる重大な事実を聞き出す。

一方、拉致監禁された国枝警視正(木下ほうか)は片野坂から〝罪の告白〟をするよう脅されていた。

そんな中、刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)は片野坂の元妻・晴美(西山繭子)に会いに行って…。

その後、懸命に捜査を続け、蘭子や同期の仲間たちが調べた情報と証拠を元に3件の殺人事件をプロファイリングした本間と一ノ瀬たちは、片野坂を警察学校の教室に呼び出し〝スコップ男事件〟の模擬捜査の発表を行う。

思わぬきっかけから9年前の事件に巻込まれ、真犯人を追うことになった彼らは、果たして真実にたどり着けるのか!?

ドラマ『未満警察』第10話のネタバレ

9年前に発生したスコップ男の殺人事件の捜査をする本間と一ノ瀬は橘からスコップ男の真犯人が映った防犯カメラの映像を見た。

その映像には片野坂が被害者を埋める様子が移されていて本間と一ノ瀬はショックを受ける。

二人が映像の続きを見ると、そこには驚きのものが映っていた…。

本間と一ノ瀬は映像を及川に見せて片野坂の心の中が知りたいと本間は訴える。

二人は自分たちで捜査させてほしいと及川に懇願して自分も捜査を手伝うと及川は話す。

国枝が監禁されている場所の情報を掴んだ警察は現場に向かう。

柳田と稲西は片野坂の元妻の家に聞き込みをしにやってきた。

警察が現場に駆けつけると片野坂が警察を撃ち、制圧した。

本間と一ノ瀬は同期たちに模擬捜査をしてほしいと話す。

本間は柳田の言っていた、すべての事件は片野坂の周りで起こっているという言葉を手がかりに被害者と片野坂の間に接点がないか調べようとする。

二人は1件目の殺人事件の現場に行き現場検証をした。

同期たちも捜査を始めて、本間と一ノ瀬は現場に花をたむけにきた神尾舞に遭遇した。

姫花の同級生だという舞から姫花にまつわる重大な事実を聞き出す。

それは姫花が同級生をいじめていてその同級生がいじめを苦に自殺してそれを資産家の親族に頼んでもみ消したと舞は証言した。

本間は携帯を置いてわざわざ撮影している、その理由は何か考えていた。

もう一つの真実を必死になって考える本間、そしてある一つの真実にたどりつく。

本間と一ノ瀬は警察署で柳田と稲西に会う。

片野坂は自殺した娘の真相を単独で捜査していた。

国枝になぜ本腰を入れて娘の自殺のことを捜査しないのかと言うが、国枝は片野坂の話を聞き入れようとしなかった。

本間は片野坂に電話をして待ち合わせをした。

柳田と稲西は国枝が監禁されている現場にたどり着き、国枝に片野坂の居場所を尋ねる柳田。

一方、片野坂は警察学校にやってきて本間と一ノ瀬と同期たちに会う。

本間たちは今から模擬捜査の結果を片野坂に見せた。
 
本間は連続殺人事件で重要なのは最初の事件だという片野坂の言葉をヒントに姫花のことを捜査した。

姫花の祖父が衆議院議員で警察に圧力をかけて片野坂の娘の死に姫花は関与していないとマスコミで発表された。

スコップ男は片野坂の娘の自殺の復讐のため姫花を殺害して2件目、3件目の事件は口封じだと話した。

そこまで話して、片野坂は自分の殺人事件には続きがあると話す。

片野坂はスコップ男が自分だと国枝に告白して自分を逮捕してくれとお願いしたが国枝は片野坂のはんこうをもみ消した。

姫花が自分の部下によって殺害されたことを国枝が言えるわけがないと片野坂は本間たちに話す。

本間は片野坂にスコップ男の犯行は自分がやったものだと思い込みたいだけで実際は片野坂の犯行ではないという結論を話す。

姫花が殺害された事件は力が弱かったのは子供の犯行だからだと本間は話す。

姫花を殺害したのは自殺した娘の妹だと本間は自分の推理を片野坂に告げる。

妹は姫花のいじめの瞬間を携帯で撮影してその後姫花をスコップで撲殺した。

片野坂はその事実を妻から聞かされて娘の犯行を隠すべく姫花の遺体を埋めた。

ところが、2件目の被害者は妹の犯行を目撃して片野坂の妻がその女性と揉み合っているうちに殺してしまった。

片野坂は殺害したのが男の犯行だと印象づけるためにわざと防犯カメラに映った。

3件目の被害者の近藤刑事は片野坂に家族の犯行をバラされたくなかったら金を払えと要求してきた。

片野坂は家族を守るために近藤を殺害して地面に埋めた。

ここまでの推理を本間は片野坂に話したが、片野坂は罪を認めようとしない。

そこで、一ノ瀬は本間の言っていることが本当だという証拠に携帯に残された映像を見せる。

片野坂の下の娘は携帯を録音状態にして姫花を殺害した瞬間の映像が残されていた。

片野坂は自分が全員を殺害したと訴えて死んで償うと本間たちに話した。

本間は片野坂の娘が橘冬美だと片野坂に話し、取り調べの様子を片野坂に見せた。

冬美は自分が犯人だという証拠を残しておきたいために携帯で録画していたと告白した。

自分のせいで警察官なのに片野坂に間違った道に踏み込ませてしまったと橘は泣いて後悔していた。

本間は入学したての頃に橘が父親である片野坂のことを誇らしそうに話していたと片野坂に告げる。

生きて償ってくださいと本間は片野坂に訴える。

片野坂は銃を本間の方に投げて、仕込んでいた青酸カリを飲んでいた。

柳田が駆けつけて片野坂を助けて、救急車に運ばれる時に柳田たちは片野坂の妻が犯行を自供したと話した。

片野坂は両手を柳田に差し出して柳田は片野坂の腕に手錠をかけた。

あの二人のこと頼んだぞと片野坂は柳田に伝えた。

本間は片野坂から国枝が自白した映像を受け取っていて上層部に証拠を提出した。

こうして国枝の隠蔽が明るみになり天満死刑囚の再審請求が認められた。

本間たちは喜んて、上層部は規律を乱す本間と一ノ瀬をこれ以上警察組織にいさせるべきではないと主張した。

本間と一ノ瀬は警察官になりたいと訴え、警察官になるために訓練に邁進していくのだったーー。

ドラマ『未満警察』第10話の感想

本間と一ノ瀬はスコップ男の真犯人が片野坂であることに驚愕していた。

片野坂が国枝を拉致した理由はなんだ、片野坂がスコップ男という推理は安直すぎるかな…。

本間と一ノ瀬は1件目の殺人事件があった現場にやってきて捜査を始め、本間が一つの真実にたどりつく。

本間がたどりついた真実とは?

片野坂はスコップ男ではないのか…。

本間のたどり着いた真実とはなんだ!

家族を守るために片野坂は罪を重ねたのか、切ないな。

本間と一ノ瀬はきっといい警察官になるぞ!?

まとめ

ドラマ『未満警察』第10話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

刑事の柳田晋平と稲西結衣は片野坂の元妻・晴美に会いに行った。

その後、懸命に捜査を続け、蘭子や同期の仲間たちが調べた情報と証拠を元に3件の殺人事件をプロファイリングした本間と一ノ瀬たちは、片野坂を警察学校の教室に呼び出し〝スコップ男事件〟の模擬捜査の発表を行う。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする