大河ドラマ『麒麟がくる』第43話ネタバレあらすじ 闇に光る樹

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第43話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

もはや己の言いなりにならない正親町天皇の譲位を強引に進めようとする信長。

大河ドラマ『麒麟がくる』第43話のあらすじ

もはや己の言いなりにならない正親町天皇(坂東玉三郎)の譲位を強引に進めようとする信長(染谷将太)。

その責任者を命じられた光秀(長谷川博己)は、月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。

病の療治のため京にやってきた帰蝶(川口春奈)に、光秀は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねる。

すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってくる。

大河ドラマ『麒麟がくる』第43話のネタバレ

光秀は丹波全域を平定することに成功した。

光秀は安土城にやってきて信長から礼を言われる。

信長は光秀に裏切り者の首を塩漬けにして晒しものにした。

信長は高笑いして、光秀は信長に不信感を抱く。

光秀は秀吉に呼び止められて、信長が待っていると伝えられる。

秀吉は藤孝に帝の譲位には賛同しかねると話す。

信長は近頃焦っていると秀吉。

信長は光秀に位を授け、光秀と藤孝で帝を譲位させてほしいと命じる。

光秀と藤孝は帝に譲位を懇願した。

光秀と藤孝は信長のやり方に反対したが、藤孝は今は信長の言う通りにしたほうがいいと話す。

前久は信長が右大将になってから少しはマシになったと話す。

しかし、伊呂波太夫は公家だけではなく民のことも考えてほしいと話す。

藤孝は秀吉が本当は武士嫌いだと伊呂波太夫から聞いた。

一方、本願寺が降伏し佐久間信盛は信長によって追放された。

光秀は月にまで届く巨大な大木を切る不思議な夢に毎夜うなされるようになる。

光秀は東庵から病気のため帰蝶が京に来ている話を聞いた。

光秀は駒に会い、駒は光秀が疲れた顔をしているのに気づく。

光秀は月まで届く大木を斬る夢をみたと駒に話す。

木に登って月まで行こうとしているのは信長で、光秀は樹を斬って信長を殺そうとしているのに気づく。

光秀は帰蝶に会い、帰蝶は目が悪くなっていると話した。

宗久は帰蝶が気性が道三に似ていると美濃の衆から聞いたことがあると帰蝶に話す。  

光秀は帰蝶を道三に見立てて話をしたいと帰蝶に話す。

帰蝶は信長のことを聞きたいのだと察し、光秀はこんな時道三ならどうするのだと帰蝶に尋ねる。

帰蝶は道三なら信長に毒を盛ると光秀に告げる。

光秀は信長あっての自分だと帰蝶に告げる。

帰蝶は今の信長を作ったのは道三と光秀だと語る。

作ったものが始末をつけねばならないと帰蝶は光秀に話す。

帰蝶はそう話す道三が嫌いだと言い、光秀も道三が嫌いだと告げる。

信長は徳川と共に甲斐の武田勝頼を倒し、武田家は滅んだ。

家康は妻と息子が武田方と通じていたと光秀に話す。

家康は丹波と近江を見事におさめている光秀に指南を受けたいと話す。

光秀は自国が豊かなら他国に目を向けることは無くなると家康に話す。

信長は息子の切腹を命じたことを根に持っているのではないかと疑う。

信長は家康を安土城に招いて、光秀に秀吉とともに毛利の戦に加ってほしいと命じる。

光秀は最後まで家康のそばにいると信長に懇願した。

信長は膳が違うと光秀にイチャモンをつけた。

光秀はすぐに取り替えようとするが、信長の着物に食材をこぼしてしまう。

信長は光秀に叱責し、光秀はふと夢のことを思い出し夢のように鬼の形相で手刀で信長の前で振るうのだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』第43話の感想

裏切り者の首を塩漬けにするとは、信長も悪趣味だな。

信長はすっかり暴君と化した。

時代が次々と変化していく。

道三と光秀が今の信長を作った。

光秀、ついに限界がきたか!

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第43話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

病の療治のため京にやってきた帰蝶に、光秀は「こんなとき斎藤道三ならどうしただろうか」と尋ねる。

すると、帰蝶の口から意外な答えが返ってくる。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする