大河ドラマ『麒麟がくる』第42話ネタバレあらすじ 離れゆく心

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第42話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長に反旗をひるがえす。

大河ドラマ『麒麟がくる』第42話のあらすじ

毛利攻めの副将である荒木村重までもが信長(染谷将太)に反旗をひるがえす。

必死に説得をする中で、この終わりの見えない全ての戦が、武士の棟りょうたる将軍の復権につながっていると悟った光秀(長谷川博己)は、義昭(滝藤賢一)が追放された鞆の浦(とものうら)へ足を運ぶ。

そこで見たのは、釣りざおを垂らす暮らしをしているかつての将軍・義昭の姿だった。

一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。

大河ドラマ『麒麟がくる』第42話のネタバレ

帝は信長のことを光秀に尋ね、信長が道を外れないように見届けろと光秀に命じた。

一方、荒木村重が信長を裏切り信長に反旗を翻そうとしていた。

秀吉は今すぐに籠城を解くべきと荒木村重を説得したが、荒木の意思は固かった。

光秀は何があったのか荒木に尋ねる。

荒木は国衆たちが苦しんでいるのを見て見ぬふりをした信長のことを恨んでいた。

さらに、義昭を追放した信長のことを深く恨む荒木。

光秀は藤孝に備後の義昭に会いに行くことを伝える。

全ての争いが義昭に通じていると光秀は藤孝に話す。

光秀は左馬助に勝算はあるのかと尋ねる。

左馬助は義昭が文のやりとりをしている相手を光秀に伝える。

光秀は義昭と話して戦を終結させる糸口を掴みたいと話す。

光秀は義昭に会いに行き、竿を持たされて海へと向かう。

光秀は義昭に会い、共に釣りをした。

義昭は釣れた一匹を皆で食べるのが1日の楽しみだと光秀に笑いながら話す。

光秀は荒木が信長の元を離れたことを義昭に伝える。

毛利は西の国さえ手に入ればそれでいいという考えで義昭の文にも反応はない。

それでも、義昭は国衆へ文を出し続ける。

光秀は京に戻らないかと義昭に提案した。

義昭が京に戻れば国衆たちも矛をおさめると話した。

しかし、信長がいる京へは戻らぬと義昭は光秀に言い切った。

その時、光秀が見事鯛を釣り上げ義昭は大喜び。

秀吉は光秀と共に荒木の説得に行ってほしいと信長に命じられた。

光秀は一人で荒木の説得に向かったが、それも虚しく失敗した。

そして、岸は荒木家に離縁されて光秀のもとに戻ってきた。

信長は有岡城にいるものを女子供構わず殺せと家臣たちに命じた。

信長は秀吉に命じて本願寺と毛利の戦の和議を結ぼうとしていた。

信長軍は有岡城を攻めたが、荒木軍の鉄壁の守りに信長軍は苦戦し、戦は一年に渡った。

そんななか、光秀のもとに菊丸が現れて家康が光秀に会いたいと言っていると伝えた。

光秀は摂津で家康と対面した。

家康は光秀と初めて会った時のことを話した。

あれから三十年が経っても何かに束縛されていると家康は語る。

家康は心の師が実澄で、何かあったときは光秀に頼れと言われていた。

信長が家康の息子と妻を殺せと命じたとの情報を聞いた家康は信長に不信感を抱く。

家康は信長があまりにも理不尽なことを言えば自分を貫くしかないと光秀に真剣な顔で告げる。

光秀は信長と対面して、信長は本願寺と毛利との戦がようやく終わると嬉しそうだった。

光秀は家康の息子を成敗する命令を撤回してほしいと信長に頼む。

信長は三河は油断ならぬと光秀に話した。

信長は自分に隠れて帝と会っていた光秀に怒った。

帝と何を話したのか申せと信長は執拗に光秀に迫るが、光秀は決して言わなかった。

信長は光秀を殴り、帝には御譲位してもらおうと告げる。

光秀は駒と話をして、義昭が光秀が麒麟を連れてくると文に書いていたと光秀に伝えた。

その話を聞いて光秀は驚愕するのだったーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第42話の感想

信長は家臣たちに次々と裏切られるな、よっぽど信頼がないのか。

戦の黒幕が義昭ということか!

義昭が毎朝鯛を釣りに行ってる。

義昭と信長は未だに対立しているな。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第42話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

必死に説得をする中で、この終わりの見えない全ての戦が、武士の棟りょうたる将軍の復権につながっていると悟った光秀は、義昭が追放された鞆の浦へ足を運ぶ。

そこで見たのは、釣りざおを垂らす暮らしをしているかつての将軍・義昭の姿だった。

一緒に京に帰ろうと促す光秀に、義昭は「そなた一人の京ならば考える」と告げる。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする