大河ドラマ『麒麟がくる』第41話ネタバレあらすじ 月にのぼる者

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第41話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

大坂本願寺、丹波と、終わりの見えない戦に追われる光秀。

追放された将軍・義昭は、諸国の大名に向けて「信長を倒し幕府を再興せよ」と御内書を送り続けいた。

大河ドラマ『麒麟がくる』第41話のあらすじ

大坂本願寺、丹波と、終わりの見えない戦に追われる光秀(長谷川博己)。

追放された将軍・義昭(滝藤賢一)は、諸国の大名に向けて「信長(染谷将太)を倒し幕府を再興せよ」と御内書を送り続けており、事態は混迷を極めていた。

光秀は、訪ねてきた秀吉(佐々木蔵之介)に、自分に密偵をはべらせ、行方不明の名茶器「平蜘蛛(ひらぐも)」を隠し持っていることを信長に報告し、さも裏切ったかのように仕向けた調略について問いただす。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第41話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第41話のネタバレ

信長から離反する者が出る中、義昭はなおも信長を討つべしとの文を送り続ける。

光秀は捕虜に焼けた城跡に城を築かないことを約束させる。

光秀は捕虜たちに家に帰るように促した。

田畑を耕して国の力になってほしいとお願いする光秀。

光秀は良き世を作るため天下を一つにしたいと告げる。

捕虜は義昭公に恩義があり、その恩義に報いるためには戦うしかないと光秀に話す。

光秀は今戦っているのは義昭だと確信した。

光秀は館に戻り、平蜘蛛を眺めた。

光秀は信長に嘘をついたことを悔いた。

その時、秀吉が近いうちに光秀を尋ねてくるとの知らせが入る。

秀吉は信長から播磨の地を預かり光秀に感謝した。

光秀は秀吉に平蜘蛛の話をした。

光秀は秀吉に平蜘蛛を見せて、秀吉の弟の辰吾郎が久秀と光秀との会話を秀吉に伝えたことを話した。

秀吉は光秀に頭を下げて、光秀より出世を選んだ。

秀吉はたゆらかな世とは自分の世が貧乏人がいなくなることだと話した。

光秀は辰吾郎のことは叱っておいた方がいいと秀吉に忠告した。

秀吉は菊丸のことを光秀に尋ねた。

辰吾郎は秀吉の手によって殺された。

一方、光秀は菊丸のもとを訪ねる。

菊丸は御所の内情のことに詳しく、光秀は菊丸が家康の使いのものだと見抜いていた。

光秀は秀吉が疑っていると菊丸に伝え、すぐに京を離れるようにと忠告した。

菊丸は今の暮らしがいいと光秀に告げる。

三河に戻っても帰る場所はどこにもないと菊丸は語る。

菊丸は光秀の言う通り京を離れることを決意した。

たまは駒に光秀のため嫁ぐつもりはないと話した。  
 
たまは光秀の見送りをこれからも続けていくと駒に話す。

たまはこれからどうすればいいか悩んだ。

駒は自分の行く末を後悔のないように決めればいいとたまに助言した。

光秀は信長に会い、信長は前久を天主へと案内した。

信長は晴良には関白をやめてもらい、前久を次の関白にすることを企んでいた。

信長は皆が自分のことを尊敬していると光秀に言うが、光秀は久秀と義昭が信長に背を向けたことを話した。

光秀は平蜘蛛を信長に見せて、知らぬと嘘をついた後悔の念に苛まれて持参したと話す。

光秀は平蜘蛛を持つに相応しいものに信長がなれば天下は穏やかになると信長に話した。

しかし、信長は平蜘蛛を金に換えると光秀に告げ、光秀は愕然とした。

光秀は実澄の館を訪れる。

実澄は信長が気分次第で右大将の職をやめたことを恐れ多いと光秀に話す。

内裏で光秀は帝に拝謁した。

帝はカツラオトコの話を光秀にした。

光秀はカツラオトコという者が不老不死の力を得る果実を独り占めしようとしたらところ、不老不死のまま月に閉じ込められたと話した。

帝は数多の武将が月を目指したが、下界に帰ってくることはなかったと光秀に話した。

帝は信長が道を間違えぬよう確と見届けよと光秀に命じた。

そして、たまは細川忠興のもとに嫁ぐのだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』第41話の感想

光秀は寛大な男だな。

バックには義昭がいる、光秀はどうするか!

怪しい影は秀吉の弟だったか。

秀吉が菊丸のことを疑っている。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第41話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

光秀は、訪ねてきた秀吉に、自分に密偵をはべらせ、行方不明の名茶器「平蜘蛛」を隠し持っていることを信長に報告し、さも裏切ったかのように仕向けた調略について問いただす。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする