大河ドラマ『麒麟がくる』第40話ネタバレあらすじ 松永久秀の平蜘蛛

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第40話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

大坂本願寺攻めの最前線から、突如、松永久秀が逃亡をはかり、織田方に衝撃を与える。

大河ドラマ『麒麟がくる』第40話のあらすじ

大坂本願寺攻めの最前線から、突如、松永久秀(吉田鋼太郎)が逃亡をはかり、織田方に衝撃を与える。

伊呂波太夫(尾野真千子)の導きで松永と会い、なぜいま離反するのか問いただす光秀(長谷川博己)。

筒井順慶(駿河太郎)に大和の守護の座を与える信長(染谷将太)の、家筋を重んじる態度が許せないという松永は、自分に大和を任せる本願寺側につくと明言する。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第40話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第40話のネタバレ

信長と本願寺との戦いは七年にも及んだ。

そんななか、久秀が逃亡を図り、信長勢は驚きを隠せなかった。

京では、光秀は亡き煕子の爪を見つめていた。

光秀はそれを大事に保管した。

たまはそれを駒に話して、煕子の爪を今も持ち歩いていると話した。

たまは駒に薬の作り方を教えてもらっていた。

光秀は煕子が亡くなってからはたまに話しかけるようになった。

光秀は駒から手紙を受け取り、実澄に会いにいく。

実澄は帝が一度光秀と話をしたいと言っていると伝えた。

帝は信長の行く末を案じていた。

光秀は久秀と会い、実澄と久秀は知り合いだった。

秀吉は加賀から近江へ戦場から逃げ出して、信長は大層怒り秀吉に切腹を命じたが光秀の説得で撤回された。

久秀は信長が筒井に大和の守護を任せたことに納得していなかった。

久秀は信長を裏切り本願寺側につくと光秀に宣言した。

光秀は久秀とは戦いたくないと訴える。

久秀は信長が大事にしている釜を光秀に見せた。

久秀は光秀とは戦いたくないと光秀に訴える。

久秀は釜は自分自身だと光秀に話し、光秀に討たれたとしても光秀の腕の中で生き続けると話した。

茶釜の”平蜘蛛”など欲しくないと光秀は泣きながら久秀に告げる。

久秀は反信長方につき、信長は信忠を総大将にして大和を攻めさせた。

佐久間は信長は久秀のことを許すかわりに平蜘蛛を返せと光秀に伝える。

藤孝は嫡男の忠興を光秀に紹介した。

一方、久秀は信長に敗北して名物を己の首ごと焼き払った。

信長は悔し涙を流していた。

光秀は帰蝶と久しぶりの再会を果たす。

帰蝶は信長がなぜ泣いているのかわからないと光秀に話す。

帰蝶は日本一高い山の富士に登ると祟りを受けるという話をした帰蝶。

信長は天下一高い城を作ることに固執している。

帰蝶は美濃に帰ると光秀に言い、光秀と茶を飲む約束をした。

そこに信長が現れて名品を無傷で持ち帰らなかった佐久間のことを役立たずと罵った。

信長は相談役の帰蝶がいなくなることに憤りを感じていた。

信長は久秀が平蜘蛛を光秀に預けたのではないかと疑っていた。

信長は久秀の同行を探らせていて、久秀が親しい人物と何人か会っていたと光秀に話した。

信長は平蜘蛛の話は出たかと光秀に尋ねたが、光秀は出なかったと答えた。

信長は忠興のもとへたまを嫁がせると光秀に話した。

信長は光秀が嘘をついたことに激怒し、秀吉の調べで光秀が平蜘蛛の行方を知っていることを伝えていたのだ。

光秀は坂本城島に戻り、たまは秘伝の薬を作って光秀に飲ませた。

伊呂波太夫は光秀のもとに平蜘蛛を持ってきた。

光秀は平蜘蛛を手に取り、信長に平蜘蛛の行方を知っていると答えそうになったが直前でやめたと話した。

これは久秀の罠だと光秀は平蜘蛛を見ながら笑った。

伊呂波太夫は平蜘蛛を持つものは気高き覚悟がいると光秀に語る。

光秀は帝に会って信長のことをどう思うか尋ねてみたいと伊呂波太夫に話す。

伊呂波太夫はすぐに実澄に光秀の意思を伝えにいく。

大河ドラマ『麒麟がくる』第40話の感想

久秀はなんで逃亡したんだろう。

筒井に大和の土地を任せたからか。

光秀は煕子が亡くなってから心に穴が空いたようだ。

久秀も覚悟を決めたか。

久秀の川口春奈、綺麗。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第40話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

伊呂波太夫の導きで松永と会い、なぜいま離反するのか問いただす光秀。

筒井順慶に大和の守護の座を与える信長の、家筋を重んじる態度が許せないという松永は、自分に大和を任せる本願寺側につくと明言する。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする