大河ドラマ『麒麟がくる』第39話ネタバレあらすじ 本願寺を叩け!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第39話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

戦に次々と勝利し、朝廷より武士としては最も高い冠位を授けられる信長。

しかし三条西実澄は、もはや帝さえもないがしろにするその態度を危険視していた。

大河ドラマ『麒麟がくる』第39話のあらすじ

戦に次々と勝利し、朝廷より武士としては最も高い冠位を授けられる信長(染谷将太)。

しかし三条西実澄(石橋蓮司)は、もはや帝(坂東玉三郎)さえもないがしろにするその態度を危険視していた。

大坂本願寺との戦いに疲弊する光秀(長谷川博己)のもとにやってきた信長は、一方的でむちゃな要求を繰り返す。

そんな中、高熱で倒れる光秀。

運び込まれた京の館で、必死に回復を祈る妻・熙子(木村文乃)だったが…。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第39話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第39話のネタバレ

信長は本願寺を攻め入り、帝から右大将の職を預かる。

信長は武田が美濃に攻め入るということで迎え撃つと実澄に話す。

信長は信忠に家督を譲ると実澄に報告した。

実澄はいつまで戦をするつもりかと信長に聞き、本願寺との戦がいつまで続くか不安に思っていた。

信長は帝が毛利輝元に蘭奢待を渡したことを知っていて、帝が最近遠くに感じると実澄に話す。

信長の天下布武まであと一歩のところまで迫っていた。

天王寺砦を拠点にした信長は熾烈な争いを繰り広げていた。

信長は追い込まれてしまい、本願寺をどう攻めるかと思案していた。

光秀は一気に攻めた方がいいと提案した。

負傷した光秀だが無理をしてでも戦に勝とうとしていた。

その時、信長が甲冑を付けずに会議の場にやってきた。

家臣の原田の部下に初めから本気で戦う気がなかったと責めた。

光秀は信長を制したが、信長は今すぐ打って出よと叫ぶ。

信長は家臣たちに「行け!」と命じたが家臣たちは疲れていた。

信長は甲冑を付けずに戦地のど真ん中に立ち、火縄銃を構えて撃った。

信長は撃たれて光秀は信長を連れて行こうとした。

光秀は無理やり陣地まで連れて行き、怪我の手当てをさせる。

そして、光秀は突然倒れて久秀は光秀の名を叫んでいた。

光秀は館に担ぎ込まれて煕子たちが心配で駆け寄る。

弾には毒が塗られていて光秀はみるみる弱っていった。

煕子は急いで東庵の家に行き東庵を館まで連れて行こうとする。
 
東庵はやれるだけのことはすると煕子に言う。

煕子は光秀が重症だと知り具合が悪くなる。

長女の岸が心配で光秀のもとに駆け寄る。

煕子は雨の中御百度参りをして光秀の回復を願った。

煕子は神社の前で倒れていて、駒が見つけて館に連れ戻した。

駒はあれほど取り乱していた煕子を見たことがないと煕子に告げる。

煕子は気丈に振る舞っていただけで本当はすごく怖かったと語る。

煕子はこれまでに色々な物を売ったと駒に話した。

煕子の祈りもあってか光秀は回復し、信長と対面した。

信長は大和の守護を筒井にしてはどうかと光秀に提案した。

しかし、光秀は反対し戦になることを恐れた。

信長はたまを見ていい嫁ぎ先を探してやると約束した。

一方、家康は信長の動きが気になり菊丸に信長の動向を調べさせていた。

菊丸は信長が安土城のことで頭がいっぱいで三河のことなど忘れていると報告した。

やはり、頼りになるのは光秀だと菊丸は家康に話す。

煕子は胸の病で倒れて光秀は煕子と二人きりで話をする。

煕子は麒麟を連れてくるのは光秀であってほしいと願っていた。

天正四年、光秀の妻煕子はその生涯を閉じるのだったーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第39話の感想

信長は天下統一まであと一歩のところまできた!

信長の暴走が止まらない!

信長もかなり無茶をする。

煕子は必死だな、それだけ光秀のことを大事に思っているということだ。

煕子の光秀に対する愛情は強いな。

煕子は亡くなってしまったか、この後光秀がどうなっていくのかが見どころだな。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第39話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

大坂本願寺との戦いに疲弊する光秀のもとにやってきた信長は、一方的でむちゃな要求を繰り返す。

そんな中、高熱で倒れる光秀。

運び込まれた京の館で、必死に回復を祈る妻・熙子だった。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする