大河ドラマ『麒麟がくる』第38話ネタバレあらすじ 

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第38話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

坂本城にいる三淵に、ついに信長より切腹の沙汰が言い渡される。

戦は依然として続き、光秀は三好の一党や一向一揆の連合軍との戦で戦果をあげる。

大河ドラマ『麒麟がくる』第38話のあらすじ

坂本城にいる三淵(谷原章介)に、ついに信長(染谷将太)より切腹の沙汰が言い渡される。

戦は依然として続き、光秀(長谷川博己)は三好の一党や一向一揆の連合軍との戦で戦果をあげる。

そんな折、美濃から斎藤利三(須賀貴匡)が主君・稲葉一鉄(村田雄浩)のもとを逃れ、家臣にしてほしいと光秀のもとへやってくる。

利三の扱いをめぐり信長に呼び出された光秀は、家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらないと説く。

すると利三の命の代わりに、依然として敵対勢力が多い丹波を平定するように言い渡されるのだった。

大河ドラマ『麒麟がくる』第38話のネタバレ

信長は蘭奢待を拝見して、帝に蘭奢待の一部を贈る。

坂本城で光秀は信長が藤英の切腹を命じる書状を見て驚愕する。

藤英はたまに生花を教えていた。

藤英は信長が切腹を命じたことを悟る。

光秀はなぜ信長を敵視すると藤英に尋ねる。

藤英は義昭を慕うのは代々幕府に仕えてきた家柄だからだと語る。

藤英は己の身は己で終わらせると光秀に告げる。

光秀は憧れた藤英に死ねとは言えないと藤英に言うが、藤英は言われなき情けをかけられるのは武士の恥だと光秀に語る。

坂本城の庭で、藤英は自害をして光秀は藤英の死に涙した。

光秀は藤孝とともに河内を攻めた。

三好の大将を討ち逃して光秀は逃げてきた斉藤利三に会う。

光秀は姉川との戦いでの功績を誉めて、利三は嬉しく思う。

主君の稲葉のやり方に我慢ならずに彼を見限った。

利三は光秀に家臣にしてほしいと懇願した。

光秀は信長に呼ばれて信長と対面する。

信長は光秀にバテレンの菓子を食べさせた。

信長は利三が光秀の城に逃げ込んだことを知り稲葉に返してほしいと話す。

光秀は利三を返せば間違いなく殺されると信長に話すが、信長は一人の命より美濃の安寧が大事だと話す。

光秀は藤英のような男を何故切って捨てたのかと激昂した。

信長は光秀を出て行かせたがすぐに呼び戻せと家臣に命じる。

信長はバテレンからもらった服を光秀に渡す。

信長は丹波を光秀に任せると光秀に命じた。

光秀は早速バテレンの服に着替えたがたまたちは笑っていた。

晴良は信長に今の天皇には上皇となり朝廷の力を高めたいと話す。

室町幕府を倒して今や信長が天下を取ったも同然。

晴良は室町幕府に深い繋がりがあったが、室町幕府が倒れたことにより信長につこうと考えていた。

天皇は晴良に近づけば室町幕府と同じような結果になると話す。

天皇は光秀のことを実澄に尋ね、光秀は信長のことをよく知っている人物だという噂を耳にしていた。

光秀と話がしたいと天皇は実澄に命じる。

そんななか、光秀は伊呂波太夫に会う。

前久が丹波にいるという情報を掴み、光秀は伊呂波太夫に前久に会いたいと話す。

伊呂波太夫は丹波を案内する代わりに前久を京に戻れるよう信長に頼んでほしいと光秀に告げる。

伊呂波太夫は前久に話を通しておくと光秀に約束した。

伊呂波太夫は丹波の道に詳しい者がいると光秀に教える。

光秀は菊丸に会いに東庵の家にやってきた。

光秀は出発する前に駒と話をする。

駒は義昭に会い信長を必ず倒すと言っていたと光秀に話す。

丹波の園部は反信長派の国衆が数多いる土地であった。

光秀は菊丸に案内されて園部にやってきた。

光秀は前久に会い鼓の音色を聴いた。

前久は光秀がここにきたということは信長が丹波を攻める直前だと察した。

光秀はどちらの側につくつもりかと前久に尋ねる。

前久は信長につかず誰につくと光秀に言い、できることならしい何でもすると話す。

光秀は小畠に会わせてほしいと前久に頼み込むが、小畠に会っても従わないと語る。

その後、丹波の国衆たちは信長には従わず光秀は丹波の攻略に乗り出した。

長きにわたる戦の幕開けであった。

大河ドラマ『麒麟がくる』第38話の感想

信長は藤英に対して切腹の命を下したか。

藤英は武士らしい最期を遂げた。

利三が光秀に家臣にしてくれと頼むとは。

光秀は丹波に行けと信長に命じられる。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第38話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

美濃から斎藤利三が主君・稲葉一鉄のもとを逃れ、家臣にしてほしいと光秀のもとへやってくる。

利三の扱いをめぐり信長に呼び出された光秀は、家臣一人の命も大事にしない主君では国は治まらないと説く。

すると利三の命の代わりに、依然として敵対勢力が多い丹波を平定するように言い渡されるのだった。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする