大河ドラマ『麒麟がくる』第37話ネタバレあらすじ 義昭敗れる

大河ドラマ『麒麟がくる』第37話のネタバレ

信玄は家臣に出陣じゃと叫び、義昭は信玄とともに戦うと光秀に宣言した。

義昭は信長討伐のため兵をあげた。

しかし、信玄は突如として兵を引き上げた。

義昭は陣を構えたが信玄たちがいつまで経っても来ないことにイラついていた。

その時、藤吉郎を先導に信長軍が襲いかかる。

藤吉郎は義昭を取り囲み、藤吉郎はこれで我等の世だと光秀に告げる。

光秀は義昭に頭を下げて、義昭は連行されていった。

伏見城で義昭側についた藤英は投降した。

藤孝は信長側につき、藤英は幕府の内情を信長に伝えていた藤孝に激昂した。

藤孝は政を行うには時の流れを見ることが大事だと藤英に語る。

藤孝は去り、光秀に自分が負けてそなたが勝ったと話す。

光秀は藤英との間に勝ち負けはないが、紙一重の違いだと話す。

光秀は藤英に力を貸してくれるようお願いした。

菊丸は光秀に手紙を渡し、光秀は驚いた。

菊丸は東庵のもとを訪ねていた。

東庵はなかに鍼治療を施していた。

なかは家康が信玄と戦っているという噂を耳にしていた。

一方、義昭は駒に会い信長と戦うと宣言した。

駒はこのまま戦を続けるならやめた方がいいと提案した。

義昭はやめられるものなら辞めたいが戦は無くならないと嘆く。

義昭は戦をやめるには戦をするしかなちと駒に告げる。

信長が元号を何にするかで悩んでいると、光秀が現れる。

信長は「天正」という元号を選び、光秀も賛成した。

光秀は信長に義昭をどうするかと尋ねる。

光秀は信玄が亡くなったとの噂を耳にしたと信長に報告した。

その後、浅井の重臣が寝返り信長は朝倉軍・浅井軍と会い見える。

信長は破竹の勢いで朝倉・浅井連合軍を追い詰めていく。

朝倉家は滅亡し、信長は浅井も倒した。

室町幕府は終わりを迎えて、信長の時代がやってきた。

信長は久秀を許すかどうか光秀に尋ねる。

宗久は信長に天下を取ったも同然だと話す。

信長は蘭奢待の話を宗久にして、蘭奢待を見ることはできるかと尋ねる。

宗久は今の信長なら見ることはできると豪語した。

光秀は宗久に信長が蘭奢待を見ることはできるかと尋ねる。

宗久は天下を取った信長にはみたい景色があるのだと語る。

宗久は信長は何か見える形で知りたいのだと光秀に告げる。

内裏で実澄は信長にはしかるべき官位を授けるのが一番だと帝に告げる。

帝は信長が蘭奢待を見たいと言ってきたと話す。

東大寺の正倉院で110年ぶりに蘭奢待が運び出された。

信長は蘭奢待をマジマジと見て、歴代室町幕府の将軍が切り取った跡を見た。

信長は蘭奢待の一部を切り取り、信長は一つを帝に差し上げると決意する。

帝は実澄に蘭奢待を毛利輝元に送れと命じた。
 
そんななか、藤英は光秀のいる坂本城に預けられた。

藤英は坂本城が良き城だと言う。

大河ドラマ『麒麟がくる』第37話の感想

信玄が突然亡くなったか。

信長は朝倉と浅井を倒して、室町幕府を終わらせた。

朝倉はいとこに裏切られて滅亡したか。

信長は天下統一に一歩近づいたな。

信長は蘭奢待を見たいと帝に言い、帝も蘭奢待を見ることを許した。

信長は蘭奢待を拝見して天下統一への夢にまた一歩近づいた。

帝は信長のことを変わり者と言ったけど本当その通り!

信長と毛利輝元はいずれ激突するのかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする