大河ドラマ『麒麟がくる』第36話ネタバレあらすじ 義昭と信長、訣別!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第36話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

三条西実澄の助力で、光秀は帝と言葉を交わす。

一方、義昭ら幕府は信長を前面に押し出し、大和の松永を鎮圧しようとしていた。

大河ドラマ『麒麟がくる』第36話のあらすじ

三条西実澄(石橋蓮司)の助力で、光秀(長谷川博己)は帝(坂東玉三郎)と言葉を交わす。

一方、義昭(滝藤賢一)ら幕府は信長(染谷将太)を前面に押し出し、大和の松永(吉田鋼太郎)を鎮圧しようとしていた。

藤吉郎(佐々木蔵之介)は、いま本当に戦うべきは松永ではなく、朝倉と浅井であると信長の曖昧な立場を批判。

大和に気を取られて美濃が手薄になったところで、義昭は朝倉たちに美濃を攻めさせるつもりだ、と声を荒げる。

大河ドラマ『麒麟がくる』第36話のネタバレ

実澄は光秀を連れて御所に行くことになった。

光秀は正装を着て、実澄は人を知るには目を見て耳で聴くことが大事だと光秀に助言する。

光秀は実澄とともに内裏にやってきて実澄がまず一人で帝に会いにいく。

光秀は内裏で一人待ち、天皇のいる部屋を見つめていた。

実澄は和歌を聴き天皇とともに世の中の人々が自然を見て時の流れを感じることができればいいと願う。

実澄は光秀が来ていることを帝に伝えて、帝は光秀にある紙を渡すよう実澄に命じる。

光秀は光秀に詩を送り、帝に穏やかな世をつくりたいと話す。

帝は光秀に迷わずに穏やかな世を作っていこうと告げる。

帝は光秀の名を覚えておくと言い、光秀は感激した。

光秀は館に帰ってからも帝の言葉を心の中で反芻した。

館には藤吉郎、勝家、信秀が来ていた。

信長は義昭の命で久秀の首を取れと言われているが、やる気がない。

藤吉郎は義昭が裏で朝倉と浅井と手を組んで信長を討とうとしているのではと話す。

藤吉郎は本当に久秀を討ちたいのかと勝家と信秀に問いかける。

信秀はこれからも相談に乗っていただきたいと光秀に話す。

信秀は今回の戦で光秀が思うところを信長に進言してほしいとお願いする。

久秀は筒井ら近隣の大名に戦を仕掛けて、幕府は久秀を鎮圧しようとしていた。

義昭は剣の修行に明け暮れて、藤英はいいことだと光秀に告げる。

義昭は光秀との手合わせを命じ、光秀は義昭と剣を交える。

義昭は光秀に向かっていくが、光秀にかわされる。

義昭は光秀に何度も向かっていき、光秀は義昭に危機迫るものを感じる。

光秀は御所で帝の言葉を聞いたと煕子に話す。

光秀は将軍の命で世を平かにするべきと思っていたがそうではないと語る。

信長はそう思ってはいないと光秀は思う。

光秀は城が完成したら真っ先に煕子に見てもらいたいと煕子に話す。

光秀は煕子を天守に案内して必ず煕子たちをここに連れてくると煕子に約束した。

煕子は京と美濃のどちらに惹かれているかと光秀に問いかける。

光秀は今のままでは済まないかもしれないと煕子に告げる。

義昭は久秀を討つため出陣したが久秀に逃げられてしまう。

そんななか、信玄は家康を討つと宣言した。

信玄は京に向けて進軍した。

光秀は信長と対面し、信長は義昭が諸国の大名に文を送っていると話す。

信長は義昭に白鳥を送り機嫌を直してもらおうとした。

家康と信玄の戦に援軍を送ってほしいと光秀は信長に懇願した。

しかし、信長もギリギリのところで踏ん張っているからそれはできないと告げる。

信長は義昭のことを頼りにはしていなかった。

その時、家康と信長の軍勢が信玄軍に大敗したとの知らせを受ける信長と光秀。

義昭は駒に金は銃を買うために使わせてほしいとの文を送る。

義昭は信長と戦をすることにしたと光秀に告げ、共に戦って欲しいと光秀に頼む。

光秀は信長に刃を向けることを拒み、泣きながらそれはできませぬと言い出て行く。

義昭は光秀はカゴから出た鳥だからいずれカゴに戻ってくると藤英に告げる。

光秀は泣きながら二条城を後にする。

大河ドラマ『麒麟がくる』第36話の感想

いよいよ光秀が帝と対面する、一体どうなることやら。 

藤吉郎の言っていることは本当か、義昭の本当の顔はなんなんだろう。

義昭は人が変わったように剣の修行に打ち込んでいる。

義昭の中で何かが変わり始めている。

義昭と信長の戦はどうなってしまうのか、そして光秀はどちらにつくのか?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第36話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

藤吉郎は、いま本当に戦うべきは松永ではなく、朝倉と浅井であると信長の曖昧な立場を批判。

大和に気を取られて美濃が手薄になったところで、義昭は朝倉たちに美濃を攻めさせるつもりだ、と声を荒げる。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする