大河ドラマ『麒麟がくる』第34話ネタバレあらすじ 武田信玄登場!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第34話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

残虐極まりない比叡山の焼き討ちを目の当たりにした摂津晴門は、将軍・義昭にもう信長と手を切るべきだと進言する。

大河ドラマ『麒麟がくる』第34話のあらすじ

残虐極まりない比叡山の焼き討ちを目の当たりにした摂津晴門(片岡鶴太郎)は、将軍・義昭(滝藤賢一)にもう信長(染谷将太)と手を切るべきだと進言。

大和の松永(吉田鋼太郎)と筒井順慶(駿河太郎)の内戦に加わり、筒井側につくことで、信長の後ろ盾のある松永と対立しその立場を表明すべしと迫るのだった。

光秀(長谷川博己)は、娘の治療で訪れた東庵(堺 正章)の診療所で、駒(門脇 麦)から、義昭は筒井に味方し信長から離れることを決めたと聞かされる。

恐ろしい代理戦争の計画を回避すべく、じかに松永と筒井を引き合わせる和平工作を画策するが…。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第34話のあらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第34話のネタバレ

信長は比叡山延暦寺を焼き討ちして女子供も見境なく殺戮した。

光秀はできるだけ人々を助けようと奔走していた。

信長は坊主たちを殺した家臣たちを鼓舞した。

信長は覚如の手下であった坊主たちの首を並べた。

光秀は女子供は逃したと信長に伝えて謝罪した。

信長は光秀の申したことを聞かなかったことにすると光秀に告げる。

信長は今後皆殺しにしろと光秀に言い、女子供は逃がすと心に刃を忍ばせていずれ自分を殺しにくると語った。

義昭は信長が延暦寺に対して非道な真似をしたことに激怒していた。

摂津に信長のことについて激怒して、摂津は信長がまさかあのような真似をするとは思ってなかったと話す。

摂津は大和の久秀と筒井順慶との戦で筒井側につくことで信長と対立すべしと義昭に告げる。

必ず勝てる保証はないと藤英は反論するが、数を集めれば勝てると言い切る摂津。

筒井は怪我人の手当てをしている駒に会い、大和の久秀と戦をすると話す。

一方、光秀は娘たちが戦に巻き込まれた夢を見てうなされていた。

光秀は京にある屋敷に戻り、子供たちが屋敷にいて安心する。

光秀の娘は延暦寺の件の恨みで石を投げられる。

光秀は東庵の家にやってきて娘から南国の鳥を見た話を聞く。

娘は伝吾を叱らないでほしいとお願いして、光秀はこうなったのは父が延暦寺を焼き討ちしたからだと話す。

駒は光秀の娘にお手玉を教えて、光秀は明智荘で駒が子供たちの前でお手玉を披露したことを思い出した。

駒は丸薬を売りにいった少年が殺された話を光秀にした。

駒は久秀と筒井の戦に義昭が筒井側につきいずれ信長と義昭が激突することになると話す。

光秀はなんとしても戦争を止めようと筒井に会いにいく。

筒井は信長と戦う気はないと光秀に話し、久秀のことは放ってはおけないと告げる。

光秀は堺の今井宗久の屋敷にやってきた。

光秀は筒井に久秀とお話になってみてはいかがと提案した。

宗久は光秀と筒井に久秀を会わせる。

久秀は筒井を睨んで壺を見せた。

筒井は壺を鑑定して信長が持っているものが千貫の値打ちがあると告げる。

久秀は刀を持ち光秀を呼び出す。

光秀は久秀に近江の土地を受け渡す代わりに戦から手を引いてほしいと頼んだ。

久秀は義昭と信長はいずれ袂を分つことになると光秀に話す。

光秀は信長のやり方は納得できないと久秀に訴えるが、久秀は義昭と信長はいずれぶつかることになると話す。

久秀は光秀から近江の土地を明け渡す光秀の心意気に免じて戦から手を引くと約束した。

信長は久秀と戦にならずに済んだと光秀に言い、久秀の味方になって義昭と対立するのはまずいと話す。

信長は義昭がいつも的外れのことを言うからと信頼してはいなかった。

信長は天皇のことを心底心酔していた。

一方、天皇は東庵に信長のことは覚如を延暦寺から追放してくれて感謝していたが、信長のことを恐れていた。

そんななか、覚如は武田信玄のもとに逃げ込み、信長をなき者にしてくれと懇願する。

信玄は必ず信長を成敗してみせると覚如に告げるのだったーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第34話の感想

信長は復讐の芽をできるだけつんでおきたいのか…。

信長が鬼になった瞬間だな。

摂津は信長のことを心底嫌ってるからな。

もし戦に子供たちが巻き込まれたらと考える光秀。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第34話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

大和の松永と筒井順慶の内戦に加わり、筒井側につくことで、信長の後ろ盾のある松永と対立しその立場を表明すべしと迫るのだった。

光秀は、娘の治療で訪れた東庵の診療所で、駒から、義昭は筒井に味方し信長から離れることを決めたと聞かされる。

恐ろしい代理戦争の計画を回避すべく、じかに松永と筒井を引き合わせる和平工作を画策する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする