大河ドラマ『麒麟がくる』第32話ネタバレあらすじ 信長、連合軍と激突!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第32話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

命からがら京に戻った光秀。

美濃からやってきた熙子や娘たちとつかの間のひとときを過ごす。

大河ドラマ『麒麟がくる』第32話のあらすじ

命からがら京に戻った光秀(長谷川博己)。

美濃からやってきた熙子(木村文乃)や娘たちとつかの間のひとときを過ごす。

戦で失った鉄砲を調達すべく、木下藤吉郎(佐々木蔵之介)と訪れた堺で、光秀は丸薬の商いで成功した駒(門脇 麦)と出会う。

さらに松永久秀(吉田鋼太郎)と大和で争う筒井順慶(駿河太郎)と知り合い、駒の助けを得て大量の鉄砲の調達に成功する。

手に入れた鉄砲で再び戦に出る信長(染谷将太)だったが、摂津での戦いで一向宗徒や三好の残党勢力に苦戦。

さらに背後から朝倉・浅井の軍勢が迫り、再び四面楚歌に陥る。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第32話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第32話のネタバレ

光秀は信長に逃げてほしいと懇願して信長は金ヶ崎から京に逃げ帰った。

摂津は光秀から今回の戦について聞き出そうとする。

摂津は散々な負けっぷりだったと光秀に告げ、朝倉と浅井に挟まれたことも知っていた。

光秀は摂津がやけに浅井が寝返ったことを知っていて摂津を疑う。

光秀は義昭に今度の戦に同行してほしいとお願いした。

そして、信長が義昭に会いにきた。

光秀は館に帰り煕子たちと再会して束の間の家族と一緒に過ごした。

光秀と藤吉郎は今井宗久に会いに行き、銃の取引をしたが先に銃を売ったと話した。

宗久は誰に売ったかは話そうとせず、光秀は宗久を茶会に招いた。

光秀は筒井順慶が銃を買ったに違いないと算段をつける。

順慶が連れてきたのは駒で、順慶は駒から光秀の話を聞いた。

駒が作った丸薬を順慶が買っていた。

順慶は信長を敬っていて、光秀に会えたことも嬉しく思っていると話す。

藤吉郎は駒が義昭の寵愛を受けていて、光秀に駒に話を聞かれれば義昭の耳にも入ると忠告した。

光秀は順慶に鉄砲を譲ってほしいと頼み込む。

駒も順慶に頭を下げて順慶は160挺を渡すと約束する。

その代わりに駒には義昭に会わせるように言い、光秀には信長に会わせてほしいとお願いした。

光秀は願いを聞き入れる代わりに200挺を渡してほしいとお願いし、順慶も応じた。

光秀は駒に助け舟を出してくれたお礼を言い、駒は自分が不釣り合いなことをしているのではと不安に思っていた。

2ヶ月後、信長は近江に進軍して朝倉と浅井の両軍を迎え撃つ。

これを「姉川の戦い」という。

浅井は城に逃げ込み、信長は勝利をして家康にお礼を言った。

家康は光秀を呼び出し、三河に戻ると告げる。

家康はいずれ武田信玄と戦うことになると話し、義昭は食えない男だと光秀に告げる。

摂津の海老江城に義昭がやってきて三好を迎え撃つと宣言した。

駒は東庵から三好と本願寺、そして朝倉と浅井に挟まれて追い詰められていた。

義昭は信長が役に立たないと嘆いていて、摂津は上杉たちを味方につけるべきと助言した。

近江の坂本で信長は苦戦を強いられてイラついていた。

信長は仏を背負い比叡山に匿われた朝倉と浅井の軍勢と戦おうとしていた。

一方、比叡山の延暦寺では朝倉が僧侶に小判を渡して朝倉側に兵を貸してほしいと懇願する。

大河ドラマ『麒麟がくる』第32話の感想

光秀は信長が戦に負けたとは思っていないようだ。

光秀は宗久と銃の取引をする時に順慶という男が銃を買ったことを突き止める。

この筒井順慶という男は何者なのか。

駒と光秀は思わぬところで再会するな。

順慶は信長の側につこうとしている。

比叡山延暦寺はいずれ信長によって焼き討ちされる、それはいつになることか…。

信長と朝倉&浅井連合軍の戦いは果たしてどういう結末を迎えるのか!?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第32話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

戦で失った鉄砲を調達すべく、木下藤吉郎と訪れた堺で、光秀は丸薬の商いで成功した駒と出会う。

さらに松永久秀と大和で争う筒井順慶と知り合い、駒の助けを得て大量の鉄砲の調達に成功する。

手に入れた鉄砲で再び戦に出る信長だったが、摂津での戦いで一向宗徒や三好の残党勢力に苦戦する。

さらに背後から朝倉・浅井の軍勢が迫り、再び四面楚歌に陥る。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする