大河ドラマ『麒麟がくる』第31話ネタバレあらすじ 浅井長政が裏切る!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第31話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ついに越前へ向けて出兵を開始した信長。

破竹の勢いで敦賀まで制圧をするが…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第31話のあらすじ

ついに越前へ向けて出兵を開始した信長(染谷将太)。

破竹の勢いで敦賀まで制圧をする。

しかし、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ヶ崎で、浅井長政(金井浩人)が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。

朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。このまま前進するという信長を光秀(長谷川博己)は、織田信長はいま死んではならない、逃げるべしと強く説得。

それは数万の兵を率いたしれつな退却戦の始まりだった…。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第31話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第31話のネタバレ

信長は帝から戦の勅命を受けたと話し、義景のいる越前に出兵することにした。

国吉城にやってきた織田軍は、秀吉も光秀と共にいた。

久秀は信長がこれまでの大名とはちがうと実感していた。

信長は家臣たちの前で義景を討つと宣言した。

二条城で摂津は藤英から信長が越前に向かったと聞く。

摂津はどうなるか見物だと高笑いしていた。

信長は朝倉の領地を二日で侵略した。

信長の家臣たちは祝盃をあげて、信長は小谷城を浅井長政に守らせて進軍しようとしていた。

家康は光秀が言った言葉を励みにしていた。

家康は我々武士は何のために戦うのかと信長に問いかける。

家康は戦のない世を作ると光秀に語り、その時がくるまでどれくらい戦を続けなければならないのかと嘆いていた。

久秀は金ヶ崎城をあっさり引き渡した朝倉方が何か策を弄しているのでへないかと考えた。

義景は朝倉家と浅井家は元々強い絆で結ばれていたと話す。

浅井長政は妻の市にいつ信長に裏切られるかとビクビクしていた。

浅井長政は織田軍を攻めると決意した。

光秀は信長に浅井長政が小谷城を出たと報告して、信長は長政が裏切ったことを察した。

光秀は朝倉と浅井に挟まれれば命はないと信長に告げる。

信長は帝から命を受けた以上逃げることはできないと言うが、光秀は信長一人の命ではないと逃げよと懇願した。
  
信長は一人で考えたいと光秀に言い光秀は部屋を出る。

信長は部屋で一人唸っていて、信長は浅井が裏切ったことを伝える。

信長は逃げることを決め、光秀は金ヶ崎城に残り時間を稼ぐと決める。

藤吉郎はしんがりを自分に任せてほしいと光秀に頭を下げて頼んだ。

藤吉郎は妹が死んだ話を光秀にして、飛ばぬ虫では終わりたくないと訴える。

藤吉郎と光秀たちは朝倉と浅井の両軍を迎え撃った。

光秀は戦のない世を作るためには今は戦を重ねるしかないと嘆く。

摂津は義昭に会い、信長が京に逃げ帰ったことを伝える。

義昭は信長が負けたことを駒に報告した。

義昭は自分が真の将軍になった時には戦を無くすと駒に宣言する。

妙覚寺にきた光秀は二手に分かれた藤吉郎と再会できて喜んでいたが、藤吉郎が戦場から逃げ帰ったと柴田勝家たちが笑っていた。

光秀は藤吉郎が戦場で立派に戦ったと柴田勝家たちに訴える。

光秀は信長と対面して、信長は帰蝶や帝に何と報告したらいいか迷っていた。

光秀は京に戻る時に麒麟の声を聴いたと話し、「信長には次がある!」と告げる。

その言葉を励みに信長は義昭や帝に報告し、次の戦に備えると決意するのだった。

光秀も信長を必死に支えようと決意をするのだったーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第31話の感想

信長はついに進軍して義景を討つつもりだ。

信長の快進撃は止まらない。

朝倉は何を考えているのか。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第31話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

朝倉義景のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ヶ崎で、浅井長政が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。

朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。

このまま前進するという信長を光秀は、織田信長はいま死んではならない、逃げるべしと強く説得。

それは数万の兵を率いたしれつな退却戦の始まりだった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする