大河ドラマ『麒麟がくる』第30話ネタバレあらすじ 朝倉義景を討て!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第30話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

孤独な立場の義昭は、駒を話し相手として頼りにしていた。

ふたりは弱きものを救う悲田院づくりの夢を通して仲を深める。

大河ドラマ『麒麟がくる』第30話のあらすじ

孤独な立場の義昭(滝藤賢一)は、駒(門脇 麦)を話し相手として頼りにしていた。

ふたりは弱きものを救う悲田院づくりの夢を通して仲を深める。

一方、信長(染谷将太)に呼び出され美濃に向かった光秀(長谷川博己)は、ついに信長が越前の朝倉攻めを決めたことを知る。

しかし信長は、朝倉相手に織田軍だけでは勝てないと冷静に考えていた。

光秀は、帝(みかど)に戦の是非を認めてもらえれば大義名分が立ち、ほかの大名もおのずと集まると助言する。

しかし、それは大きな賭けであった。

信長はすぐさま上洛し、帝・正親町天皇(坂東玉三郎)に拝謁するのだが…。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第30話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第30話のネタバレ

光秀は美濃へと出かける準備をしている時に藤吉郎が土産を持ってきた。

藤吉郎は次の戦の話でもあるのかと尋ねるが、妻と子供に会うだけだと話す。

京には義景の手下がいて戦の機会を伺っていると藤吉郎は言い、義景は討った方がいいと光秀に告げる。

光秀は義景を討つのは容易ではないと藤吉郎に告げた。

すれ違いに光秀は廊下で駒と会い、義昭に会いにきたことに驚いていた。

駒は義昭に館を建てるための金を持ってきた。

駒は丸薬が売れに売れて忙しいと義昭に話して、義昭もその薬を飲んで喜んでいた。

義昭は将軍になって気が休まらないと駒に言い、駒と城を抜け出す。

晴門は信長が動き出す前に手を打とうと画策していた。

光秀は岐阜城にいる久秀に会いにいき、義景が信長のことを憎んでいると話す。

戦をするのなら信長一人でどうぞと藤英は久秀に告げる。

光秀は久しぶりに帰蝶に会い、帰蝶の息子の奇妙丸と対面した。

帰蝶は信長から光秀の話を聞いていて光秀が悩んでいることを知る。

戦をするべきかどうか光秀が悩んでいることを帰蝶は知り、信長に会わせる。

光秀は帰蝶に朝倉との戦をどう思うか尋ねる。

帰蝶は朝倉を討つべきと考えていると光秀の前で告げる。

信長は朝倉に勝つ良い手はないかと光秀に尋ねる。

信長は信秀が荒れ果てた御所を見て嘆いていたと話して、塀を修繕したのは信秀の供養だと話す。

光秀は何かに迷った時天から降ってきたものに道を尋ねると話し、信長は帝がこの戦をどう思っているのか気になった。

帝が認めれば諸国の大名が集まり兵が集まると考えた信長。

光秀は御所の修繕をした信長なら認めるかもしれないと信長に告げる。

光秀は煕子と娘たちと再会して喜んでいた。

煕子は家族を京に連れて行ってほしいと光秀に頼んだ。

光秀の御出陣をお見送りしたいと煕子は光秀に訴える。

光秀は煕子とともに京に行くことを決意した。

一方、帝・正親町天皇は東庵に信長をどう思うかと尋ねて、東庵は義昭の上洛の折に活躍したと話す。

駒は義昭に頼まれて昔歌った歌を歌った。

上洛した信長は帝に拝謁して、信長は特別に帝に会うことを許されたのだ。

信長は光秀と会い、信長は帝が自分のことを褒めたと話す。

当代一の武将だと褒められたと信長は笑って言い、京をたゆらかにする戦を許されたと話す。

そんななか、越前の一乗谷で義景は信長が戦に向けて兵を集めていると家臣から聞く。

義景も信長との戦いに向けて戦の準備を始める。

義昭は戦を好まず、京で吉報を待つと光秀に告げる。

晴門は藤英のおかげで上洛できたと話し、義景の息子に毒を盛ったのは藤英だと明かす。

そして、京から越前に毒を持ち込んだのは晴門の家臣だと告げる。

晴門は京から兵は出さないと光秀に伝え、藤英も朝倉と信長との戦に加担するつもりはなかった。

信長は義景との戦に向けて動き出すーー!?

大河ドラマ『麒麟がくる』第30話の感想

光秀は美濃へと帰ったか、義景を本当に討つもりでいるのか。

駒と義昭はホタルを見に行った。

義景の信長に対する恨みは相当だな。

戦をするべきか光秀は悩んでいる!

光秀と煕子たちがまた一緒に暮らせる日が来るとは!

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第30話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

信長は、朝倉相手に織田軍だけでは勝てないと冷静に考えていた。

光秀は、帝に戦の是非を認めてもらえれば大義名分が立ち、ほかの大名もおのずと集まると助言する。

しかし、それは大きな賭けであった。

信長はすぐさま上洛し、帝・正親町天皇に拝謁する。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする