大河ドラマ『麒麟がくる』第29話ネタバレあらすじ 晴門の計略

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第29話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

将軍の御座所襲撃に怒った信長は、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始めてしまう。

各地から資材を召し上げながら急ピッチで進む強引な工事に、幕府の摂津のもとには信長に対する多くの反発の声が届いて…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第29話のあらすじ

将軍の御座所襲撃に怒った信長(染谷将太)は、京に将軍を守る城が必要だとして、独断で二条城の建設を始めてしまう。

各地から資材を召し上げながら急ピッチで進む強引な工事に、幕府の摂津(片岡鶴太郎)のもとには信長に対する多くの反発の声が届く。

ある日、伊呂波太夫(尾野真千子)から呼び出された光秀(長谷川博己)は、幕府より身を追われ身を隠した近衛前久(本郷奏多)と対面する。

前久は今の幕府には、己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりであることを忠告。

そして、本来帝(みかど)を守るべき幕府の本分を見失っていることをほのめかすのだった。

将軍よりも上の存在という帝の存在が気にかかった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける。

(出典: 大河ドラマ『麒麟がくる』第29話あらすじ)

大河ドラマ『麒麟がくる』第29話のネタバレ

二条城の築城が着々と進んでいて、信長はいろんな場所から調度品を集めていた。

光秀と藤孝は調度品の確認作業をしていて、隣の寺の襖も持ってきていた。

信長は二条城の築城に託けて金目の物を盗もうとしているという噂が立っていた。

幕府から調度品を返すようにとの声が上がっていると光秀は藤孝に話す。

僧正は寺の物を返すようにと義昭に直訴した。

晴門も僧正の願いを聞き入れてほしいと懇願し、信長だけでなく義昭にも怒りの矛先が向かうと告げる。

義昭は今更返せとは言えないと晴門に言い、信長が岐阜に帰った後で少しずつ返すと約束する。

晴門は金をかすめ取っていた…。

義昭は駒に会いお団子がとても美味しかったと話す。

義昭は誰でも入れる宿を作りたいと駒に話し、今ならそれができると告げる。

館を作って医者を集めるには金がかかると駒に言い、今の幕府にそれだけの金がないと告げる。

駒は少しずつ館を作ってはどうかと提案した。

駒は東庵の家に帰ってきて東庵が懐にしまった金を東庵から没収する。

駒は宗久に言われた通り丸薬を作って金を稼ぎたいと東庵に話す。

光秀は少年に手紙を渡されて伊呂波だゆうに会いに行く。

伊呂波太夫は前久に会わせたいと光秀に言い、義昭に仕える光秀だからこそ会わせたいと話す。

前久は光秀に鼓を打たせて光秀は前久の前で鼓を打つ。

前久は晴門に追われていると光秀に告げ、晴良が晴門と手を組んで前久を追放した。

今の幕府ではこの国を治められないと前久は言い、幕府を治められるのは信長しかいないと考えていた。

光秀に会ったのは信長にもの応じせずに意見を言えるのと、晴門を嫌っているという噂を耳にした前久。

伊呂波太夫は帝がどれほど困っているのか御所を見ればわかると光秀に話す。

光秀は信長に会いに行く途中で藤吉郎に会う。

藤吉郎は光秀が前久に会ったことを知っていて、公家衆にはお気をつけくださいと忠告した。

信長は幕府が腐り果てていることを知っていて幕府のやることにいちいち口を出さないと決めていた。

光秀は信長が岐阜に帰るまでに幕府のメンバーを改めたいと話す。

信長は父に言われた帝が二番目に偉くてその次に将軍が偉いという話をする。

光秀は藤孝から横領したのではないかと尋ねられて血相を変えて晴門に会いにいく。

光秀は横領した土地を誰が横領したのかと晴門に問いただす。

晴門はいちいち確認していないとシラを切り、光秀は調べたのちでちゃんと土地をお返しすると晴門に言い出ていく。

光秀は帝の御所を見たいと伊呂波太夫に言い、伊呂波太夫は帝の御所に案内した。

伊呂波太夫は御所の壊れた塀を光秀に見せてそこから御所の中に入っていく。
伊呂波太夫は近衛家に拾われてまた捨てられると思い公家の人と出会った。

その公家は石を伊呂波太夫に見せてその石は焚きで温めた石だと伊呂波太夫は話す。

その公家は今の帝で、伊呂波太夫は初めて帝を見て人の顔が美しいと思った。

せめて塀だけでも直してあげないとと思った伊呂波太夫。

そんななか、二条城が完成して義昭は目を見開いて喜んだ。

義昭は信長に感謝を伝えて、藤吉郎が城の中を案内した。

信長は浅井長政を光秀と藤孝に紹介した。

信長は義景のことを聞きたいから美濃に帰るように命じる。

信長は岐阜に帰っていき、次の戦に備える。

光秀は二条城の塀を眺めて壊れた御所の塀のことを思い出していたーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第29話の感想

義昭はすっかり晴門の言いなりだな。

晴門も悪い男だ、晴門の計略はいつ気づくことか。

東庵も抜け目のない男だ。

駒は義昭の考えに賛同して館を建てたいのか。

藤吉郎も頭が切れるようになってきた。

信長も将軍が帝を守らないことに疑問を感じていた。

晴門も汚い真似をする!

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第29話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

ある日、伊呂波太夫から呼び出された光秀は、幕府より身を追われ身を隠した近衛前久と対面する。

前久は今の幕府には、己の私利私欲を満たすことしか頭にない連中ばかりであることを忠告する。

そして、本来帝を守るべき幕府の本分を見失っていることをほのめかすのだった。

将軍よりも上の存在という帝の存在が気にかかった光秀は、ボロボロになった御所へと足を向ける。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする