大河ドラマ『麒麟がくる』28話ネタバレあらすじ 新しい幕府

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第28話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ついに足利義昭が上洛を果たした。

勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃して…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第28話のあらすじ

ついに足利義昭(滝藤賢一)が上洛を果たした。

勢いに乗った織田軍は周囲の三好勢を一掃する。

光秀も活躍が認められ、将軍奉公衆に取り立てられる。

先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永(吉田鋼太郎)の処分を巡り、織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長(染谷将太)の意見に従うという。

その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門(片岡鶴太郎)に任せることを認めてほしいという。

光秀(長谷川博己)と藤孝(眞島秀和)は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

(出典:大河ドラマ『麒麟がくる』第28話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第28話のネタバレ

信長は京に上洛して大きな世を作ると光秀に宣言した。

義昭が信長と共についに上洛を果たした。

京を支配していた三好は織田軍によって追放される。

織田軍は三好軍のいる摂津を攻めて芥川城に流れ着いた。

光秀は久秀と再会して義昭の奉公衆に加えられたことを喜んだ。

久秀は迷わず織田軍に付き従っていて、信長のために手土産を持ってきた。

久秀は三好側に通じていると信長に疑われているのではないかと不安に思っていた。

光秀は久秀の戦績は信長もご存知のはずだから心配することはないと告げる。

久秀をこのまま受け入れるべきかと藤英は織田の家臣たちの前で話す。

義昭は三好の根城である芥川城を占領できたのも信長のお陰だと家臣たちに言い、信長に感謝を伝える。

信長が久秀を受け入れるということで義昭も信長の意見に賛同した。

みんなで力を合わせるべきだと義昭は藤英に告げ、藤英も納得した。

義昭は摂津晴門を引き続き幕府で働かせることになったと信長に言い、信長もそれに従う。

光秀は藤孝に会い、晴門に幕府の実務を任せることについてどう思うかと藤孝に聞かれる。

光秀は幕府の中は一度一新した方がいいと藤孝に言い、藤孝も光秀と同じ意見だった。

久秀は信長に手土産を渡したと光秀に言い、義景の動きが怪しいと話す。

義景は三好一派と手を組んで信長を倒そうとしている。

光秀は義景が信長のことが気に入らないと言っていた日のことを思い出す。

義昭は晴れて15代将軍になり、信長は帰っていった。

そんななか、三好の軍勢が義昭のいる本国寺を襲撃した。

光秀はすぐに義昭を連れて逃げ、光秀と義昭は地下室に隠れた。

義昭は自分が幼い時、かつて京は夢のような場所だったと光秀に話す。

光秀も父親が京のことを美しき都だと話していたと義昭に話す。

一方、駒は必死に丸薬を作っていて東庵から本国寺に三好の軍勢が攻めてきたことを知らされる。

光秀が義昭と一緒にいて心配だと東庵は話し、駒も動揺していた。

二日間の攻防の末、三好軍は退却していった。

光秀は負傷した兵たちの手当てと本国寺の修繕に忙しくしていた。

東庵と駒は負傷した兵たちの手当てを始めて、義昭と駒は偶然の再会を果たす。

伊呂波太夫は駒に義昭に会わせてほしいとお願いする。

伊呂波太夫は前久が命を狙われて困っていると駒に話し、東庵が光秀が義昭とかなり近い関係であることを聞き光秀に会おうとする。

藤孝は幕府の中に三好と通じている者がいると光秀に話す。

信長は本国寺での戦の知らせがなかったことに腹を立てる。

信長は摂津を責めてこの京に新たな城を建ててそこに義昭を住まわせると摂津に告げる。

二条城の建築が始まり、光秀も大工たちを手伝う。

信長は義昭が大きな世を作るのに欠かせないと光秀に言い、摂津たちに義昭が操られないか心配だと告げる。

信長は朝倉と三好が手を組む前に朝倉を討つと光秀に宣言する。

晴門は三好と朝倉が手を組んだと聞き信長に一泡吹かせてやると家臣たちに告げる。

大河ドラマ『麒麟がくる』第28話の感想

義昭が上洛した、新しい幕府が始まる。

久秀は織田方についたか、賢明な選択だな。

摂津晴門とは何者か…。

幕府も改革をしないといけないな。

光秀と義昭の絆も深まってきたから。

本国寺の戦は終わったか、駒と東庵の仕事はこれからだ!

三好の軍勢が本国寺に攻めてきた、幕府に内通者がいるのか!

信長が仏像を石垣に使っているのを見ると、延暦寺の焼き討ちの伏線ではないかと思えてくる…。

光秀は信長への不信感が募り始めている。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第28話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

先の将軍・義輝暗殺に関与していた疑いのある松永の処分を巡り、織田側と三淵ら奉公衆の意見が割れるが、義昭は信長の意見に従うという。

その代わりに幕府の政務を、代々将軍に仕えてきた摂津晴門に任せることを認めてほしいということだった。

光秀と藤孝は、幕府を腐らせてきた張本人ともいえる摂津の再起用に胸騒ぎを覚える。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする