大河ドラマ『麒麟がくる』27話ネタバレあらすじ 義昭、上洛する

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第27話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

美濃で盛大な歓迎を受ける義昭。

しかし信長は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思っていて…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第27話のあらすじ

美濃で盛大な歓迎を受ける義昭(滝藤賢一)。

しかし信長(染谷将太)は、戦にまるで興味のない様子の義昭を不安に思う。

一方、光秀(長谷川博己)は上洛にあたり、三好勢の兵力と朝廷側の意向を探るため、京へと向かった。

駒(門脇 麦)を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫(尾野真千子)のもとへ。

三好は今井宗久(陣内孝則)をはじめとする堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。

宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへ向かう。

(出典:『麒麟がくる』第27話あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』第27話のネタバレ

義昭は信長と対面して信長は義昭がすでに将軍であるかのように話す。

信長は義昭のために金銀財宝を持ってきた。

義昭は貧しい民がこれで助かると呟く。

貧しい民のために金を渡すのには納得できない信長は光秀に愚痴をこぼす。

光秀は義昭を生かすも殺すも信長次第だと信長に話す。

信長は光秀と話した通りにすると言い、京に上り大きな世を作ると光秀に話した。

信長たちの敵は三好と六角で、浅井長政を味方につけようと画策する。

信長は光秀に京に行って三好の軍数と朝廷がこちらの味方になるかどうか探ってきてほしいと告げる。

木下藤吉郎と共に京に行くよう光秀に命じる信長。

京で魚を売っている藤吉郎のもとに光秀がやってきた。

藤吉郎は光秀を隠れ家に案内して信長が京に攻めてくるという噂を広めていた。

信長が噂を広めるように命じて藤吉郎は手柄をあげたらちゃんと褒美を与えるところが素晴らしいと光秀に語る。

京のたみは三好軍と織田軍の戦があるという噂で次々と逃げていった。

光秀は東庵の家を訪れて久しぶりに駒と再会した。

藤吉郎も駒と東庵と再会して喜んでいて、駒に教わったから信長の家臣になれたと話す。

東庵の家に三好の家臣たちがいて三好の家族が養生しにきていた。

藤吉郎は三好の家臣に見つかり逃亡した。

駒は美濃にいた頃より泣かぬようになったと光秀に言い、光秀は前久に会って義昭の上洛をどう思っているのか知りたいと話す。

駒は光秀に上洛するのなら刀を抜かずに来てくださいと義昭にお願いしてほしいと頼む。

光秀は伊呂波太夫に会いに来て踊りのうまい子がいるからと一座を見に来た。

ここが自分の里であると知り伊呂波太夫はやってきて、親に捨てられたところを近衛家に拾われたと話す。

伊呂波太夫は三好の軍勢が強いと光秀に教えて、宗久が三好に武器を売っていると告げる。

宗久が駒の作った丸薬を買いたいと話したと伊呂波太夫に教える駒。

駒は光秀と共に宗久に会いに行くことを決意する。

駒は薬を売ることを条件に三好に武器を売るのはやめてほしいとお願いする。

宗久は信長が自分の商いを保証するかどうかはわからないと言い、駒は信長を敵にまわすのは良くないと説得する。

宗久は光秀と会い、光秀のことは伊呂波太夫から聞いていた。

異国との商いが守られるなら三好と織田のどちらかが勝ってもいいと宗久。

宗久は今度の戦が信長が勝つと思っていて、三好から離れてもいいと思っている。

三好に武器を売らない代わりに信長には堺を守り鎧兜を着ないことを条件にする。

光秀は信長に会いにいき、鎧兜を着ないようにとお願いしたが柴田勝家たち家臣は納得しなかった。

光秀は京の民のためにも武装を解いて上洛することが望ましいと光秀は訴える。

義昭は武装を解いて上洛することに賛成する。

信長は義昭の前では義昭に付き従うと賛成したが、義昭の考えには賛同できないと光秀に話す。

信長は六角を攻めれば三好は敵ではないと光秀に言い、光秀に義昭に仕えるか自分に仕えるか今決めろと詰め寄る。

光秀は義昭に仕えると宣言して信長は去っていった。

信長率いる織田軍は六角を攻めて見事勝利を収める。

その後、織田軍は武装を解いて京に上洛するのだったーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第27話の感想

光秀と藤吉郎が京に行くとは、なんの因果か…。

駒と久しぶりに再会できたのはいいが三好の家臣たちがいるのはまずい。

宗久がこの戦の鍵を握ることになりそうだ。

信長は本当に攻めてこないのか。

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第27話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

駒を頼り、事情をよく知る伊呂波太夫のもとへ向かう。

三好は今井宗久をはじめとする堺の豪商と強固なつながりがあり、その財力が強さになっているという。

宗久の名前を聞いた駒は、かつて丸薬を商売にしないかと持ち掛けてきた商人のことを思い出し、光秀を連れ宗久のもとへ向かう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする