大河ドラマ『麒麟がくる』25話ネタバレあらすじ 羽運ぶ蟻

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第25話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

覚慶は還俗し、足利義昭を名乗った。

しかし受け入れを希望する越前・朝倉義景の態度が決まらず、近場で立ち往生を余儀なくされていて…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第25話のあらすじ

覚慶(滝藤賢一)は還俗(げんぞく)し、足利義昭を名乗る。

しかし受け入れを希望する越前・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)の態度が決まらず、近場で立ち往生を余儀なくされていた。

一方、信長(染谷将太)は長きにわたる斎藤龍興との戦に勝ち、ついに美濃を平定する。

かつての家臣・伝吾(徳重 聡)から文が届き、光秀(長谷川博己)は母・牧(石川さゆり)を連れて、なつかしい美濃へと旅をする。

訪ねた岐阜城で「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う信長に、光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶ」と言う。

しかし肝心の将軍候補・義昭の評を信長から聞かれると、光秀は口ごもってしまうのだった。

越前に戻った光秀を、なんと義昭が待ち構えていた。

(出典: 『麒麟がくる』第25話あらすじ)

大河ドラマ『麒麟がくる』第25話のネタバレ

矢島御所で覚慶は還俗して足利義昭になりるが、越前の義景は義昭を受け入れるか返答しておらず立ち往生していた。

藤孝は義景が仮病を使ってまで上洛することを拒んだ。

義景の考えが読めないと苛ついていた藤孝。

光秀は義景に義昭が将軍にふさわしいか疑問だと言ったことが原因ではないかと考えていた。

稲葉山城に来た信長は、義龍の子を追放して美濃は信長の支配下に置かれることになった。

その頃、光秀は伝吾からの手紙を見て美濃の国で家を立て直していることを聞いた。

光秀の母親・牧はいずれ美濃に帰りたいと話して光秀は信長が美濃を支配した以上もう美濃に帰れると光秀は煕子に話した。

十月、光秀は牧を馬に乗せて美濃の明智荘に帰ってきた。

光秀と牧は伝吾に会い再会を喜びあった。

牧は11年前に伝吾が言ったことを伝吾に話して、伝吾が約束を守って明智荘を守ってくれたことが嬉しかった。

牧は美濃に戻って来られただけで嬉しい、もう思い残すことがないと光秀に話す。

光秀のことを誇りに思っていると牧は光秀に伝える。

稲葉山城に来た光秀は信長から戦が嫌いではないと聞かされる。

これから何をしていいかわからないという信長に光秀は上洛されてはと勧める。

未だ空席の将軍の味方になることで堺を手に入れることができると知り信長は喜んでいた。

光秀はかつて道三が言っていた”大きな国”を共に作ろうと二人は話した。

信長は光秀の案に乗り、大きな国を作る決意をした。

一方、京にいる駒は薬が又売りされていると聞き和尚に真意を尋ねに来た。

今井宗久は駒の作った薬を見て笑っていた。

駒は又売りした少年に又売りはダメだと説教するが、薬を売れば兄弟たちが飯を食えると言い駒は何も言えなくなった。

東庵の家に戻り東庵は誰も間違っていないと駒に言い、薬が誰かの助けになっているのは幸せなことだと話した。

藤孝は義昭を連れて光秀の家にやってきた。
 
義昭は光秀と一度話をしてみたかったと言い、庭にいた蟻の話をした。

一匹の蟻は一匹では羽を運ぶのが難しいのに意地になって運んでいた。

義昭は自分がその蟻だと光秀に言い、将軍という大きな羽を自分だけの力で運ぶのが難しいと話した。

将軍になるには重責があるが将軍になることで民を救うことができると義昭は言い、義景に協力してほしいと伝えてほしいと光秀に話す。

光秀は義景と対面して、義昭と蟻の話をしたと伝えた。

光秀は義昭が将軍になる器ではないかと義景に話し、強い大名の支えがあれば立派な将軍になると告げる。

義景は久秀にも説得されたと光秀に言い、信長と共に上洛するように指示されたと話し光秀に説得された義景は上洛を決意した。

一方、義輝のいとこ・義栄が14代将軍になり光秀の前にまたしても困難が待ち受ける。

大河ドラマ『麒麟がくる』第25話の感想

覚慶が還俗して義昭になったのはいいが、義景は義昭を受け入れるか返答していない。

いきなり災難がふりかかる…。

羽を運ぶ蟻の姿を見て義昭は何を考えているのか。

伝吾が明智荘をずっと守っていてくれたのか、本当にできた家臣だ。

ここから信長の天下統一への夢が動き出すのか!

貧しい子にはお金が必要だからなんとも言えん…。

義昭は僧侶から将軍になろうとしているから民に優しい将軍になりそう。 

義栄が次の将軍になり義昭は上洛を目指す。

次回も波乱の予感!?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第25話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

訪ねた岐阜城で「何のために戦っているのかわからなくなった」と言う信長に、光秀は「上洛して新しい将軍と幕府を再興すれば、武士が誇りを持てる平らかな世になりみんなが喜ぶ」と言うのだった。

しかし肝心の将軍候補・義昭の評を信長から聞かれると、光秀は口ごもってしまう。

越前に戻った光秀を、なんと義昭が待ち構えていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする