大河ドラマ『麒麟がくる』23話ネタバレあらすじ 義輝暗殺計画!

長谷川博己主演の大河ドラマ『麒麟がくる』第23話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

将軍・義輝の文を手に信長のもとに向かった光秀だった。

しかし肝心の信長は美濃攻めに苦戦しており、話どころではなく…。

大河ドラマ『麒麟がくる』第23話のあらすじ

将軍・義輝(向井 理)の文を手に信長(染谷将太)のもとに向かった光秀(長谷川博己)。

しかし肝心の信長は美濃攻めに苦戦しており、話どころではなかった。

代わりに取り次ぎを任された藤吉郎(佐々木蔵之介)から、京で三好長慶(山路和弘)の子らによる義輝暗殺計画のうわさがあると聞く。

しかも裏で糸を引いているのが松永久秀(吉田鋼太郎)であると知り、衝撃を受ける光秀。

すぐに大和の松永のもとを訪ね、その真意を問いただすも、松永は「義輝はもはや将軍の器ではない、このままでは世が治まらないので、殺しはしないが追放するつもりである」と告げる。

(出典: 『麒麟がくる』第23話あらすじ)

大河ドラマ『麒麟がくる』第23話のネタバレ

長慶が亡くなり義輝が再び実権を握り、光秀は義輝の命により信長に文を届けることになった。

小牧山城にやってきた光秀は信長に会い文を渡した。

信長は上洛の話をしている余裕がないと光秀に話して、これから美濃を攻めるのに手こずっていると話す。

光秀の相手を木下藤吉郎に任せて信長は立ち去る。

藤吉郎は光秀に酒を飲ませて帰蝶から万葉集を教えられたと話す。

帰蝶から光秀の話をよく耳にしたと藤吉郎は光秀に話した。

藤吉郎は光秀に将軍・義輝の暗殺計画があることを伝えた。

その計画は京で三好長慶の子らによって企てられていると藤吉郎は言い、止められるのは久秀しかいないと光秀に告げる。

なぜなら、暗殺計画を裏で糸を引いているのが久秀だからだ。
 
大和では、覚慶が子供たちに施しを与えていた。

駒は覚慶の後をつけて覚慶のことが気になっていると覚慶に話す。

覚慶はあそこで待つものがいると駒に言い、駒は私たちの知らないところで亡くなっていると覚慶に話した。

そのことをどう思うのか覚慶に尋ねる駒、覚慶は施せるものは目の前にいるものだけだと嘆く。

覚慶は父親から麒麟の話をよく聞いたと駒に言い、父親が将軍であると話した。

とその時、覚慶は自分を狙っている刺客がいるのを見かけて駒と共に逃走した。

覚慶は藤孝たちから寺に戻るように言われ、仕方なく戻った。

駒は覚慶がいなくなったことに気付いて探し回り、伊呂波太夫に声をかけられる。

丸薬は売った方がいいと伊呂波太夫は駒に提案して交渉を始める。

一方、光秀は久秀のもとにやってきて久秀は光秀に久々に会えて喜んでいた。

久秀は物の値打ちは人が決めるもので、将軍も同じだと光秀に語る。

光秀は義輝が将軍に相応しくないと思ったから暗殺しようとしたのかと久秀に尋ねる。

久秀は義輝を暗殺するのではなく将軍の座から追い出すと告げる。

義輝がいなくなった後、将軍が居なくなってしまい武士はどうしたらいいのだと光秀は久秀に訴える。

藤孝は無念ではあるが、次の将軍を決める必要があると光秀に告げる。

二条御所に来た光秀は義輝と対面して信長も上洛は無理だったかと諦める。

夏は終わったと義輝は光秀に告げ、自分に仕えてくれたことに礼を言うと感謝を伝えた。

もうちょっと早くに会いたかったと義輝は光秀に言い、命ある限り幕府に仕えると朝倉に伝えよと義輝は光秀に言い残した。

そんななか、駒は東庵と喧嘩して家に入れなくなった。

東庵が大怪我をしたと聞きすぐに家に入る。

盗賊に何もかも持っていかれたと東庵は嘆いた。

その時、伊呂波太夫が家にやってきて駒の作った丸薬が僧の間で評判がいいと伊呂波太夫は話す。

伊呂波太夫は丸薬が高値で売れると東庵に話して、東庵は生活のために駒の丸薬を作ることにした。

そんななか、光秀が越前に帰ってきて煕子たちは光秀の帰りを喜んだ。

光秀は義輝のことを煕子に話し、煕子は戦争のない世になることを望んでいた。

そして、義輝のいる二乗御所に長慶の子らが指揮する軍勢が襲い掛かろうとしていたーー。

大河ドラマ『麒麟がくる』第23話の感想

長慶を暗殺するまでもなかった、これから時代はどう揺れ動くのか!

信長は今忙しいのか、光秀は木下藤吉郎に会わせたか。

義輝の暗殺計画が密かに進行していたとは、物騒な話だ。

麒麟が来る世にならなければと覚慶は駒に話した。

覚慶はのみの足利義昭だから狙われることもあるだろう。

次の将軍って一体誰なんだ!?

義輝は将軍の座を退くことになったか。

東庵も大変だな、災難だったな。

東庵も現金な人だ…。

将軍・義輝はこの先どうなってしまうのか、暗殺されてしまうのか!?

まとめ

大河ドラマ『麒麟がくる』第23話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

京で三好長慶の子らによる義輝暗殺計画のうわさがあると聞いた。

しかも裏で糸を引いているのが松永久秀であると知り、衝撃を受ける光秀だった。

すぐに大和の松永のもとを訪ね、その真意を問いただすも、松永は「義輝はもはや将軍の器ではない、このままでは世が治まらないので、殺しはしないが追放するつもりである」と告げた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする