朝ドラ『純情きらり』第98話ネタバレあらすじ 働き始める冬吾

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第98話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

岡崎からかねが訪れ、桜子は戻って来るよう促される。

ところが、すぐには戻れない事情を理解してもらう。

朝ドラ『純情きらり』第98話のあらすじ

岡崎からかね(戸田恵子)が訪れ、桜子(宮崎あおい)は戻って来るよう促されるが、すぐには戻れない事情を理解してもらう。

一方笛子(寺島しのぶ)は、お金を工面するため冬吾(西島秀俊)にないしょで電話交換手の仕事を始めるが、おぶっている亨がぐずつき熱まで出してしまう。

笛子のむちゃを知った冬吾は桜子から鋳物工場の仕事を紹介してもらい、笛子にないしょで働き始める。

そんな折、秋山(半海一晃)が先日の謝罪に来る。

朝ドラ『純情きらり』第98話のネタバレ

笛子が働きに出始めて数日が経った。

思わぬ人がマロニエ荘を訪れた、なんとかねだった!

かねは桜子がいつまでも帰ってこないから心配で桜子のもとを訪ねてきたのだ。

桜子は笛子の息子の亨が目が治りにくい病気にかかってしまったと話し、子供のためにお菓子を持っていこうとした。

笛子は電話交換手の仕事をしていたが、亨を抱えてながの仕事は大変だった。

夜になっても亨は泣き止まず笛子は必死にあやしていた。

冬吾は笛子を連れてどこに行っているのかと尋ねて、笛子は電話交換手の仕事をしていると話す。

冬吾はなんとか絵を売りに行くから働くのはやめろと話す。

冬吾は絵を売りに行ったがもう来ないでほしいと言われてしまう。

冬吾は桜子に仕事先を紹介してほしいと頼んだ。

桜子は久しぶりに公麿の家にやってきてオーケストラの指揮者として満洲に行くと聞かされる。

公麿は音楽学校の教師を辞めさせられて金もなかった。

公麿は外地にいる達彦のことを心配していたが桜子は先のことを考えても仕方ないと話す。

桜子は公麿に紹介された仕事を冬吾に教えて冬吾は笛子に嘘をついて働きにでる。

笛子は冬吾が絵の仕事をすると聞いて喜んでいた。

冬吾は仕事先の工場にやってきたが工場の仕事は思ったよりキツかった。

冬吾はマロニエ荘に帰ってきて疲れた顔をしていた。

ヤスジは子供たちに紙芝居をして日銭を稼いでいた。

一方、秋山がマロニエ荘を訪れて桜子に米を返した。

秋山は肺炎と栄養失調で倒れて桜子は布団に寝かせる。

杏子は笛子に亨の目が治るかもしれないと話し笛子は驚いていた。

朝ドラ『純情きらり』第98話の感想

かねがマロニエ荘にくるとはな。

かねが桜子の東京滞在を許すとは。

亨は泣き止まないな、どうしたらいいんだ。

芸術家にとって生きにくい時代になったもんだ。

桜子はいつまでもたくましいな。

絵ばっかり描いてきた冬吾にとってキツい仕事だな。

亨の目が治るかもしれないと言う話は本当か?

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第98話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

笛子は、お金を工面するため冬吾にないしょで電話交換手の仕事を始めるが、おぶっている亨がぐずつき熱まで出してしまう。

笛子のむちゃを知った冬吾は桜子から鋳物工場の仕事を紹介してもらい、笛子にないしょで働き始める。

そんな折、秋山が先日の謝罪に来る。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする