朝ドラ『純情きらり』第86話ネタバレあらすじ 笛子と杏子、東京に行く

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第86話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ヤスジたちは、冬吾に「新美術協会のリーダーとして東京へ来てほしい」と頼む。

冬吾は妊娠中の笛子を気遣い「その気はない」と答えるが…。

朝ドラ『純情きらり』第86話のあらすじ

ヤスジ(相島一之)たちは、冬吾(西島秀俊)に「新美術協会のリーダーとして東京へ来てほしい」と頼む。

冬吾は妊娠中の笛子(寺島しのぶ)を気遣い「その気はない」と答えるが、ヤスジは「腕が鈍って自信がないのか」と挑発すする。

2人を目の当たりにして笛子は、冬吾に日本一の画家になってもらいたいと思い、「東京へ行こう」と言いだす。

一方、杏子(井川遥)も過去の警察ざたから岡崎では働きにくく、看護の職を求めて東京へ行く。

朝ドラ『純情きらり』第86話のネタバレ

ヤスジとマリが有森家にやってきて森谷頼まれて東京に連れ戻しにきたと告げる。

冬吾は東京には行けないとヤスジたちに言い、彼らをもてなした。

マリは今の冬吾はカッコ悪いと冬吾に言い、桜子はその言葉に怒った。

ヤスジは冬吾の絵を見たが心は動かされなかった。

杏子は笛子に東京に行ってもいいかと尋ねる。

東京で看護師の仕事に誘われたと杏子は言い、東京なら真っ新な気持ちで出直せると話す。

杏子は冬吾がずっと岡崎にいるような人じゃないと笛子に告げる。

笛子は桜子一人を置いて東京にはいけないと話す。

ヤスジは冬吾が東京にいた時の絵を見て心がざわついたと話したが、今の冬吾の絵は屁みたいだと話す。

桜子は何か言い返してよと冬吾に言うが、冬吾は何も言わなかった。

桜子は笛子に東京に行きたくないのは怖いからじゃないかと怒鳴る。

笛子はそこまで言うなら東京に行くと宣言し、冬吾のことを馬鹿にされるのが何よりも嫌だと話す。

冬吾には一流の画家になってほしいと笛子は言い、ヤスジは嬉しさのあまり笛子に抱きつく。

笛子はずっと岡崎にいて源一郎やマサに見守られていたと実感していた。

今日が本当の嫁入りだと笛子は言い、桜子はいつでも帰ってきていいんだよと告げる。

杏子は桜子を残して東京に行くのは気が引けたが桜子は大丈夫だと背中を押す。

桜子は笛子と杏子が東京に行くのを羨ましくないと言ったら嘘になると考えていた。

それでも、月は輝いていて、桜子は月を眺めていた。

朝ドラ『純情きらり』第86話の感想

芸術家は家庭に入るとダメになるのか。

杏子がそんなことを考えてたらとは。

丸く収まってよかったな、桜子は東京に行かないのかな。

笛子と杏子が東京に行くとは思ってもみなかった。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第86話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

2人を目の当たりにして笛子は、冬吾に日本一の画家になってもらいたいと思い、「東京へ行こう」と言いだす。

一方、杏子も過去の警察ざたから岡崎では働きにくく、看護の職を求めて東京へ行く。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする