朝ドラ『純情きらり』75話ネタバレあらすじ 達彦、桜子への思いを打ち明ける

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第75話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

達彦に赤紙が届いたことを知った桜子は、達彦に会い嫁にしてほしいと頼むが、達彦はプロポーズを撤回し、「またいとことの結婚が決まった」とうそをついて…。

朝ドラ『純情きらり』第75話のあらすじ

達彦(福士誠治)に赤紙が届いたことを知った桜子(宮崎あおい)は、達彦に会い嫁にしてほしいと頼むが、達彦はプロポーズを撤回し、「またいとことの結婚が決まった」とうそをつく。

達彦の態度に怒りを覚えるキヨシ(井坂俊哉)に、達彦は「万が一自分が戦死したとき、桜子を味噌(みそ)屋に縛りつけたくない」という本心を語る。

かね(戸田恵子)もまた、そんな達彦を目撃し、桜子を受け入れるべきか母としての選択を迫られる。

朝ドラ『純情きらり』第75話のネタバレ

達彦に赤紙が届き、達彦は唖然とする。

職人たちは達彦におめでとうと言ったが、かねはこれから先どうしたらいいかわからないと呟く。

一方、桜子は達彦に赤紙が届いたことを家族に話して達彦のところに行こうとした。

しかし、笛子が必死に引き止めた。

桜子は少しでも長く達彦といたいと笛子に言い、冬吾は達彦のところに行くことを許した。

かねはこんな時でも達彦に縁談話をして、桜子は山長に来た。  

達彦は桜子と二人で話をしたいとかねにお願いしてかねはムスッとしていた。

桜子は達彦にプロポーズしたが、達彦は又従兄弟と結婚することにしたと彼女に伝える。

山長の跡取りとしてやらなきゃならないことがあると達彦は桜子に言い冷たく突き放した。
 
桜子は深く傷ついて家に帰り一人塞ぎ込む。

笛子はこれでよかったんだと桜子に言い、達彦と結婚するということは味噌屋に縛られることになると話す。

桜子は笛子に達彦がいなくなるかもしれないと言われて途端に怖くなった。

達彦のことが何より大事になり、千人針で達彦への思いを込めて縫うのだった。

達彦は桜子が買ってくれた帽子を見て桜子への想いを募らせていた。

キヨシは桜子の気持ちに応えてあげられないのかと達彦に告げ、達彦は山長の跡取りとして責任があると話す。

キヨシは怒って達彦に殴りかかり、達彦と喧嘩になる。

達彦は桜子と結婚しないために又従兄弟と結婚すると話したとキヨシに言う。

戦地に行くということはまかり間違えば死ぬということ、桜子を未亡人にはしたくないと達彦はキヨシに自分の気持ちを吐露した。

かねは達彦の魂の訴えを聞き、息子のために何ができるのか考えていた。

そんななか、桜子は達彦のために千人針を縫ってくれる人を集めて回っているのだったーー。

朝ドラ『純情きらり』第75話の感想

達彦のところに赤紙が来てしまった。

桜子は我を忘れて達彦のところに会いにいった。

達彦、かねと同じようなことを言ってたけどそれは本心じゃないんだろ。

桜子と達彦はお互いに思い合ってる、この二人は結ばれない運命なのか。

桜子を未亡人にしたくない、本当に好きならそう思うのは当然なのかも。

桜子は達彦の無事を祈っている、かねの行動がじかい気になるところだ!

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第75話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

達彦の態度に怒りを覚えるキヨシに、達彦は「万が一自分が戦死したとき、桜子を味噌屋に縛りつけたくない」という本心を語る。

かねもまた、そんな達彦を目撃し、桜子を受け入れるべきか母としての選択を迫られていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする