朝ドラ『純情きらり』7話ネタバレあらすじ 西園寺公麿と出会う桜子

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

演奏会に行きたいがために、桜子は自分が付け文したとうそをつき、西野先生のもとから逃げ出した。

しかし急いで駆け込んだが、既に演奏会は終了してしまって……。

朝ドラ『純情きらり』第7話のあらすじ

演奏会に行きたいがために、桜子(宮崎あおい)は自分が付け文したとうそをつき、西野先生(キムラ緑子)のもとから逃げ出す。

しかし急いで駆け込んだが、既に演奏会は終了。

客のいない舞台で、桜子は寂しくピアノを弾いてみる。

すると、舞台袖で聞いていた西園寺公麿(長谷川初範)が現れ、思わぬ対面がかなう。

西園寺から東京の音楽学校のことを知った桜子は、家が裕福でないにもかかわらず、家族に音楽学校へ行きたいと告げる。

朝ドラ『純情きらり』第7話のネタバレ

憧れの西園寺の演奏を聴くために恋文を渡した。

嘘をついたお陰で桜子は解放されて急いで西園寺の演奏会に向かう。

会場に到着した時には演奏会は終わっていて、桜子は落ちこながら帰ろうとする。

ピアノを見た桜子はピアノが弾きたくなりピアノの演奏を始める。

その演奏を聴いていた西園寺は桜子の演奏を黙って聴いていた。

西園寺は桜子がオルガンを普段から弾いていることを見抜き下手だねと桜子に告げる。

桜子がレコードの曲を耳で聴いただけで覚えたと聞き西園寺は驚いていた。

演奏会を楽しみにしていて、西園寺に会えてよかったと桜子は西園寺に伝える。

西園寺は名刺を渡し東京に来ることがあったら東京音楽学校に来なさいと告げる。

夢見心地で桜子は家に帰ったが、笛子にこっぴどく怒られる。

桜子は学校で西野先生に新入生歓迎会の伴奏をさせないと言われてショックを受ける。

その話を聞いた薫子は恋文を書いたのは自分だと西野先生に告白して桜子にしか伴奏はできないと話す。

桜子は罰を免れてホッとしたが、かねに呼び出される。

かねは達彦はいずれお見合いをさせて結婚するから悪い虫がつくと困ると言い怒った桜子は東京の音楽学校に行くと宣言した。

しかし、かねは桜子を笑い桜子は西園寺から認められたから大丈夫だと啖呵を切る。

達彦はその話を聞いて驚いていたが桜子はさっさと家に帰る。

家に帰ると磯は桜子のためにお見合い相手を見つけると言ったが、桜子は東京の音楽学校に行かせてほしいと源一郎に頼んだ。

朝ドラ『純情きらり』第7話の感想

桜子は自分が付け文をしたと嘘をついて西野先生のもとから逃げ出した。

後先考えずに嘘を言うのはあまりよろしくないな、それが桜子のいいところでもあるけど♪( ´θ`)ノ

演奏会の会場に急いだが演奏会はすでに終わっていた。

桜子はピアノを見て弾きたくなりピアノを弾くと西園寺が桜子の演奏を聴いていた。

まだ楽譜になっていない曲をレコードで聴いた歩だけで弾いちゃうなんて桜子って天才少女なのか!

家が裕福でないにも関わらず桜子は東京の音楽学校に行きたいと源一郎にお願いした。

ピアノは裕福な家の人しか学べなかったからな…。

桜子の夢が叶うといいけど(`・ω・´)

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

かねは達彦はいずれお見合いをさせて結婚するから悪い虫がつくと困ると言い怒った桜子は東京の音楽学校に行くと宣言する。

しかし、かねは桜子を笑い桜子は西園寺から認められたから大丈夫だと啖呵を切った。

達彦はその話を聞いて驚いていたが桜子はさっさと家に帰っていった。

家に帰ると磯は桜子のためにお見合い相手を見つけると言ったが、桜子は東京の音楽学校に行かせてほしいと源一郎に頼むのだった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする