朝ドラ『純情きらり』58話ネタバレあらすじ 失恋する桜子

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第58話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

桜子は、達彦に抱きしめられ、反射的に身を翻してしまった。

達彦は、桜子との結婚がかなわぬものだと実感して…。

朝ドラ『純情きらり』第58話のあらすじ

桜子(宮崎あおい)は、達彦(福士誠治)に抱きしめられ、反射的に身を翻してしまう。

達彦は、桜子との結婚がかなわぬものだと実感。

一方かね(戸田恵子)は達彦にないしょで見合い話を進める。

笛子(寺島しのぶ)は、家を出て行った冬吾(西島秀俊)が気になり捜すが、意外にも芸者の世話になっているのを見てあきれる。

桜子は、達彦への未練を断ち切るため東京に戻るよう笛子に言われ、さらに達彦の縁談相手を目撃してしまう。

朝ドラ『純情きらり』第58話のネタバレ

達彦は桜子に嫁に来て欲しいと告げて抱きしめたが、桜子は達彦を突き飛ばして店を出る。

家に帰ってきた桜子は落ち込んだ様子で、笛子たちは何かあったと察した。

磯は達彦が冷たくしたと勘違いして文句を言いに行こうとしたら桜子が達彦に結婚を申し込まれたと話す。

もし嫁に来ると言ったら音楽を諦められるかと達彦は尋ねたが、桜子は音楽を諦めきれずに泣いていた。

一方、かねは達彦に内緒で縁談話を進めた。

しかし、達彦はどうでもいいとかねに告げ、かねは勝手に縁談話を進める。

笛子はピアノを趣味にすることはできないのと桜子に尋ねて、桜子は東京でいろんな人に会ったと話す。

好きなことを全力でやる姿勢を冬吾から教わったと桜子は笛子に語る。

笛子は絵を描いている冬吾を見かけて声をかけようとしたら女が現れて酒を持ってきた。

笛子は冬吾のことを通報しておまわりさんは冬吾のところに向かう。

桜子は笛子に冬吾のことをおまわりさんに通報するなんてひどいと文句を言った。

芸術がまるで分かっていないと桜子は笛子に怒っていた。

そろそろ東京に帰ってはどうかと笛子は桜子に言い、達彦と例え一緒になったとしてもかねにいびり出されて終わりだと言い放つ。

達彦はかねが勝手にセッティングしたお見合い相手に会うことになっていた。

桜子は明後日東京に帰ると笛子に伝えて、徳治郎と磯に伝えにいった。

達彦は聡美という女性と会い桜子は達彦と聡美が一緒にいるところを見てショックを受ける。

家に帰ったら桜子は笛子を部屋から追い出して部屋でぼう然としていた。

朝ドラ『純情きらり』第58話の感想

達彦のプロポーズはもちろん嬉しいけど、それと音楽を諦めることは別じゃないか…。

冬吾は相変わらず自由人だな、笛子は怒ってる!

笛子は本当に石頭だな…。

笛子と桜子はまた喧嘩してるのか、姉妹同士でも分かり合えないのか。

達彦が女性と一緒にいるところを見てしまって桜子は愕然とした。

失恋した傷は癒えることがない、誰かと一緒にならないと。

桜子は立ち直れるのか!

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第58話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

笛子は、家を出て行った冬吾が気になり捜すが、意外にも芸者の世話になっているのを見てあきれる。

桜子は、達彦への未練を断ち切るため東京に戻るよう笛子に言われ、さらに達彦の縁談相手を目撃してしまった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする