朝ドラ『純情きらり』57話ネタバレあらすじ 達彦、桜子に別れを告げる

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第57話ネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

桜子は、野宿の末に風邪で熱を出した冬吾を見つけ、家に連れて帰った。

さすがの笛子も病人を放ってはおけず、冬吾の世話を焼いて…。

朝ドラ『純情きらり』第57話のあらすじ

桜子(宮崎あおい)は、野宿の末に風邪で熱を出した冬吾(西島秀俊)を見つけ、家に連れて帰った。

さすがの笛子(寺島しのぶ)も病人を放ってはおけず、冬吾の世話を焼いた。

冬吾はそんな笛子の魅力を口にするが、ささいなことで再び衝突し、またも家を出て行く。

一方、達彦(福士誠治)はかね(戸田恵子)から桜子と別れるよう言われ、悩みを深める。

桜子は、達彦から「音楽をあきらめて嫁にくることはありえないか」と問われる。

朝ドラ『純情きらり』第57話のネタバレ

桜子はおめかしをして、杏子は先のことなんて誰にも分からないと桜子に言い達彦に会いたいと思うならその気持ちを大事にするべきだと話す。

喫茶店にやってきた桜子だったが、達彦はまだ来ていなかった。

桜子はピアノを弾き始めて、達彦は桜子がピアノを弾く姿を外から眺めていた。

結び文を見に行ったが、結び文はなくて桜子が帰ろうとすると冬吾が現れた。

冬吾は風邪をひいている様子で桜子は家に連れて行く。

冬吾は布団で寝かせてもらい夕方まで寝ていた。 

笛子の作ったお粥を食べて冬吾は笛子に料理がうまいと褒めた。  

笛子が働くのが好きだと冬吾は笛子に言って笛子は変な絵だけは描かないでくださいと告げる。

笛子が冬吾の寝ている部屋に行くと冬吾が書き置きを残して出ていった。

桜子は笛子がまた冬吾を追い出したのではないかと怒っていた。

神社の境内を覗いたが冬吾はいなかった…。 

達彦は店のことで忙しく、ピアノを見て桜子との日々を思い出す。

桜子のことは忘れなさいとかねは達彦に言い達彦は桜子の悪口はやめてくれと怒る。

桜子は達彦と喫茶マルセイユで待ち合わせをして、夜に達彦と会った。

達彦の前で音楽の話をして、桜子は店のことを達彦に尋ねる。

店を継ぐことは自分で決めたからそれでいいと達彦は桜子に言い、俺が嫁に来てほしいと言ったら音楽を諦めるのかと問いかける。

達彦は桜子に別れを告げて、最後に桜子を強く抱きしめた。

桜子は店を出ていき、達彦との別れを実感していたーー。

朝ドラ『純情きらり』第57話の感想

桜子と達彦はこの先どうなっていくんだろ。

笛子は仕方なく冬吾の看病をして、冬吾は大人しくしていた。

冬吾と笛子のいざこざもなんとかなったか。

達彦はやっぱり桜子とピアノのことが捨て切れないのか…。

達彦は桜子に嫁に来て欲しいと告げるが桜子は音楽家になる夢を捨てきれず達彦のことを拒んだ。

達彦と桜子はこれで最後になるのか!?

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第57話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

冬吾は笛子の魅力を口にするが、ささいなことで再び衝突し、またも家を出て行く。

一方、達彦はかねから桜子と別れるよう言われ、悩みを深めた。

桜子は、達彦から「音楽をあきらめて嫁にくることはありえないか」と問われる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする