朝ドラ『純情きらり』55話ネタバレあらすじ 達彦、店を継ぐ!

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第55話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

達彦が山長を継ぐために音楽学校を辞めると言いだし、はショックを受ける。

そんな折、東京に住んでいた杉冬吾が突然、有森家に現れ、何か食べさせてくれと頼んで…。

朝ドラ『純情きらり』第55話のあらすじ

達彦(福士誠治)が山長を継ぐために音楽学校を辞めると言いだし、桜子(宮崎あおい)はショックを受ける。

そんな折、東京に住んでいた杉冬吾(西島秀俊)が突然、有森家に現れ、何か食べさせてくれと頼んだ。

笛子(寺島しのぶ)はその非常識な態度に腹を立て、冬吾を追い返す。

おおっぴらに会いづらくなった桜子と達彦だが、このまま終わりにはしたくないと、神社の木で結び文を交わす約束をする。

そんな2人の前に冬吾が現れて…。

朝ドラ『純情きらり』第55話のネタバレ

達彦はある決意を胸に桜子のもとを訪ねる。

達彦は店を継ぐことを決意したと桜子に言い、音楽学校は諦めると告げる。

拓司が亡くなってすべてが変わり、かねも頼りにならず店もピンチの時に音楽は続けられないと話した。

達彦は職人みんなを集めて父の意志を継ぐと宣言した。

山長の当主として店を束ねていくと達彦はみんなに告げる。

かねは喜んで職人たちもこれで店は安泰だと叫ぶ。

かねは自分を残して東京に戻ったらどうしようかと考えていたと達彦に話す。

これでもう桜子とは縁を切れるとかねは喜び、達彦は切ない表情を浮かべていた。

一方、有森家に冬吾が訪ねてきて笛子に声をかけた。

冬吾は桜子に会いにきて腹が減っていると話した。

笛子は冬吾のことが信用できないと言って家から追い出した。

キヨシは達彦に感謝を伝えて桜子のことを尋ねる。

桜子のことは諦めるのかとキヨシは達彦に聞き、桜子のことは俺の好きにさせていいですよねと確認した。

桜子は達彦が店を継ぐことを決意したと笛子たちに話して、達彦との東京での暮らしを思い出していた。

桜子が神社で草笛を吹いていると達彦が現れた。

拓司のノートを渡されて生きている時は仕事の話をしなかったのにノートを見ると拓司に話しかけられているようだと達彦は話す。

人から無理強いされたからじゃなく自分で決めたと達彦は桜子に告げる。

達彦は桜子とこのまま終わりたくないと言い桜子も達彦とはこのまま別れたくないと話した。

桜子は結び文を提案して、冬吾が二人の前に現れる。

「仲良くていいな」と冬吾は二人に言い、桜子はふてくされていた。

朝ドラ『純情きらり』第55話の感想

達彦は店を継ぐ決意をしたか、かねもさぞ喜んでいることだろう。

桜子は寂しそうだったけど、仕方ないな。

有森家になぜか冬吾がやってきた、一体何しに来たんだ…。

達彦は桜子のことが諦めきれず、神社にいる桜子に声をかけた。

二人はこのまま付き合うのかな、駆け落ちでもするのか。

冬吾が桜子と達彦に声をかけた。

冬吾は次回、桜子の家に転がり込むのか!

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第55話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

笛子はその非常識な態度に腹を立て、冬吾を追い返した。

おおっぴらに会いづらくなった桜子と達彦だが、このまま終わりにはしたくないと、神社の木で結び文を交わす約束をする。

そんな2人の前に冬吾が現れた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする