朝ドラ『純情きらり』49話ネタバレあらすじ 桜子がかねに見つかる!

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第49話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

突然かねがマロニエ荘を訪れて達彦は大慌てだった。

桜子と一緒のアパートに住んでいることを何とか隠して…。

朝ドラ『純情きらり』第49話のあらすじ

突然かね(戸田恵子)がマロニエ荘を訪れて達彦(福士誠治)は大慌てだった。

桜子(宮崎あおい)と一緒のアパートに住んでいることを何とか隠した。

達彦とともに西園寺邸を訪ねたかねは、ドイツへの演奏旅行の話を聞くが、「山長の若だんなとなる身には必要ない」と断ってしまう。

マロニエ荘が由緒あるアパートだとうそをついていた達彦のために、住人たちは何とか取り繕おうとするが、ついに桜子も住んでいることが、かねにばれてしまう…。

朝ドラ『純情きらり』第49話のネタバレ

達彦はかねがマロニエ荘にやってきて慌てていた。

かねは達彦を呼んでいて、なぜかねがマロニエ荘を訪ねてきたのか数日前に遡る…。

かねは磯から達彦がマロニエ荘に住んでいることを聞き達彦の手紙を読んで確認した。

達彦は手紙に嘘を書いたことをみんなに話してなんとかごまかそうとした。

八重はかねにマロニエ荘じゃないと嘘を言って追い出そうとした。

かねに見つかった達彦はこれから公麿のところに行くと聞いて味噌を持ってきた。

松岡が味噌を持っていき、公麿はかねにドイツ留学のことを話した。

公麿がドイツ旅行にいき達彦に同行を任せたとかねに話すが、かねは将来跡取りになるからドイツ旅行には行けないときっぱり断った。

達彦は食堂に行ってかねに見つからないように帰ってきてほしいと桜子に頼んだ。

かねは歌舞伎を観に行き、達彦はかねを外で待たせた。

八洲治がデッサン会を開いていて達彦はすぐにやめるように言う。

八洲治はスーツを着てマロニエ荘の主人だとかねに話した。

八洲治に案内されてかねは中に入りハツ美が達彦のために夕食を持ってきた。

ハツ美はこれから末長くよろしくお願いしますとかねに頭を下げた。

達彦はハツ美を外に追い出そうとして聞き耳を立てていた桜子が倒れる。

とうとう桜子は宿敵のかねに見つかってしまった…,

朝ドラ『純情きらり』第49話の感想

かねがやってきて達彦は大変だな、どうなっちゃうのかしら。

あの西園寺公麿にも容赦ない物言い、さすがだな。

達彦はかねをごまかすことで必死だな。

八洲治スーツ似合ってない。

ハツ美はかねがやってきて張り切ってるな。

ハツ美が暴走するたびに達彦が慌てる姿が面白いww

桜子がかねに見つかっちゃった、これからどうなるんだ桜子!

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第49話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

達彦とともに西園寺邸を訪ねたかねは、ドイツへの演奏旅行の話を聞くが、「山長の若だんなとなる身には必要ない」と断ってしまった。

マロニエ荘が由緒あるアパートだとうそをついていた達彦のために、住人たちは何とか取り繕おうとするが、ついに桜子も住んでいることが、かねにばれてしまう。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする