朝ドラ『純情きらり』23話ネタバレあらすじ 杏子を家に連れて帰る桜子

宮部あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第23話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

笛子は斉藤から、意中の人は桜子だと聞かされショックを受けていた。

一方桜子は、謡の会で河原家と同席した達彦から、杏子が河原に手をあげられていたことを聞いて…。

朝ドラ『純情きらり』第23話のあらすじ

笛子(寺島しのぶ)は斉藤(劇団ひとり)から、意中の人は桜子(宮崎あおい)だと聞かされショックを受ける。

一方桜子は、謡(うた)の会で河原家と同席した達彦(福士誠治)から、杏子(井川遥)が河原(池田鉄洋)に手をあげられていたことを聞き、急いで河原家に向かう。

そこで杏子のあざを見た桜子は、書き置きを残して強引に杏子を有森家に連れて帰る。

いきなりの出来事に笛子たちは困惑する。

そこに、河原がやって来て…。

朝ドラ『純情きらり』第23話のネタバレ

斉藤は笛子に声をかけて週末に話したいことがあるとカフェに誘う。

磯に相談したら斉藤がプロポーズするのではと笛子に言い笛子は喜んでいた。

笛子はおめかしをして斉藤と出かけていき、桜子の心はざわついていた。

達彦に会った桜子はの謡の会で河原家に行った時に杏子が河原に殴られているのを見たと聞かされる。

帰ろうとして一度は家に向きかけていた足が駅の方に向かった。

杏子に会わなければいけないと桜子は使命感に燃えていた。

一方、喫茶店で斉藤は笛子に徳治郎から話があって笛子を配偶者としてどうかと聞かれたと話す。

徳治郎の問いに斉藤は笛子がいい方だと答えて笛子に本当にいい人だと言おうとして笛子が制止する。

斉藤は桜子のことが好きだと笛子に告白してまっすぐでやることに躊躇いがなく素敵な女性だと話す。

そんななか、桜子は河原家にやってきて杏子が掃除する姿を目撃する。

桜子は河原に乱暴されてるのではないかと杏子に言うが杏子はなんでもないと答える。

杏子の手拭いを取ると杏子の頬に痣があり桜子は帰ろうと杏子を説得した。

桜子は杏子と一緒に家に帰ってきて河原に乱暴されていたことを話す。

しかし、笛子はちょっと家事が大変だからと言って根を上げて帰ってくるのはいけないと叱る。

杏子は桜子の学費の為に河原に殴られるのは仕方ないと話す。

その話を聞いた桜子は杏子を踏み台にするくらいなら音楽学校は諦めた方がマシだと笛子に告げる。

その時、河原が家に来て玄関の戸を叩いていた。

この夜は杏子にとっても桜子にとっても運命の夜になるのだったーー。

朝ドラ『純情きらり』第23話の感想

磯の拡大解釈が止まらないww

笛子は斉藤と喫茶店にやってきて斉藤から意中の人は桜子だと言われてショックを受ける。

好きな人から妹のことを好きだと言われたら驚くし、姉としては落ち込むだろうな…。

一方、桜子は達彦から謡の会で河原家と同席して河原が杏子に手をあげていたことを聞かされる。

急いで河原家に来た桜子は杏子の顔にアザがあるのを見て家に連れれ帰った。

いつまでも河原家にいたら杏子の身がもたない!

いきなり杏子が家に帰ってきて有森家のみんなは困惑する。

笛子は相変わらず厳しいな、河原が杏子に手を挙げていても叱るなんて…。

杏子を踏み台にするくらいなら音楽学校に行かない方がマシ、杏子のことが本当に大事なんだと伝わってきた💗

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第23話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

杏子のあざを見た桜子は、書き置きを残して強引に杏子を有森家に連れて帰る。

いきなりの出来事に笛子たちは困惑。そこに、河原がやって来る。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする