朝ドラ『純情きらり』22話ネタバレあらすじ 笛子と斉藤急接近!

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第22話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

徳治郎は桜子に斉藤との仲について詰問する。

ところが、磯は「年齢的に笛子の方がお似合いだ」と言いだして…。

朝ドラ『純情きらり』第22話のあらすじ

徳治郎(八名信夫)は桜子(宮崎あおい)に斉藤(劇団ひとり)との仲について詰問するが、磯(室井滋)は「年齢的に笛子(寺島しのぶ)の方がお似合いだ」と言いだす。

斉藤は、桜子の機嫌がよくないのでプレゼントを買ってやろうとするが、店で磯とばったり会い、贈る相手は笛子だと早合点される。

さらに斉藤は、徳治郎から「笛子をよろしく頼む」と言われ、ある日とうとう「大事な話がある」と笛子をカフェ・マルセイユに誘う。

朝ドラ『純情きらり』第22話のネタバレ

徳治郎は斉藤に対して怒っていて、桜子と斉藤が恋仲ではないかと疑う。

磯は斉藤が笛子の相手に相応しいのではないかと徳治郎に話す。

この機会を逃したら次はいつ来るかわからないと磯。

斉藤が家に帰ってきて徳治郎は斉藤を睨みながら帰っていく。

斉藤はドイツ語の辞書があったら貸してほしいと笛子に言い笛子は磯から渡された音楽会の切符を渡しにいく。

源一郎の持っていた鉱物に興味を示して鉱物を眺めていた。

どうせ子供だと桜子は庭で猫を触りながらふてくされていた。

笛子の剣道初段を取ったお祝いに斉藤は何かお祝いの品を買うと話す。

桜子は悶々としてピアノを弾いて斉藤が桜子に声をかけるが桜子はピアノを弾き続ける。

桜子が自分に怒っているのではないかと勇太郎に相談して桜子に何か買ってあげたほうがいいと提案した。

斉藤は桜子の為に帽子を買おうとしたがその時に磯がやってきて笛子にあげるプレゼントだと勘違いする。

桜子は源一郎の話を笛子にして、笛子は父親がわりになる為に剣道を習って気が張り詰めていたけど斉藤が家に来て少しは気が楽になったと話す。

その時、斉藤が笛子に帽子を渡して桜子は笛子に帽子を被らせる。

桜子は自分の気持ちに必死にふたをしようとしていた。

徳治郎と斉藤が家で囲碁をしていると徳治郎は笛子のことをどう思っているのか聞く。

斉藤が笛子のことをいい人だと言うと、徳治郎は笛子をよろしくお願いしますと言い酒を飲もうと話す。

斉藤は驚き、笛子に話したいことがあると告げる。

有森家の女性たちにまた一つ別れ道がやってきたーー。

朝ドラ『純情きらり』第22話の感想

徳治郎は桜子と斉藤との仲について詰問するが磯は斉藤にふさわしいのは笛子の方ではないかと話す。

やっぱり桜子が子供だからダメだってことか、徳治郎も厳しい!

笛子が斉藤のことを好きなのに気づいて桜子は斉藤に笛子を譲ったが悶々とした。

機嫌の悪い桜子に斉藤はプレゼントを買って喜ばせようとするけど磯が笛子のプレゼントだと勘違いする。

磯がまた斉藤と桜子の仲をかき乱してる、空回りしてるなo(`ω´ )o

徳治郎が斉藤に笛子のことをどう思ってるのか尋ねて斉藤が笛子のことをいい人だというと徳治郎は斉藤と酒を酌み交わす。

磯と徳治郎はどっちも早合点する性格なのか、斉藤は2人の勇み足についていけてない感じがする…。

斉藤は笛子をカフェ・マルセイユに誘った。

斉藤は笛子に大事な話があるって言ってたけど一体何なんだろう。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第22話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

斉藤は、桜子の機嫌がよくないのでプレゼントを買ってやろうとするが、店で磯とばったり会い、贈る相手は笛子だと早合点されてしまう。

さらに斉藤は、徳治郎から「笛子をよろしく頼む」と言われ、ある日とうとう「大事な話がある」と笛子をカフェ・マルセイユに誘った。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする