朝ドラ『純情きらり』第148話ネタバレあらすじ 亨が行方不明

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第148話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

桜子が亨を見つけて、笛子たちは安心するが、亨の先行きに懸念が残る。

朝ドラ『純情きらり』第148話のあらすじ

桜子(宮崎あおい)が亨(澁谷武尊)を見つけて、笛子(寺島しのぶ)たちは安心するが、亨の先行きに懸念が残る。

そんな亨はある日、有森家のピアノで桜子が聞かせた曲をつたなくも弾き、冬吾(西島秀俊)たちに音楽の才能があることを示す。

また、桜子と一緒に行った喫茶店で、亨はマスターのヒロ(ブラザートム)からハーモニカをもらい、練習してうまくなる。

桜子も演奏会に向けて練習に励むが、体に疲労を感じ始める。

朝ドラ『純情きらり』第148話のネタバレ

笛子は山長にやってきて亨がいないと桜子に言う。

冬吾も亨を探し、桜子は亨が落とした花を見つける。

その頃、亨は階段を降りていて桜子が見つけ抱きしめる。

笛子は何で一人で外に出たと亨を叱る。

亨は桜子のもとに行こうとしていたと笛子に話す。

冬吾は今から一人で歩く練習をしておいた方がいいなと亨に話す。

桜子も一緒に手伝うと笛子に言うが、笛子は不安そうな顔をした。

桜子は亨にピアノの音色を聴かせて、亨が眠ったのを見て嬉しそうな顔を見せる。

達彦はいずれ桜子との子供がほしいと桜子に話す。

笛子はつい亨のことを心配しすぎてしまうと桜子に話す。

その時、ピアノの音色が聴こえてきて亨がピアノを弾いていた。

亨は桜子の奏でる演奏を覚えていてピアノが弾けるようになっていた。

亨の演奏を聴いて笛子は今にも泣き出しそうだった。

冬吾は亨が音を聴くのは得意だと笛子に話す。

亨は喫茶マルセイユのピアノを楽しそうに弾き、ヒロは亨の演奏に合わせてハーモニカを吹いた。

ヒロは亨にハーモニカをプレゼントして、ヒロは父親が声楽科の講師をしていたと話す。

ヒロはハーモニカを吹くたびに親父を思い出すと桜子に話した。

亨は来る日も来る日もハーモニカを演奏した。

亨は子供たちにハーモニカの演奏を披露していた。

桜子は元教え子の手紙を楽しそうに読んだ。

達彦は教え子たちに招待状を送ってへどうかと提案した。

桜子は頭を抱えていて、それがただの疲れではないことに気づくのに少し時間がかかる。

桜子は夢でマサに会い、達彦の手を握った。

幸せな日々の中、桜子の体に変化が起きようとしていた。

朝ドラ『純情きらり』第148話の感想

亨は桜子に会いに行こうとしていたのか。

桜子と達彦の子供はいつできるのかな。

亨は桜子と同じ音楽家の才能がありそう。

亨はハーモニカを吹く時楽しそうにしている。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第148話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

桜子と一緒に行った喫茶店で、亨はマスターのヒロからハーモニカをもらい、練習してうまくなる。

桜子も演奏会に向けて練習に励むが、体に疲労を感じ始める。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする