朝ドラ『純情きらり』第142話ネタバレあらすじ 達彦が大事な桜子

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第142話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

ステージで桜子は、秋山から聴衆へのスピーチを求められ、婚約者が戦争から帰ってきたことの歓びと「埴生の宿」の演奏を披露。

朝ドラ『純情きらり』第142話のあらすじ

ステージで桜子(宮崎あおい)は、秋山(半海一晃)から聴衆へのスピーチを求められ、婚約者が戦争から帰ってきたことの歓(よろこ)びと「埴生の宿」の演奏を披露。

米兵たちに感動を与える。

演奏会終了後、秋山たちが桜子を本格的に迎え入れようとするのを見た達彦(福士誠治)は、桜子に東京に進出することを勧める。

しかし桜子は、「自分がここまで音楽を続けて来られたのは達彦さんがそばにいてくれたから」と心情を吐露する。

朝ドラ『純情きらり』第142話のネタバレ

桜子は秋山に頼まれて進駐軍のクラブで演奏することになった。

達彦は桜子との思い出を思い出して涙を流した。

会場は拍手に包まれて桜子が一言話すことになった。

桜子は達彦が戦地に行った話をした。

諦めかけたその時、達彦ぎ帰ってきたと話す。
 
皆さんの帰りを待つすべての人に送ると桜子は告げる。
 
「埴生の宿」の演奏を披露する桜子。

アメリカ兵は桜子の演奏に感動していた。

秋山はやっぱり東京に行った方がいいと桜子に告げる。

達彦は遠くからその話を聞いていた。

桜子は達彦を探したが帰っていった。

ヒロは達彦が東京に行けと言っていたの桜子に伝える。

桜子は達彦のもとへと走り出した。

桜子は達彦を呼び止めて、達彦は東京に行けと桜子に告げる。

達彦は桜子のために何ができるのか考えて桜子のやりたいことを見守ると決意した。

しかし、桜子は達彦がここにいるから東京には行かないと達彦に話す。

桜子は達彦がなによりも大事だと達彦に伝える。

そう思っていてはダメかと桜子は達彦に問いかける。

達彦は桜子を抱きしめてお互いの愛を確かめ合った。

桜子は達彦がここにいる幸せを噛み締めていた。

杏子は桜子の出席した演奏会がうまくいって喜んでいた。

冬吾は山長で朝食を食べていた。

達彦はこれから桜子の家に行ってくると冬吾に伝える。

達彦は有森家にやってきて、桜子と達彦がようやく向き合える日がやってきた。

朝ドラ『純情きらり』第142話の感想

達彦が姿を現して桜子の演奏を聴いた。

桜子と達彦の心が繋がった瞬間だ。

桜子は人の心を動かす力がある。

達彦は桜子の幸せのために東京へ行けと桜子に話す。

でも、桜子は達彦が一番大事だと達彦に告げる。

達彦は桜子に何を話すつもりなのかな。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第142話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

米兵たちに感動を与える。

演奏会終了後、秋山たちが桜子を本格的に迎え入れようとするのを見た達彦は、桜子に東京に進出することを勧める。

しかし桜子は、「自分がここまで音楽を続けて来られたのは達彦さんがそばにいてくれたから」と心情を吐露する。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする