朝ドラ『純情きらり』第136話ネタバレあらすじ 達彦が変わって驚く桜子

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第136話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

皆の喜びとは裏腹に、達彦は一人きりで過ごすことを望み、店のことにも顔を出そうとしない。

桜子は仙吉に気にしないよう言われるが、達彦の異変にとまどってしまう。

朝ドラ『純情きらり』第136話のあらすじ

皆の喜びとは裏腹に、達彦(福士誠治)は一人きりで過ごすことを望み、店のことにも顔を出そうとしない。

桜子(宮崎あおい)は仙吉(塩見三省)に気にしないよう言われるが、達彦の異変にとまどってしまう。

そんな折、「山長」で当主の披露目の会が催され、桜子も若おかみとして招待される。

ところが、その会に達彦は現れず、皆が探す中、桜子は外で悄然とたたずむ達彦を発見。達彦の心を覆う戦争の影に気づく。

朝ドラ『純情きらり』第136話のネタバレ

桜子は達彦と再会し、達彦に抱きつき涙を流した。

達彦は驚いた顔をしてそっと桜子を離した。

仙吉と野木山も達彦を見つけて涙を大喜びした。

達彦は桜子からかねが一年前に亡くなったことを聞かされて愕然とした。

達彦はかねの遺影を眺めて、仙吉は桜子がかねを懸命に介抱したと話す。

達彦は仙吉に一人にさせてくれとお願いした。

桜子は家に帰り、達彦はタネ夫婦に店のために尽力してくれて感謝すると言う。

仙吉は達彦が当主の座に座るのが一番だとタネに話す。

タネもそれに依存はなかった。

達彦はぼう然とそとに飛び出していった。   

杏子は達彦が帰ったと聞いて大喜びした。

桜子は達彦がえらく遠くに見えたと杏子に話す。

達彦は倉庫で戦争での惨劇が頭に浮かび動揺する。

達彦は誰とも話したがらなかった。

桜子は店を訪れたが、達彦は会う気がなかった。

徳治郎も達彦の帰りを喜んだが、桜子は達彦に会えなかったと告げる。

当主のお披露目会が催されて、野木山が達彦を呼びに行ったがいなかった。

桜子も仙吉たちと一緒に達彦を探しに行く。

桜子は神社にいる達彦を見つけて話しかけた。

桜子はかねが達彦の帰りを待っていたと達彦に話す。

達彦の帰ってくる姿をかねにも見てもらいたかったと桜子は言うが、達彦は自分とのことは全て忘れてくれと桜子に告げる。
 
桜子は達彦の思わぬ言葉にショックを受けるのだったーー。
 

朝ドラ『純情きらり』第136話の感想

達彦はかねが亡くなったと聞いてショックを受けている。 

タネはやけにあっさり引き下がったな。

杏子は達彦の帰りを大喜びしていた。

達彦はよほど戦地で酷い目にあったんだな。 

達彦はぼう然と座っているだけで野木山は桜子が来ていると話すが、留守だと言ってくれと野木山に告げる。

仙吉は桜子に明日もう一度くるようにお願いした。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第136話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

「山長」で当主の披露目の会が催され、桜子も若おかみとして招待される。

ところが、その会に達彦は現れず、皆が探す中、桜子は外で悄然とたたずむ達彦を発見。達彦の心を覆う戦争の影に気づく。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする