朝ドラ『純情きらり』第134話ネタバレあらすじ 桜子、ジャズを演奏する

宮崎あおい主演の朝ドラ『純情きらり』第134話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

東京から笛子が訪れ、桜子たちはその派手な生活ぶりに驚く。

戦後、冬吾の絵の評価が高まり、飛ぶように売れていると言う。

朝ドラ『純情きらり』第134話のあらすじ

 

東京から笛子(寺島しのぶ)が訪れ、桜子(宮崎あおい)たちはその派手な生活ぶりに驚く。

戦後、冬吾の絵の評価が高まり、飛ぶように売れていると言う。

桜子の返事を聞きに秋山(半海一晃)が訪ねてくるが、桜子は「子どもたちに音楽を教える喜びを捨てられない」と秋山の誘いを断る。

秋山は桜子の気持を理解するが、名古屋の1ステージだけ代わりがいないので、その日のピンチヒッターを頼むと言い、桜子は応諾する。

朝ドラ『純情きらり』第134話のネタバレ

秋山はバンドでピアノを演奏しないかと桜子を誘った。

秋山は桜子の才能を買って誘った。

秋山は東京に音楽の花を咲かせると意気込んだ。

桜子は教室で子供たちにジャズを教えた。

その日の夜、笛子が有森家に帰ってきた。

笛子は肉を買ってきて桜子たちは喜んだ。

笛子はこれからも恩返しをすると桜子に話す。
 
笛子は冬吾の絵が売れてよかったと大喜びした。

笛子は桜子がジャズバンドに誘われたと聞き賛成した。

桜子は笛子が変わったと杏子に話し、杏子は苦労したことがようやく報われて喜んでいると杏子は告げる。

良太は桜子に東京に帰ることになったと報告した。

良太は母親が亡くなって親戚の家に行くことになったと報告した。

良太は最後にジャズを聴きたいと桜子にお願いして、桜子はピアノでジャズを演奏した。

良太は桜子の演奏するジャズを聴いて涙を流した。

桜子は考えさせてほしいと秋山に話す。

代用教員の仕事が自分の生きがいだと話した桜子。

桜子は子供の前でジャズを演奏することが自分のしたいことだと話す。

秋山は一回だけステージでピアノを弾いてほしいとお願いする。

秋山はメンバーを連れてきて、メンバーは桜子のことを馬鹿にした。

秋山は桜子をピアノの前に座らせる。  

桜子と秋山は「セントルイスブルース」を演奏した。

桜子は楽しそうにピアノを演奏した。

そんななか、喫茶店の前に一人の男が立っていた。

朝ドラ『純情きらり』第134話の感想

桜子は秋山にバンドで演奏しないかと誘われた。

桜子が好きなことができて何より。

笛子は考え方がまるで変わってて驚いた。 

女だからって桜子のことをバカにするメンバー。

達彦が喫茶店の前にいるけど、桜子は知るよしもない。

まとめ

朝ドラ『純情きらり』第134話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

桜子の返事を聞きに秋山が訪ねてくるが、桜子は「子どもたちに音楽を教える喜びを捨てられない」と秋山の誘いを断る。

秋山は桜子の気持を理解するが、名古屋の1ステージだけ代わりがいないので、その日のピンチヒッターを頼むと言い、桜子は応諾する。

まだご覧になっていない方はぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする