ドラマ『半沢直樹(2020)』9話ネタバレあらすじ 箕部の不正を暴けるか!

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』第9話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

半沢は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとする。

だが、亡くなった牧野元副頭取が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされて…。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第9話のあらすじ

半沢(堺雅人)は、合併前の旧東京第一銀行が箕部幹事長(柄本明)に貸し出した20億円もの融資の実態を探ろうとするが、亡くなった牧野元副頭取(山本亨)が不正な金を受け取っていた証拠を突きつけられ、手を引くことを余儀なくされる。

同じように箕部を追っていた金融庁の黒崎(片岡愛之助)にも箕部の魔の手が伸び、再び国税庁に異動させられてしまう。

黒崎が最後に残した「伊勢志摩ステート」というヒントを手がかりに、半沢は伊勢志摩へと飛ぶ。

空港で彼を待っていた人物とは…。

伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。

半沢の疑惑は確信へと変わっていき…。

半沢は伊勢志摩ステートに隠された秘密を暴き出し、倍返しすることはできるのか…!?

(出典: 『半沢直樹』第9話あらすじ)

ドラマ『半沢直樹(2020)』第9話のネタバレ

10年前、牧野の葬儀で智美は葬儀場に残った中野渡に声をかける。

智美は事務処理が済んだら銀行を辞めると中野渡に話し、中野渡は彼女にあることを頼んだ。

現在に戻り、半沢は森山に会った。

前日、半沢は瀬名と森山に会い政府とどうやって闘うかと質問される。

大和田は紀本にファイルを返して、半沢は黒崎が手がかりを残した伊勢島ステートを訪れようとしていた。
 
半沢は森山を守りきれないと思い一度は断ったが結局森山は半沢に協力することになった。

伊勢志摩ステートの野川社長と箕部の秘書・笠松が密会していた。

半沢と森山は伊勢志摩ステートのことを調べていて乃原のことを渡真利に調べさせた。

伊勢志摩ステートの決算報告書を調べる半沢。

それによると、箕部が伊勢志摩ステートに20億を融資した証拠があった。

箕部は甥の野川に転貸しているのではないかと疑う。

その時、笠松が現れて半沢と森山は慌てて逃げ出す。

半沢と森山は箕部が20億を融資して建設した伊勢志摩空港に来ていた。

的場総理は白井にまだ債権放棄させられないのかと責められていて、箕部は白井に代わって土下座した。

半沢は箕部が不正融資して空港を建てて見事伊勢志摩ステートは業績を回復して箕部にも多額の金が入る。

必ず不正の証拠があると半沢は確信していた。

半沢は荻窪西支店の段ボールに不正融資の証拠があるはずと思い倉庫に行ったが段ボールはなかった。
 
半沢は受付で防犯カメラの映像を確認した。

そこには灰谷が慌てた様子で段ボールがないと騒いでいた。

半沢は荻窪西支店の段ボールを大和田が隠したのではないかと考えた。

半沢はクレジットファイルに何が書いてあったのか聞いて大和田はシラを切る。

半沢は大和田とのツーショット写真を撮ってこれを紀本に送ると脅した。

大和田は箕部が不正融資した証拠をみせた。

その時、紀本から電話が入り白井が帝国航空のことで訪ねてくると聞かされる。

白井が東京中央銀行にやってきて中野渡に帝国航空の債権放棄をして欲しいと話した。

乃原は箕部の前で銀行の考えを話すように中野渡に告げる。

旧東京第一銀行のことを二人きりで話したいと乃原は中野渡に伝える。

渡真利の調べによると乃原は紀本の後輩だとわかり、乃原の父親の工場が倒産して金を貸さなかった銀行員は紀本の父親だった。

そのことで乃原は銀行のことを逆恨みしていた、中野渡を脅迫して債権放棄を認めさせようとしていると半沢は話す。

半沢はすべてを明るみに出して世間に謝罪するしか助かる道はないと渡真利たちに話す。

クレジットファイルに挟んであったメモを時系列順に並べた。

半沢はこのメモが箕部の不正の証拠だと調べ上げて箕部と棺の会のメンバーに多額の金が渡っていた。

このメモを書いたのが灰谷だと気づき、渡真利たちに灰谷と段ボールの行方を調べさせる。

渡真利は灰谷のメモ帳を確認して、乃原は中野渡とレストランで会った。

半沢は富岡を尾行して、富岡が荻窪西支店の段ボールを隠していたことを突き止める。

半沢は智美から富岡のことを尋ねて、富岡がやけに中野渡のことに詳しいことに疑問を持っていた。

智美は中野渡から牧野元副頭取の死の真相を調べるように頼まれる。

智美は富岡に調査を依頼して富岡は半沢たちに隠れて調査をしていた。

富岡は東京第一銀行の不正を調べ上げたが、肝心の箕部の不正の証拠がなかった。

その時、隠し部屋にきもとが現れて重大な規約違反だと告げる。

半沢は箕部の不正融資に加担することの方が重大な規約違反だと言い、目の前に黒崎が現れる。

黒崎はメモを書いたのが灰谷だと突き止めて灰谷に詰問する。

黒崎は灰谷を尋問して紀本の指示でやったことだと白状した。

黒崎は紀本が賄賂を受け取った証拠を調べ紀本に見せつける。

紀本は箕部の命令でしたことだと白状して牧野元副頭取だけが不正融資に反対した。

箕部は牧野が不正の犯人であるように仕立て上げて牧野はその罪をすべて被って自殺した。

半沢は紀本たち旧東京第一銀行の人間が牧野を殺したと叫ぶ。

紀本は箕部の不正融資の証拠は最初から別の場所に保管してあると話し金庫に向かう。

しかし、そこには証拠がなく大和田が盗んだのではないかと突き止める。

半沢が大和田のもとに行くとレストランには中野渡と箕部がいた。

大和田は中野渡の指示で箕部の不正融資の証拠を箕部自身に渡したのだ。

中野渡は箕部の不正を知った上で証拠を箕部に渡した。

半沢は証拠を公表して世間から信頼をとりもどすことが重要だと中野渡に訴えるが、中野渡は帝国航空の担当から半沢を外した。

箕部は土下座をするよう半沢に強要して大和田が無理やり半沢に土下座させようとした。

しかし、半沢はそれを跳ね除けてすべての銀行員とすべての国民のために箕部の不正を必ず暴くと宣言した。

半沢は「三人まとめて〜〜、1000倍返しだっ‼︎」と箕部、中野渡、大和田に絶叫するのだったーー。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第9話の感想

箕部の不正融資の証拠を握ろうと半沢は伊勢志摩ステートにやってくる。

半沢は箕部の不正の証拠を握って倍返しなるか!

段ボールを隠した犯人は大和田か?

大和田はクレジットファイルの中身を半沢に見せてその中には暗号のようなものが書かれていた。

この暗号は何を示しているのだろう…。

中野渡頭取の覚悟が試されるわけか。

黒崎登場、半沢にとっては鬼に金棒か!

中野渡が箕部とグルだったとは、中野渡のやり方は間違っている。

銀行の不正に目を瞑るのではなくて不正を公表して国民に謝罪することが正義だと半沢は訴える。

半沢の言ったことが正論だ、半沢は箕部の不正を暴けるのか!

次回はいよいよ最終回、半沢は箕部たちに勝てるのか!?

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第9話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

伊勢志摩支店の同期の協力を仰ぎ、伊勢志摩ステートの15年前の財務資料を徹底的に調べる半沢だった。

さらに、思わぬの人物の姿を目撃するのだった。

半沢の疑惑は確信へと変わっていった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする