ドラマ『半沢直樹(2020)』8話ネタバレあらすじ 箕部に牙を向く半沢

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹(2020)』第8話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢。

彼は、花から智美が元銀行員で、かつて中野渡頭取の部下だった過去を聞いて…。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第8話のあらすじ

「タスクフォース合同報告会」で、開発投資銀行と共に債権放棄を断固拒否した半沢(堺雅人)は、花(上戸彩)から智美(井川遥)が元銀行員で、かつて中野渡頭取(北大路欣也)の部下だった過去を聞く。

一方、大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう。政界のドン・箕部幹事長(柄本明)がついに牙をむいたのだった。紀本は政府とつながり一体何を企んでいるのか?

そんな中、帝国航空の山久(石黒賢)からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づく。伊勢志摩は、ほかならぬ箕部の選挙地盤であり、建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。
すべてのカギを握っているのは箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探す。 そんな中、黒崎(片岡愛之助)もまた箕部を追っていると知って…。

こうして半沢は、東京中央銀行が抱えるとてつもない“闇”の扉を開くことになるのだった…。

(出典: 『半沢直樹』第8話あらすじ)

ドラマ『半沢直樹(2020)』第8話のネタバレ

10年前、智美が書類を持ってホテルの一室に行くと、男が浴槽で自殺していた。

箕部は中野渡に仲良くやっていこうと話していた。

半沢は渡真利に中野渡と箕部が裏で通じていると報告した。

大和田は会議で債権放棄を拒否したと報告した。

紀本の処遇をどうするべきかと大和田は紀本に伝えるが、紀本は続投を宣言した。

役員も紀本の続投に賛成して、中野渡もそれに賛同した。

大和田は苦虫を噛み潰したような顔をした。

半沢は紀本が続投すると決定したとの報告を受けて紀本が裏で箕部と通じていると確信する。

帝国航空で再建計画案を見た半沢は伊勢志摩行きの便が追加されたのを見て箕部に忖度していると告げる。

半沢は黒崎のもとにやってきて箕部の指示で金融庁検査をしていることを話す。

銀行にできてなぜ官僚に箕部に立ち向かわないのかと問いかける。

半沢は大和田に資料の閲覧を頼んだが、大和田は改めて手を組みたいと持ちかける。

半沢のことが憎らしいがバンカーとしての腕は認めていると話して、中野渡のために手を組むと告げる。

半沢は大和田にお願いしますと言わせて二人はお互いに手を差し出した。

二人は握手をしてすぐに立ち去る。

箕部は無担保でマンションの建設資金を融資していることに目をつけて当時の融資担当者に話を聞いたが、断られてしまう。

半沢は検査部の部長代理・富岡に会いに行き、調査をお願いした。

富岡は旧Tが表に出せない融資があったと話し、箕部のクレジットファイルがなきゃわからないと話す。

その時、紀本が検査部に向かっているとの何者かからのメールを見て慌てて資料を隠す。

紀本は資料を見せるように半沢に命じて資料を見つけた。

そこに福山が現れて資料を渡すように半沢に言い、半沢は資料を渡した。

福山は大和田によって助けられて半沢を助けた。

福山は半沢に東京第一銀行出身者のリストを見せて牧野副頭取のことを話す。

牧野は責任を取って自殺して、棺の会と呼ばれる牧野の命日に東京第一銀行の人たちが集まると福山は話す。

リストの中に智美の名前もあり、智美が牧野の元秘書だと半沢は福山から聞かされる。

棺の会の日、半沢は智美の前に現れて牧野のことを尋ねる。

牧野は不正な金を融資した罪で自殺したと智美は話し、牧野が無実だと智美は訴える。

そして、牧野が亡くなった直後に紀本の口座から多額の金が入金されたと智美は半沢に話した。

半沢はクレジットファイルが見つからない限り紀本と箕部が通じている証拠は何もないと話す。

一方、紀本は大和田を呼び出して半沢が何を調べているか尋ねる。

大和田は情報を教える見返りに常務のポストを望んだ。

大和田は牧野の元秘書の智美が不正入金に関する重要な情報を握っていると教えた。

智美のもとに紀本が現れた…。

箕部の元融資担当者にクレジットファイルを確認にいかせた紀本。

紀本は智美に遺書のありかを聞き出して確認しようとすると、半沢が目の前にいた。

半沢は遺書に不正入金の証拠はどこにも書かれていないと話す。

半沢は紀本に餌をまいてクレジットファイルのありかまで案内させた。

大和田たちが箕部のクレジットファイルを手に入れた。

半沢は何があったのか紀本に聞き出そうとして、紀本は不正の証拠はすでにどこにもないと話した。

半沢は借りた金はすでに回収されていようがバンカーとしてケジメをつける必要があると紀本に告げる。

その時、半沢と大和田は箕部によって呼び出された。

箕部は借りた金はちゃんと返済して何の問題もないと主張した。

半沢はそれでも食い下がり、箕部は牧野の口座記録を見せる。

その記録には牧野が不正をした証拠があり、牧野が不正を苦にして自殺をしたと箕部は話した。

半沢がこれ以上過去をほじくり返すなら東京中央銀行に営業停止命令を下すと脅した。

半沢は追い詰められて箕部に謝罪した…。

大和田はこれ以上過去をほじくり返すなと半沢に警告した。

そして、黒崎が箕部のことを嗅ぎ回ったせいで異動になったと聞き、半沢は黒崎のもとに向かう。

黒崎は金融庁から去ることになり、半沢に伊勢志摩ステイトのことを調べるように告げる。

半沢のことは大嫌いだけど、せめて最後まで大嫌いな半沢のままでいてと黒崎は最後に半沢に伝える。

半沢は黒崎にお辞儀をして、真実を突き止めようと決意するのだったーー。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第8話の感想

中野渡と箕部がつながっていると半沢は疑い、箕部のことを調べ始めた。

半沢の逆襲が始まった!

半沢は箕部と紀本が裏で通じていることを暴くために大和田と手を組んだ。

半沢にとって大和田と手を組むことは不本意だけど、東京中央銀行のためにはしょうがない。

紀本は半沢のことを怪しんでる、この頭脳戦がたまらない!

紀本が智美に会いに行った、証拠を握り潰すつもりか…。

半沢の機転で箕部のクレジットファイルを見つけたのはいいけど箕部に脅迫された…。

流石の半沢も箕部に頭を下げることしかできなかった。

黒崎が箕部のことを調べていたとは、黒崎にも一端の正義感はあったのか。

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第8話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

帝国航空の山久からタスクフォースの再建草案を見せられた半沢は、赤字路線の羽田・伊勢志摩路線が撤退リストから外されていることに気づいた。

伊勢志摩は、ほかならぬ箕部の選挙地盤であり、建設に尽力した彼の功績を讃え、地元では「箕部空港」とも呼ばれていた。

すべてのカギを握っているのは箕部だと確信した半沢は、あらゆる手段で手がかりを探した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする