ドラマ『半沢直樹(2020)』6話ネタバレあらすじ 曾根崎の不正を暴け!

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹(2020)』第6話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢。

自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たちだったが…。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第6話のあらすじ

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺雅人)。自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たち。
しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)は、そんな半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと容赦なく告げる。その強引かつ高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

一方、半沢の作成した再建案は帝国航空内でも暗礁に乗り上げていた。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして約1万人もの余剰人員の整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至であり、中でも整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否。彼らへの対応に日々追われる財務部長・山久登(石黒賢)はすっかり疲弊していた。

そんな中、乃原から政府に楯突く半沢の態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)は、なんと大臣自ら銀行に乗り込んでくる。この異例の事態に紀本(段田安則)も大和田(香川照之)も、そして中野渡頭取(北大路欣也)までもが、政府の脅威を実感するのだった。

そして、銀行には再びあの男の姿が。黒崎駿一(片岡愛之助)である。急遽始まったヒアリングで、帝国航空を巡るある重大な過失が発見されてーー。

(出典:『半沢直樹』第6話あらすじ)

ドラマ『半沢直樹(2020)』第6話のネタバレ

債権放棄を拒否すると半沢は乃原に宣言した。

しかし、乃原は債権放棄をしなければ帝国航空を再建できないと断言した。

債権放棄は国民の総意だと半沢に話す。

半沢は根拠を示して頭を下げろと乃原に言い宣戦布告をした。

帝国航空は5分の1の社員の人員整理を始めたが、残りの1000人は反対する。

財務部長の山久は社員を必死に説得するが聞き入れてもらえなかった。

そんななか、国交省の白井が東京中央銀行に殴り込んできた。

乃原から銀行の半沢の態度が傲慢だと話す。

白井は帝国航空の融資に問題があれば業務改善命令を出さざるを得ないと話す。

中野渡は最善を尽くして結果を出すと白井に約束した。

大和田は半沢に頭取を守ることが銀行員の指名だと語る。

半沢は開発投資銀行から格安航空会社であるベンチャー企業に融資の話があると聞かされる。

ベンチャー企業「SKYHOPE」の担当はなんと森山で半沢と再会して驚いていた。

半沢は森山から担当者に会わせてほしいと頼む。

人員整理で500人の受け入れ先を探していて森山は「SKYHOPE」で業務拡大をして当然人員が足りなくなり交渉次第でうまくいくと話す。

半沢は金融庁から与信判断があると聞き、渡真利から箕部が金融庁を動かしたのではないかと聞く。

金融庁が銀行にやってきて担当がまさかの黒崎だった。

半沢は苦虫を噛み潰したような顔をして、黒崎は銀行のせいで政府に尻を叩かれたことを怒っていた。

金融庁検査が始まり、債権計画をした銀行の目は節穴だと告げる。

状況説明書を提出しろと黒崎は半沢に伝える。

与信方針を金融庁に提出して金融庁もそれを承認しているから金融庁にも責任があると半沢。

黒崎は半沢に債権案の資料が改ざんされているのではと指摘した。

半沢は銀行と帝国航空総出で資料を確認したが原因はわからない。

黒崎は早く報告をしろと迫り前担当の曾根崎は帝国航空の債権資料に不備があったとの報告を受けたと話す。

金融庁は帰っていき、半沢は資料の確認をすることになった。

曾根崎のメールの受信を確認したが、帝国航空に過失があったことを証明するメールはどこにもなかった。

半沢と田島が山久に確認をすると山久は過失があったと話す。

紀本は半沢を帝国航空の担当から外すことに決め中野渡に報告した。

さらに、白井から半沢を担当から外すように命じられた中野渡。

大和田は半沢を担当から外す話があると言い、このまま半沢が改善できなければ銀行は沈没すると叫ぶ。

半沢は山久がどうしてもミスをしたとは思えず何か隠しているのではないかと疑う。

紀本は曾根崎に本当に帝国航空側のミスなのかと再確認して曾根崎は大和田の方を見てうなづく。

整備部の女性社員に会い山久からもうすぐ整備部に戻れるという話を聞いて半沢は驚く。

半沢は山久にある資料を渡した…。

頭取面談で曾根崎は半沢から迷惑をかけられているから半沢を外せという要望書を見せる。

一方の半沢は状況説明書を中野渡に見せる。

その書類には帝国航空はミスの件について関与するところではないと書かれていた。

そして、曾根崎の要望書は速やかに破棄するように書かれていた。

大和田は山久に事実確認をした方がいいと中野渡に話すが、半沢はレコーダーを再生した。

曾根崎は山久に自分がミスをしたと話せば社員の人員整理を請け負うと約束した。

しかし、曾根崎が上司に承諾を得たというのは嘘だった。

大和田は自分の身の安全を確保するため嘘をついた。

曾根崎は山久に電話して自分のミスだったと証言してほしいと話す。

そして、曾根崎は要望書を無理やり書かせて山久は要望書を受け取る時に会話を録音した。

半沢は曾根崎のしたことは全バンカーの恥だと叫んだ。

大和田は曾根崎に土下座をさせて、曾根崎は泣きながら中野渡に謝罪した。

中野渡これからどうするか考えると部下たちに話した。

半沢は業務拡大をするハワイ便行きが認可されなかったと知らされ、これでは受け入れ先が無くなると話す。

国交省の白井が認可を拒否し半沢の業務改善計画を阻止した。

金融庁から業務改善命令を発出された中野渡は金融庁の前で謝罪する。

半沢は必ず政府を見返して倍返しをすると決意し、「まずは銀行にいる裏切り者をあぶり出す!」と叫ぶのだったーー。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第6話の感想

半沢は人員整理で帝国航空の社員の受け取り先を探していた。

森山と再会して受け入れ先を探してくれることになった。

まさか森山と再会するなんて思いもしなかったな!

金融庁の担当が黒崎、予想はしていけどね♫

黒崎はまたもや半沢を追い詰めるな(`・∀・´)

山久は一体何を隠しているのでしょう…。

強敵白井と箕部のコンビ、これは手強いぞっ!

半沢の「倍返し!」が今週も炸裂した〜〜!?

果たして、裏切り者は誰なのか?

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第6話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

乃原から政府に楯突く半沢の態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子は、なんと大臣自ら銀行に乗り込んできた。

この異例の事態に紀本も大和田も、そして中野渡頭取までもが、政府の脅威を実感するのだった。

そして、銀行には再びあの男の姿が。黒崎駿一であった。

急遽始まったヒアリングで、帝国航空を巡るある重大な過失が発見された。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする