ドラマ『半沢直樹(2020)』4話ネタバレあらすじ 半沢の大逆転!

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラルだった。

だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しにより、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとして…。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のあらすじ

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井朋彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?

すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

(出典: 『半沢直樹(2020)』第4話あらすじ)

ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のネタバレ

平山夫婦が玉置が辞表を出したとわざわざ小料理屋に行って半沢に伝える。

財務部長を呼び出して何をするつもりだったと平山美幸は半沢に尋ねる。

半沢は銀行と組んで何を秘密にしているのか必ず暴くと平山夫婦に宣言した。

静岡の電脳電設に来た半沢だが玉置に会えずに追い出された。

半沢は工場にいる玉置の父親に会いに来た。

玉置の親父の玉置伸介に玉置がここにいるのではと半沢は詰め寄り玉置が半沢の前に現れた。

半沢は玉置が電脳に特許を人質に取られて雁字搦めになっていると森山に話す。

スパイラルの買収を阻止する為に半沢は奔走していた。

政府も電脳の後ろ盾をすることになりその前に決着をつけろと渡真利は半沢に告げる。

敵は電脳だと半沢は言い、東京中央銀行に行き諸田に会いに行く。

半沢は諸田にあるメモを渡して伊佐山に渡してほしいと頼む。

これまで大和田のいいようにことが運んでいることを渡真利が不審に思い半沢は大和田と伊佐山が組んで常務に就任したのではないかと話す。

大和田は伊佐山と三笠のことは最初から気に食わなかったと話し、三笠がまさか刺されるとは思ってもみないだろうも得意げに話す。

半沢は大和田と伊佐山が裏で手を組んでいることを三笠が既に知っている可能性があると渡真利に話す。

電話電設の特許を誰かが買い取るか半沢は探して回る。

ようやく特許を買い取ってくれる会社を見つけたが、その会社から伊佐山が電脳電設の特許を買い取らないように言われたと聞かされる。

伊佐山が牙をむく!

大和田はスパイラルの買収が成功すれば次は帝国航空だと中野渡に話すが、中野渡は帝国航空の担当を変えると言われる。

大和田は帝国航空の担当チームから外されて伊佐山だけが担当チームに選ばれていることに憤慨した。

それに対して伊佐山は大和田が取り締まり役会議で大和田が土下座をしたせいだと話す。

自分が担当役員に名乗りをあげると伊佐山は大和田に宣言して「土下座野郎!」と吐き捨てた。

伊佐山は副頭取の三笠についた方が出世が見込めると考えて土壇場で大和田を裏切った。

半沢によってここまで揉めると大和田は読んでいて伊佐山に三笠につくように指示したが逆に伊佐山に裏切られる形になった。

半沢は森山に戦えと告げ、一番厄介なのは敵が自分自身という場合だと話す。

当たり前が今の組織にできていないと半沢は森山に話し、企業は客の為に働くものだと告げる。

伊佐山や三笠のような自分本位な奴だけが組織に蔓延れば組織は腐っていくと半沢は森山に語りこれからある因縁の人に会いにいくと告げる。

半沢は大和田に会いにいき、役員会議で議題に上がる電脳への500億の融資を止めたいと訴える。

しかし、大和田は「半沢なんかと組むのは死んでも嫌だね!」と半沢に怒鳴り車で去ろうとする。

半沢が立ち塞がり、部下に裏切られてすごすごと退散とは情けないと吐き捨てる。

自分を利用してみませんかと半沢は大和田に言い、大和田は車を走らせて去っていく。

役員会当日、直樹は花が淹れてくれた紅茶を飲んで決戦の場へと向かう。

役員会で伊佐山は電脳への500億の融資を進めてほしいと役員たちに懇願した。

しかし、大和田は伊佐山と三笠の意見に意を唱えてこの件に詳しいある者をここに呼びたいと話す。

役員会議の場に大和田は半沢を呼び出す。

大和田は半沢と手を組み、半沢は大和田に役員会議の席で発言させてもらいたいと話す。

役員会議に出席した半沢は伊佐山の上げた稟議書はゴミだと言い切った。

恩返しか、倍返しか!?

電脳電設に支払われた300億の融資だが、電脳電設の資産価値は100億の価値しかなかった。

電脳は銀行にバレてはならない秘密があった、それは粉飾だと半沢は語る。

東京セントラル証券にアドバイザー契約をしたのは粉飾がバレぬように隠れ蓑にしようとしたと半沢は話す。

3時間前に、半沢は電脳電設を訪れて玉置と伸介に電脳の裏帳簿を見せるように要求した。

電脳を追い詰めて特許を取り戻すことを条件に玉置親子は裏帳簿を見せる。

森山は電脳に訪れて裏帳簿を見つけ出し、出所を明らかにした。

半沢は粉飾を見抜けなかった伊佐山の責任だと伊佐山を追求した。

三笠は伊佐山に全責任は君にあると言って伊佐山に半沢に謝らせた。

そして、もう一つ半沢は伊佐山に電脳の粉飾の証拠をメールで送っていた。

しかし、その証拠は諸田に渡してそれは伊佐山に知らせることはなかった。

諸田は粉飾の証拠を三笠に渡して三笠はそれをもみ消した。

三笠が必死に否定したが、半沢は森山からある重要な証言を得たと役員に報告した。

森山は平山夫婦から三笠が賄賂を受け取る代わりに500億の融資を通す約束を交わしていた。

その事実を役員たちが知り中野渡は半沢に礼を言った。

半沢は諸田を東京セントラル証券に連れ込んで裏切ったみんなに謝罪しろと要求した。

諸田はみんなに謝り、大和田は中野渡に1500億の負債を取り戻すのに適任者がいると話す。

瀬名は森山にスパイラルに来ないかと誘った。

半沢は岡に呼び出されて伊佐山、三笠が電脳に出向になったことを聞かされる。

見事、半沢は東京中央銀行の営業第2部に異動になった。

みんなは半沢の栄転を祝して祝杯をあげて、半沢は銀行に勤めることだけが偉いのではなくどこにいてもいい仕事はできると話す。

森山は瀬名にスパイラルに行くことを断り、これからも2人でいい仕事をすると約束した。

東京中央銀行に戻ってきた半沢は中野渡に会い、帝国航空の再建計画のファイルを渡された。

半沢は大和田から声をかけられて帝国航空の担当である常務に挨拶をした。

帝国航空を訪れた半沢は経営陣が怠けていて業績が悪化している事実を指摘した。

半沢は渡真利から国交省大臣が誰になるかで帝国航空の今後の行方が左右されると聞かされる。

ニュースを見ていた半沢は新たな国交省大臣に白井が任命されたことを知る。

白井は会見で帝国航空に融資している銀行に債権放棄をするというとんでもないプランを話す。

大和田は半沢に白井のプランが実行される前に帝国航空から700億を回収しなければ銀行は追い詰められると話す。

半沢の今度の相手は国家権力、果たして半沢に勝ち目はあるのかーー!?

ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話の感想

伊佐山は大和田を裏切り三笠についた。

愛弟子に裏切られるなんてどういう気持ちだろうな。

伊佐山が三笠の側について大和田は激怒してたな、それもそのはず裏切るはずのない伊佐山が裏切ったんだから…。

大和田の悔しがる顔が真に迫ってたな♪(v^_^)v

半沢はまさかの大和田と手を組んだ。

宿敵の大和田と手を組むとは夢にも思ってなかっただろうな⁉️

半沢は電脳に粉飾があることを見抜いて役員会議でこのことを伊佐山に指摘する。

伊佐山は三笠とともに電脳に追放されて半沢は電脳の粉飾を見抜いて銀行に多額の負債を抱えるのを防いだヒーローということで銀行に返り咲くことになった。

半沢は銀行に戻ってきての最初の仕事が帝国航空から700億の回収を任された。

しかし、新たに国交省大臣になった白井が債権放棄のプランを聞き半沢は窮地に追い詰められる。

半沢は一体700億をどうやって回収するのか、今度の敵は国家権力だから流石の半沢でも無理なのか?

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第4話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入った。

動揺する森山に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする