ドラマ『半沢直樹(2020)』3話ネタバレあらすじ 半沢の逆襲

堺雅人主演のドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のネタバレあらすじ と感想をまとめてみた。

銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはない。

そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だったーー!?

ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のあらすじ

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?
(出典:『半沢直樹』第3話あらすじ )

ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のネタバレ

伊佐山は平山夫婦に責められていたが、買収成功まであと少しと迫っていた。

フォックスの社長・郷田は買収の件をよろしくお願いしますと頭を下げる。

一方、半沢は逆買収の提案を瀬名にして買収するのはフォックスだと告げる。

しかし、瀬名は反対して経営不振のフォックスを買収して何になると話す。

郷田は業績不振の件がネットニュースになっていて驚愕した。

資金力vs知恵の勝負だと半沢は瀬名に話し、気迫で敵を怯ませて隙をつくのが有効だと言う。

フォックスの株価が暴落して瀬名はフォックスの買収を決意する。

伊佐山はフォックスを買収した狙いが何なのか部下に探らせる。

郷田をフォックス本社に呼び出した瀬名たちに投資失敗で業績不振になったという情報を流したのかと問いつめる。

半沢は電脳に買収されたらカルチャーだけを奪われて捨てられると郷田に話す。

買収を断った郷田に瀬名は強行に買収を進める。

小料理屋にやってきた半沢はフォックスの巨額損失のことを渡真利に調べさせなかったのはバレでクビになることを恐れてのことだと話す。

半沢は花に出向になるかもしれないと伝えた。

東京セントラル証券にフォックスの件を調べにきた金融庁の検査局がすぐそこに迫っていた。

半沢は東京スパイラルのプログラマーの高坂の隠し部屋に極秘資料を隠した。

東京セントラル証券に主任検査官の黒崎駿一が現れる。

黒崎たちはスパイラルに関する資料を調べ始めてスパイラルに問題ありというネット記事が広まった。

黒崎が事前に東京セントラル証券のことを調べていて、フォックスの買収計画の資料を探していた。

会社のパソコンは使えず半沢は外部からシステムに侵入して資料を削除するしかないと話す。

瀬名は高坂を呼び出してシステムに侵入するように命じる。

黒崎はパスワードでつまづき半沢たちはその隙にシステムに侵入を試みる。

半沢はフォックスの買収計画の資料があることを誰がもらしたのか考えていた。

勝利のカギは知恵と恩返し!?

タイムリミットが迫り高坂は侵入にてこづっていた。

間一髪、フォックスの買収計画書は高坂の手によって削除された。

黒崎は激怒して半沢に詰め寄りやってくれたわねと話す。

岡に社長室に案内された黒崎はシュレッダーにかけられた資料を発見して意気揚々と修復させる。

郷田は電脳から見捨てられて瀬名に泣きついてきた。

資料が復元されて営業停止になる前に契約を取りつけるようにと半沢は森山に話す。

仕事で大切なのは感謝と恩返しだと半沢は森山に語り森山に全てを託した。

黒崎は資料を復元して半沢にフォックスの巨額損失の情報を誰から聞いたのか聞き出そうとする。

とその時、郷田が現れて巨額損失の情報は自分が半沢に教えたものだと話す。

どう使われようと検査局の出る幕じゃないと半沢は黒崎に言い銀行の誰かに告げ口されたのではないかと告げる。

郷田は瀬名からスパイラルには郷田の力が必要だと言われる。

会見で郷田はスパイラルの瀬名と共同開発でコペルニクスとスパイラルが組めばAmazonに並ぶ通販サイトになると瀬名は語る。

さらには、IT界の超大物が3億ドルという巨額の金を出資して株価はうなぎ上りになった。

半沢は黒崎があっさり引き下がったのが気になっていた。

渡真利から連絡があり500億の追加融資が通れば太刀打ちできないと話す。

半沢は検査局が探していた資料に何か付け入る隙があるのではないかと考える。

銀行嫌いの黒崎がなぜ監視委員会を引き連れてやってきたのかその理由を推理する。

絶体絶命の半沢!

大和田は三笠に頼まれて追加融資の件を了承し500億の追加融資が通った。

万事休すかと思った半沢だが、浜村が電脳の資料にやたらと人が集まっていたことを思い出す。

電脳の資料に解決策があると思い半沢は黒崎が持っていたコーヒーを被った資料に目をつける。

電脳電設株式会社の資料を見ていると玉置克夫がカギを握ると考えた。

電脳電設株式会社のメインバンクは東京中央銀行で半沢は電脳がなぜ東京セントラル証券にアドバイザー契約を結ぼうとしたのか全ての謎が解けたと話す。

半沢と森山が玉置に会いにいき特許のことを話した。

そんななか、大和田は三笠に二重スパイをさせた伊佐山と料亭で会っていた。

三笠に頭を下げさせるために大和田は伊佐山を送り込んだのだ。

半沢は小料理屋で玉置のことを待っていた。

電脳電設株式会社の所有する特許に何かあると半沢は狙いをつけていた。

しかし、小料理屋に現れたのは玉置ではなく平山夫婦で半沢は嫌な予感がしていたーー。

ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話の感想

半沢は逆買収の話を瀬名に持ちかけて瀬名は反対したがある計画を伝えて瀬名も買収計画に乗る。

半沢の買収計画って一体何だ!?

高坂役の吉沢亮の緊迫した演技が良かった!

黒崎が見る前になんとか資料は削除したが岡が保管していた資料を黒崎に発見されてしまう。

銀行員のサガで資料を残しちゃう、これが今仇になってる。

まさか郷田と瀬名が手を組んで3億ドルの出資を得るとは想像もしなかった♪(v^_^)v

伊佐山の悔しがる顔が面白いww

スパイラルの株価は上がったが、東京中央銀行は電脳への500億の融資を決定して半沢は追い詰められる。

半沢は電脳電設株式会社の所有する特許に解決策があると考えて玉置と会ったが小料理屋に現れたのは平山夫婦だった。

この2人が出てきたら悪い予感しかしないわ。

半沢は絶望的な状況から何度も這い上がってきたから今回も何とかすると信じる♪( ´θ`)ノ

まとめ

ドラマ『半沢直樹(2020)』第3話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとする。

もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化した。

半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂に指示し、データを消去しようと試みる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする