朝ドラ『はね駒』152話あらすじネタバレ 二本松に帰る決意をする弘次郎

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第152話のあらすじと感想をまとめてみた。

久しぶりに訪ねてきた中河鶴次が思いがけない便りをもたらした。

鶴次は、弘次郎や徳右衛門の故郷、福島の二本松を訪れて…。

朝ドラ『はね駒』第152話のあらすじ

久しぶりに訪ねてきた中河鶴次(矢崎滋)が思いがけない便りをもたらした。

鶴次は、弘次郎(小林稔侍)や徳右衛門(山内明)の故郷、福島の二本松を訪れ、彼らの生家に寄り、下働きをし今も住んでいるという直助の手紙をあずかったのだ。

直助は弘次郎の命の恩人だった。一方、りん(斉藤由貴)は、編集長の津村(地井武男)に、新聞社の今のポストをやめたいと申し出るが…。

朝ドラ『はね駒』第152話のネタバレ

久しぶりに橘家にやってきた鶴次は思わぬ便りを持ってきた。

鶴次は福島の二本松を訪れて直助の手紙を預かった。

相馬のお土産も持ってきて新之助も二本松に出てきていると話してやえは懐かしくなる。

弘次郎は直助に命を救われて彼が命の恩人で感謝しているとやえに話す。

やえは死んじまった方がいいなんて思ってないなと弘次郎に尋ねる。

弘次郎はもうそんなことを思ってなくてやえは安心した。

徳右衛門は福島の故郷の歌を歌った。

りんは津村に今のポストから外してほしいとお願いしてこの仕事が好きだから辞めたくないと話す。

りんは嘱託として仕事を続けられることになり源造と弘次郎も納得した。

子どもの母親として違う母親になりたいと言い、やえのような母親になりたいとりん。

やえはりんが決心してくれたことが嬉しかった。

弘次郎はコーヒーの店をやめて徳右衛門を二本松に帰したいとやえに話す。

やえはお互いに甘えてしまってこのままじゃダメになるから今東京を離れるのはいい機会だと話した。

弘次郎は直助に手紙を書いて二本松のことを知ろうとした。

恨みを支えにしていけるほど若くはないと弘次郎はやえに言い、やえは弘次郎のそばにいられるだけで十分だと話す。

長く続いた戦争が終わって本当によかったとやえは泣きながら言い、これからは徳右衛門と弘次郎仲良く過ごしてほしいと語る。

やえは泣きながらお茶を飲み、弘次郎はそれを見ていた。

朝ドラ『はね駒』第152話の感想

新之助って名前久しぶりに聞いたな。

弘次郎と徳右衛門は福島にいる直助のことを思い出していた。

故郷が懐かしく感じるのは人の常だから。

りんは本当に新聞社の記者の仕事が好きなんだ。 

弘次郎は徳右衛門のために二本松に帰してあげたいという子ども心が胸に染みる。

やえと弘次郎は本当にいい夫婦だ、感動した!

まとめ

朝ドラ『はね駒』第152話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

直助は弘次郎の命の恩人だった。

一方、りんは、編集長の津村に、新聞社の今のポストをやめたいと申し出る。

長く続いた戦争が終わって本当によかったとやえは泣きながら言い、これからは徳右衛門と弘次郎仲良く過ごしてほしいと語る。

やえは泣きながらお茶を飲み、弘次郎はそれを見ていた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする