朝ドラ『はね駒』150話あらすじネタバレ 松浪先生との再会を喜ぶりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第150話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

長男・弘の顔色はよくなり、りんは安心した。

そしてこの日、松浪毅が小野寺家を訪れることになり、みどりや鶴次たちも小野寺家に集まって…。

朝ドラ『はね駒』第150話のあらすじ

長男・弘の顔色はよくなり、りん(斉藤由貴)は安心する。

そしてこの日、松浪毅(沢田研二)が小野寺家を訪れることになり、みどり(美保純)や鶴次(矢崎滋)たちも小野寺家に集まった。

弘次郎(小林稔侍)もやえ(樹木希林)も松浪に礼を言う。

旧交を温めるりんのところに、編集長の津村(地井武男)が謹慎処分になったしらせが入った。

津村が当局からけん責処分を受け謹慎処分に。記者たちが社長に抗議文を出すというのだが…。

朝ドラ『はね駒』第150話のネタバレ

弘は顔つきが明るくなりやえは自分が甘やかしたのが原因だと話す。

松浪先生と関わりのある人たちが家に集まってきた。

みどりたち女学校の仲間も家にやってきて、弘次郎が松浪先生を連れてきた。

みどりたちは再会を喜んで、鶴次は感動のあまり泣いた。

松浪先生は女学校生徒の憧れの的だったと話していて、松浪先生はやえにも世話になったと話す。

弘次郎は足の傷の時も女学校進学の時も世話になったと松浪先生に感謝を伝えた。

その時、三島が家に来てりんに津村が当局からけん責処分を受け謹慎処分になったと報告してきた。

りんは今すぐ新聞社に行くことになったと松浪先生に伝え、自分勝手な自分を許してくださいと謝った。

りんの目は今輝いていると松浪先生はりんに言い、りんは新聞社に向かった。

新聞社にやってきたりんは抗議書に署名をした。

そんななか、松浪先生は源造に助けてくれたことのお礼を言った。

りんの幸せそうな姿を見て松浪先生は喜んでいた。

源造の支えがあってこそりんは自由に生きられるのだと松浪先生は言い、その最初の道を作ってくれたのは松浪先生だと源造は告げる。

源造とりんのことを本当にいい夫婦だと言い二人に会えただけでも日本に帰ってきてよかったと思っていると松浪先生は源造に話した。

その夜、弘はりんと源造に明日から学校に行くと宣言してりんと源造は仲良くお茶を飲んでいたーー。

朝ドラ『はね駒』第150話の感想

松浪先生はみんなから愛されてるんだな。

鶴次は松浪先生と一番関わりが深いからな。 

松浪先生はみんなと再会して嬉しそうな顔をしている。

りんは津村が当局からけん責処分を受け謹慎処分を受けたと報告を知り抗議書にサインした。

津村が謹慎処分を受けるとは、嫌な時代になったな…。

松浪先生は源造のことを褒めて、源造は嬉しかっただろうな。

弘が学校に行くと決意してよかった!

まとめ

朝ドラ『はね駒』第150話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

弘次郎もやえも松浪に礼を言った。

旧交を温めるりんのところに、編集長の津村が謹慎処分になったしらせが入る。

津村が当局からけん責処分を受け謹慎処分になった。

記者たちが社長に抗議文を出した。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする