朝ドラ『はね駒』137話あらすじネタバレ 仕事と結婚、どっちを選ぶ!

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第137話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

りんの兄・嘉助と高木みどりがやってきて、結婚を許してほしいと、弘次郎とやえに頭を下げた。

弘次郎は、結婚は満州からの帰国後でいいと言うが…。

朝ドラ『はね駒』第137話のあらすじ

りん(斉藤由貴)の兄・嘉助(柳沢慎吾)と高木みどり(美保純)がやってきて、結婚を許してほしいと、弘次郎(小林稔侍)とやえ(樹木希林)に頭を下げる。

弘次郎は、結婚は満州からの帰国後でいいと言うが、嘉助はそれでは遅いと断る。

みどりは嘉助の子どもをみごもっているからだ。

りんもその日まで知らず、4か月だという。しかし弘次郎は「妻子か仕事かどちらかを取れ」と認めない。

すると、みどりが重い口を開いて…。

朝ドラ『はね駒』第137話のネタバレ

嘉助は満洲行きとみどりとの結婚のことを許してほしいと両親に頭を下げた。

しかし、やえはそれは許されねぇぞと嘉助に注意した。

弘次郎は満洲に行くまでいるつもりだと言い、嘉助が一年だと話す。

みどりのお腹の中に子供がいると嘉助は話す。

やえはみどりのお腹の子供が本当に嘉助の子供なのかと尋ねて、りんはみどりがそんなことで嘘はつかないと怒った。

弘次郎は満洲行きを反対して、子供が生まれるということは責任があるということだと嘉助に語る。

満洲に行くか結婚を取るか選べと弘次郎は嘉助に尋ねる。

すると、みどりは嘉助に仕事を選んでほしいと告げる。

子供のことは心配しないで、一人だけでも育てるとみどりは嘉助に話した。

みどりは堪えきれずに涙を流して嘉助は彼女のそばに駆け寄る。

本当に満洲に行ってもいいのかと嘉助はみどりに尋ねる。

みどりは嘉助本人から結婚より仕事を選ぶと言われた時傷つくと思ったから自分から言ったと告白した。

嘉助に早く仕事に行ってしまえとみどりは言い別れを告げた。

嘉助はみどりに抱きついてみどりは嘉助の胸で泣いていた。

仕事か結婚か選べとなんて残酷だとりんは弘次郎に話した。

りんと源造はあの場で仕事を取るという男より嘉助の方がずっと素敵だと話す。

弘次郎はその後、嘉助の結婚を認めて嘉助とみどりはりんにお礼を言った。

援護射撃ありがとうとりんは源造に言い、ただ愛していればいいんですかと尋ねる。

源造とりんはお互いに見つめ合うのだったーー。

朝ドラ『はね駒』第137話の感想

やえは嘉助とみどりの結婚を許さなかった。

穏やかなやえがあんなに怒るのは初めてだ…。

嘉助はそこまでの覚悟で結婚を決めたのか。

結婚か仕事か、究極の選択だな…。

みどりは嘉助に仕事に行って欲しい思いで泣く泣く突き放した。

仕事を選ぶと言う男よりもどっちを選ぶかで悩んでいる嘉助の方が素敵だとりんは言ったけどどっちも大事だから選べないのさ。

りんと源造の説得により嘉助とみどりの結婚は認められた。

この騒動によってりんと源造は仲直り、よかったね♪( ´▽`)

まとめ

朝ドラ『はね駒』第137話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんはその日までみどりが妊娠したとは知らず、4か月だということだ。

しかし弘次郎は「妻子か仕事かどちらかを取れ」と認めない。

すると、みどりが重い口を開いた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする