朝ドラ『はね駒』130話あらすじネタバレ 三人目の子供を妊娠するりん

斉藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第130話のあらすじ ネタバレと感想をまとめてみた。

りんは貧血で倒れ、新聞社を休んだ。

源造は、欠勤を伝えに新聞社に赴き、編集長・津村誠吾にあいさつして…。

朝ドラ『はね駒』第130話のあらすじ

りん(斉藤由貴)は貧血で倒れ、新聞社を休んだ。

源造(渡辺謙)は、欠勤を伝えに新聞社に赴き、編集長・津村誠吾(地井武男)にあいさつする。

りんが思ったより重い業務をこなしていることを実感する源造だった。

そんななか、やえ(樹木希林)に看病してもらいゆっくり静養するりんだったが、再び気分が悪くなり吐き気をもよおす。

源造が帰宅すると、りんは…。

朝ドラ『はね駒』第130話のネタバレ

源造はりんの働いている新聞社にやってきた。

三島に編集長はどちらにいるかと源造は尋ね、津村に声をかけた。

源造はりんが具合が悪くなり休むと津村に伝えた。

ゆっくり休んで早く良くなることを願っていると源造は話す。

源造はりんの仕事が気になったが、津村はりんが言えないほど重要な仕事をしていると話す。

その頃、りんは子供たちと遊んでいて布団から起き上がった。

やえはりんにお粥を食べさせて、みんなから優しくされて病気になってみるのもいいと話す。

りんは気分が悪くなり口を押さえ込んだ。

一方、徳右衛門は源造の店に行きスポーツ用品を見て驚いていた。

弘次郎は女性客に生まれはどちらとしつこく聞かれたがはぐらかしていた。

その時、源造が店に来て津村にりんが休むことを伝えにきた。

津村のことと、りんの仕事が気になってたからちょうどいいと話す。

源造は店に戻って空箱を片付けるように従業員に指示をする。

そこにようが現れて本当は源造と私が夫婦になるはずだったと源造の叔母が言っていたと話す。

もしそうなってたら源造と一緒になれたかもしれないとようは言う。

ようは源造に野球を教えてもらいたいと言い源造も喜んでいた。

その姿を従業員たちは覗き見していた。

源造が家に帰るとりんは三人目の子供を妊娠したと話す。

源造は喜んで子供はうじゃうじゃいたほうがいいとりんに告げる。

仕事と子育ての両立はできるのかと源造はりんに言いりんはどっちも一生懸命頑張ると源造に告げるのだったーー。

朝ドラ『はね駒』第130話の感想

津村に貧血で休むと伝えた源造、りんの仕事が気になってるな。

りんの気分が悪そうだけどもしかして妊娠したのかな…。

徳右衛門は源造の店に来てスポーツ用品を見て驚いた。

元武士には新鮮にうつっただろうな、これからはスポーツの時代だ!

源造はりんがどんな仕事をしているのか気になっていて津村と話してりんが重要な仕事をしていることを知った。

りんが働いている姿はなかなか見れないからな、夫にしたら妻の仕事が気になって当然だ。

ようは源造にくっついてるけど源造にはりんがいるのを知ってるはずだよな、あまり誤解されるような行動は控えるべきだ….。

りんは三人目の子供が生まれたことを源造に報告した。

りんと源造の三人目の子供か、りんと源造も益々精進しなきゃな。

まとめ

朝ドラ『はね駒』第130話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

りんが思ったより重い業務をこなしていることを実感する源造だった。

そんななか、やえに看病してもらいゆっくり静養するりんだったが、再び気分が悪くなり吐き気をもよおした。

源造が帰宅すると、りんは三人目の子供が生まれたと源造に報告した。

第131話では、りんは3人目を妊娠して…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする