朝ドラ『はね駒』107話あらすじネタバレ 妊娠したりんに家族が祝福!

斎藤由貴主演の朝ドラ『はね駒』第107話のあらすじネタバレと感想をまとめてみた。

りんが、祖母・ことと買い物に出たままなかなか戻らなかった。

下宿屋の準備が忙しくいらだつやえだった。

朝ドラ『はね駒』第107話のあらすじ

りん(斉藤由貴)が、祖母・こと(丹阿弥谷津子)と買い物に出たままなかなか戻らなかった。

下宿屋の準備が忙しくいらだつやえ(樹木希林)。

帰宅したりんは、源造(渡辺謙)に妊娠を告げる。最近のりんの食欲はその影響だった。

驚きすぎて動揺する源造も、実感がわき喜びを爆発させる。

胸中複雑な弘次郎(小林稔侍)に、やえは「りんが母親に…」としみじみと語った。

そんななか3人の下宿人が引っ越してきて大騒ぎになり…。

朝ドラ『はね駒』第107話のネタバレ

やえはりんが置いていった桶を片付けてりんを探す。

りんとことがどこにいったのか弘次郎と徳右衛門に尋ねるが二人は知らない。

源造が家に帰ってきてりんが買い物に出たきり帰ってこないとやえから聞く。

その時、りんとことが帰宅してことは嬉しそうにしていた。

りんは源造に産婆のところに行って妊娠がわかったと伝える。

源造は実感がなくぼう然としていて、こんな簡単に産まれていいのかなとりんに聞いた。

りんに抱きついた源造は自分の子供が生まれた喜びに溢れる。

源造とりんは子供ができたと報告してやえは全く気づかなかったと笑っていた。

家族みんなでりんと源造に子供ができたことを祝福する。

弘次郎が庭で薪割りをしてやえはりんに子供ができたことは嬉しいが大人になって遠くに行くような気がして寂しいと呟く。

徳右衛門は天国のみつにりんに子供が生まれたことを報告して、ことは花を見て思いを馳せていた。

下宿人の一人の花田が引越しに来ていて、大きな荷物でりんが転んで源造は花田に怒鳴る。

花田と源造が言い争いをして花田が下宿を辞めると言い出したがやえは花田の荷物を持って二階の部屋に運ぼうとする。

りんは源造に妊娠しても下宿屋の女将はできると言うが源造はお腹の中の子供に障るから下宿屋の女将はやめろと言い喧嘩になる。

家に次々と下宿人が荷物を担いでやってきて荷物を二階に運んだ。

朝ドラ『はね駒』第107話の感想

りんがことと共に買い物に出かけてやえは二人がどこに行ったのか弘次郎たちに尋ねる。

りんが家に帰ってきて妊娠したと源造に報告して源造は大喜びする。

子供ができたと知った時は嬉しかっただろうな^ – ^

りんは梅干しを食べていてことが妊娠したと確信して産婆のところに連れていったのだ。

りんがやけに梅干しをバクバク食べると思ったらやっぱり妊娠してたか!

橘家の家族もりんの妊娠を喜んでいたが、やえはりんが大人になって寂しい気持ちになった。

親としてはもう子供じゃないんだと実感して寂しいだろう。

源造はお腹の子供に障ると思いりんに下宿屋の仕事をやめさせようとする。

負けずにりんも反抗して大丈夫だと源造を安心させようとする。

妊娠した後も出来るだけ動いた方がいいと聞いたけど。

源造は男だから妊娠がどういうものか分かってないんじゃないか?

まとめ

朝ドラ『はね駒』第107話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

最近のりんの食欲は妊娠の影響だったのだ。

驚きすぎて動揺する源造も、実感がわき喜びを爆発させる。

胸中複雑な弘次郎に、やえは「りんが母親に…」としみじみと語った。

そんななか3人の下宿人が引っ越してきて大騒ぎになる。

第108話では、3人の下宿人で朝は慌ただしくなった。

顔を洗う井戸端も便所も、早い者勝ちの奪い合いになり…。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする