ドラマ『ハケンの品格』7話ネタバレあらすじ 里中が衝撃発言!

篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』第7話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

AIが打ち出したリストラ候補に東海林が入っていたことがショックの里中。

そしてまだそのことを東海林には言えないでいて…。

ドラマ『ハケンの品格』第7話のあらすじ

AIが打ち出したリストラ候補に東海林(大泉洋)が入っていたことがショックの里中(小泉孝太郎)だった。

そしてまだそのことを東海林には言えないでいる。

宮部社長(伊東四朗)は、会社挽回の一手だと以前里中が提出した、S&F社直営のコンビニを作る企画書を差し出した。

もちろんAIの力も借りて…。

「コンビニの企画、死にもの狂いでやります」と里中は、営業企画課の仲間達と、プロジェクトに没頭していく。

大前春子(篠原涼子)のアイデアで、子供連れや、働くお母さんに便利な店という店舗のイメージも固まっていった。

そんな中、里中のPCにあったリストラ候補名簿が流出してしまった。

自分の名前を見た東海林は言葉を失い、候補になっている社員達はパニックになる。

プロジェクトが成功したら里中が取締役に昇進することも判明し、リストラ候補の社員は裏切られたとやけをおこす始末する。

一方で、トラブルが続きながらも、コンビニのパイロット店舗は出来上がっていく。

実はその間、里中の中では、衝撃の決意が固まりつつあった…。

ドラマ『ハケンの品格』第7話のネタバレ

春子はいつものように体操をしていて、小夏は東海林の髪型がおしゃれだと話す。

里中は東海林がリストラ候補になったことを言えずにいた。

春子と東海林が喧嘩をしている時も里中は元気がなくAIが東海林をリストラ候補にしたことを思い出していた。

里中はリストラの件を考え直してほしいと宮部に話し、宮部は直営コンビニエンスストアを成功させればリストラはないが失敗は許されないと警告した。

直営コンビニの企画プロジェクトをなんとしても成功させたいと里中は話す。

スペイン料理の店に来た里中はAIに勝たなきゃ生き残る術はないと春子告げる。

里中は学生時代に野球部だった話をして野球部のキャプテンがなんとなく東海林に似ていると話した。

この状況を何とかするには自分自身で何とかするしかないと春子は里中に伝える。

里中には人を動かす力があると春子。

亜紀がカメラ付きの眼鏡を付けてコンビニに入りAIにデータを読み込ませた。

三田も店内に入り、宇野はどことなく固かった。

その時、小山田からメールで連絡がありプロジェクトが成功したら取締役に任命すると書いてあった。

里中は全て自分のやり方でやらせてほしいとお願いした。

社員は東海林に里中がリストラ候補の社員の名前を知ってるのではないかと話す。

コンビニの棚の配置を決めるのに社員たちがAIに頼っているのを見て自分の頭で考えたアイデアを出してほしいと指示する。

春子はコンビニにやってきて子供連れの母親が多いことに気づく。

大手コンビニとの差別化が必要だと春子は言い子連れのママさんが立ち寄れるコンビニがいいのではないかと提案した。

浅野と小夏もアイデアを続々と出して子育てママや働いている女性をターゲットにすると決める。

里中は部下たちと共に棚と商品の配置を頑張っていた。

亜紀は自分が何をやりたいのか目標が見えないと近に話し東海林は春子を無理に目指さなくてもいいと話す。

近が出勤データがほしいと言うので東海林が里中のパソコンを開くと社員のリストラリストを発見する。

社員たちは大騒ぎになり東海林は動揺していた。

里中が東海林に電話したが出なくて浅野が東海林に電話して会社が大騒ぎになっていると知り驚く。

里中のメールから社員のリストラリストを発見したと大騒ぎになっているとあさのは里中に伝えたが里中はコンビニの開店準備に忙しかった。

里中が会社に戻ると東海林がデスクに座っていて、里中が何か隠しているんじゃないかと社員たちが血眼になって探していた。

リストラ候補になって落ち込んでいる東海林に里中はなんとしてもプロジェクトを成功させて東海林のクビを挽回すると話す。

もしプロジェクトが失敗したらこの会社を辞めると啖呵を切る里中。

東海林はクビになってどうするんだと怒り里中の胸ぐらを掴んだが殴りはしなかった。

「自分の為に闘え、そして、なりふり構わず勝て!」と東海林は里中を励ます。

開店準備に忙しくしていた里中だが社員たちからの恨みを買い、次々と仕事を投げ出した。

社員の投げた段ボールに電線の電気がショートして引火して火が店に燃え広がる。

春子が消火器を持ってきて火は鎮火させたが店も商品も大損害を受けた。

社員は落ち込みながら帰ってきてどうせ辞めるなら失敗したほうがよかったと話していた。

社員たちが諦めムードの中、東海林は社員に里中は仲間の為にプロジェクトを頑張っていると声を荒げて言う。

里中は店の片付けをしていて、井手は自分の代わりにリストラ候補の社員と交換してもいいと里中に話すが、そんな簡単なことではないと浅野は話す。

小夏と亜紀が帰ろうとした時、春子が左官たちを連れてきて一級左官技能士の資格を持っていて左官と共に店を復旧する。

徹夜して店が復旧し、里中は春子にお礼を言う。

後はあなた次第ですと春子は里中に言い、VIP発表会当日を迎える。

役員と株主の前で里中はS&Fの本社から独立をすると宣言した。

東海林は里中のもとに駆け出していき、里中は同じ方向を向いて歩いていきたいと春子に告げる。

未来のパートナーになってくださいと里中は春子に告白した。

果たして春子の決断とはーー!?

ドラマ『ハケンの品格』第7話の感想

東海林がAIが導き出したリストラ候補にあがり里中はこのことを東海林に話せずにいた。

里中は何とか東海林と社員のリストラを避けようとAIに勝つように奮起させる。

里中たちはAIに勝てるのかな(`・∀・´)

春子は社員がリストラされようが構わず仕事を続ける、ブレないな!

店が火事になり春子は急いでどこかへ向かう。

春子は左官を呼んで店の復旧に急いで取りかかる。

春子の手際の良さがとにかくカッコいい💕

春子はまさに”パーフェクトウーマン”⁉️

S&Fからの独立を決めた里中は春子に告白する。

里中がついに春子に告白した、これは大ニュースだな^ – ^

春子の答えは果たして♫

まとめ

ドラマ『ハケンの品格』第7話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

プロジェクトが成功したら里中が取締役に昇進することも判明し、リストラ候補の社員は裏切られたとやけをおこす始末した。

その一方で、トラブルが続きながらも、コンビニのパイロット店舗は出来上がっていった。

実はその間、里中の中では、衝撃の決意が固まりつつあった。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎