ドラマ『ハケンの品格』5話ネタバレあらすじ 東海林に不祥事が!

篠原涼子主演のドラマ『ハケンの品格』第5話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武です」と言って東海林が十三年ぶりに東京本社に戻ってきた。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわりして…。

ドラマ『ハケンの品格』第5話のあらすじ

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」

東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。

東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。

しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。

そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することになって…。

謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。

東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とした。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。



ドラマ『ハケンの品格』第5話のネタバレ

東海林は企画した商品「黒豆ビスコッティ」を配っていた。

営業企画課の社員たちからも好評で、宮部は東海林とビデオ通話をしてこの商品が食べると痩せるということで話題になっていた。

春子はビスコッティを食べて不祥事の匂いがすると宮部の前で呟く。

宇野にこの商品のキャッチコピーを「細い恋人」にしたらどうかと提案した。

春子は相変わらず東海林に突っかかり里中は営業企画課のみんなでバックアップすると約束した。

東海林のことを「枯れたマリモ」と罵倒してどこへともなく立ち去る。

北乃菓子工房に東海林は電話していずれ日本中に商品を売る時が来ると話す。

工場の社長は東海林が「黒豆ビスコッティ」を売り込んでくれて感謝していた。

東海林は記者の取材を受けて、ダイエット効果について質問した。

取材が終わって東海林は「黒豆ビスコッティ」の特集が組まれることになり大喜び。

春子は本当に痩せるのか疑問に思って東海林は専門家からのお墨付きをもらったから大丈夫だと断言した。

スペイン料理屋に来た里中と東海林は春子の話をして春子が突然現れてパズルのピースを揃えるほど退屈だと話す。

会社で「黒豆ビスコッティ」を売り込むための会議をしていると、ライターが「黒豆ビスコッティ」を食べると太ると雑誌に書いていた。

ネットでも炎上して大騒ぎになり東海林はデータが本当かを確かめるために電話をする。

データを集めた社員に連絡を取ろうとしたがその社員はすでに辞めていた。

そんななか、里中は春子に「黒豆ビスコッティ」の成分分析を依頼した。

成分分析官の資格を持っている春子は早速「黒豆ビスコッティ」を分析した。

その結果、この商品を食べても痩せることはなくデータの改ざんがあったと春子は里中に報告する。

その様子を見ていた井手は営業企画課の社員にデータの改ざんがあったと告げる。

宮部に呼び出された東海林はデータの改ざんがあったことを正直に報告して工場拡大の話は白紙に戻り処分を受けることになった。

東海林は落ち込み部下に任せるのではなく自分で調査すればよかったと話す。

春子は定時なので帰り、東海林は春子と喧嘩していつもの調子を取り戻した。

アンケートに不正は無いと東海林は里中に断言してアンケートに答えてくれた女性たちのことを大事にしたいと話す。

その一方で、宇野はアンケートに不正があるのではないかと疑い小夏と亜紀にシュレッダーにかけるようち命じた。

里中はアンケート用紙を探していたが小夏と亜紀がもうシュレッダーにかけたと知り動揺した。

会社に「黒豆ビスコッティ」を開発した工場の社長が会社を訪問して春子は彼からお菓子をもらう。

東海林は社長に謝ったが社長は東海林に商品を認めてもらえて嬉しかったと話す。

宇野からアンケートをシュレッダーにかけたと聞いて東海林は驚き、春子は会社に戻ってシュレッダーのゴミの中にあるアンケート用紙を探す。

シュレッダーのゴミを回収して春子はジグソーパズル検定1級の資格を駆使して復元を試みる。

里中と浅野も手伝い、徹夜してアンケート用紙を復元する。

朝になり東海林が出勤してくるとアンケート用紙を全て復元していて愕然とする。

記者会見が始まり宇野と東海林が記者たちの前に立つ。

宇野はデータとアンケート用紙をうっかり派遣社員が破棄したと記者の前で虚偽の発言をした。

会見で東海林はデータに嘘があったと発言して頭を下げた。

全て自分の責任だと東海林は記者の前で謝罪した。

東海林は「黒豆ビスコッティ」は本当にいい商品で嘘はないとアンケート用紙を見せながら記者に訴えた。

その時、春子が会見の場に現れて東海林にスピーチの原稿を見せる。

近がプロジェクターを使ってモニターの生の声を映した。

成分は関係なしに「黒豆ビスコッティ」はいい商品だとモニターは口を揃えて話していた。

記者からはブーイングの嵐だったが、ネットで炎上したことでかえって「黒豆ビスコッティ」が爆売れした。

春子は徹夜したせいで大事な資料を破棄するほど混乱していた。

社長室に呼び出された東海林は宮部から長年本社を離れていた君にしかできない仕事があると告げる。

春子は徹夜したくらいでおかしくなるとはと女子トイレの鏡の前で呟いていたーー。

ドラマ『ハケンの品格』第5話の感想

東海林が売り込んだ「黒豆ビスコッティ」のデータが改ざんされたと大騒ぎになる。

「黒豆ビスコッティ」を食べても実際は痩せずに太るとネットで騒いでいた。

それだけ栄養があるって許してよらえないかね。

ダメか…データ改ざんしちゃったもんな(`・ω・´)

春子はジグソーパズルも得意だったのか、もう何を聞いても驚かなくなってきている💕

いざという時に嘘がつけない東海林、結構いい奴なんだな^ – ^

春子は徹夜してアンケート用紙を復元して東海林は会見でデータの改ざんがあったことを言って謝罪した。

正直に言って謝ることが一番だ!

まとめ

ドラマ『ハケンの品格』第5話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

東海林のアンケートへの思いを知る里中は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とした。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京してきた。

春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされる。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎