ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』9話ネタバレあらすじ

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第9話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

瀬野章吾が葵みどりの目の前で倒れる。

救急センターに運ばれ豊中瑠衣の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻して…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第9話のあらすじ

瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。

救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。

詳しい検査を受ける事になった瀬野は付き添って来たみどりに、仕事に戻るよう指示した。

翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたという噂が広がり、調剤室にも伝わる。

が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。

そんな瀬野に刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。

同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。

その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に,瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。

そんな時、瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。

搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。

みどりと陽菜の所持品から薬を探した瀬野は抗不安薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。

処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。

すると、やはり陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。

みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが陽菜は反抗的。みどりは陽菜にからかわれてしまう。

瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。

それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。

一方、みどりは小野塚綾(成田凌)から、意外なことを頼まれる。

(出典:『アンサングシンデレラ』第9話あらすじ

ドラマ『アンサングシンデレラ』第9話のネタバレ

瀬野が突然血を吐いて倒れて豊中医師が手術をしようとする。

みどりに仕事に戻れと瀬野は言いみどりは仕事に戻る。

みどりと刈谷は販田から聞いてはいたとくるみに話した。

瀬野は仕事にふっきして逆流性食道炎だと話す。

販田に肺に腫瘍があると告げ、精密検査を受けると報告した。

そんななか、若月陽菜が緊急搬送されてみどりと陽菜の所持品から薬を探した瀬野は抗不安薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の多量摂取)を疑う。

みどりたち薬剤師は患者の日常を守るのが仕事だ。

陽菜は薬を飲みたがったが薬は点滴を使うとみどりは指導をする。

成分の成分の入っていない薬を飲んだが物足りず陽菜はみどりから薬を奪って多量の薬を飲んで吐き出した。

瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡から知らされた。

それは肺だけでなく他の内臓にも転移していた。

余命を畑中に尋ねて瀬野は抗がん剤治療をしても治るとは限らない、だから今後のことは自分で考えたいと告げる。

小山という患者がはんそうされて瀬野は豊中に適切なアドバイスをして小山は助かった。

その時、小野塚が来て救急認定薬剤師になりたいと伝えた。

小野塚は瀬野に憧れて覚悟を決めてやりたいことをやると宣言した。

瀬野は小野塚のおかげで普通に戻れたと言って去っていく。

陽菜の元夫・栗原謙介が陽菜の病室にやってきて陽菜の心が病んだのは自分のせいだと話す。

陽菜が育児ノイローゼになっていることに気付けなかったと謙介は言いその時から陽菜が薬の多量摂取をしていたと話す。

陽菜は治療を始めて、陽菜の方から離婚を切り出した。

陽菜の娘はママに会いたいと思っていると謙介は言い娘に会わせて治るなら会わせたいと話す。

みどりは陽菜のスマホの画面が娘の写真だったと謙介に伝える。

謙介は陽菜に娘に会わせたいと話したが、「お好きにどうぞ」と言って去っていく。

瀬野は余命3ヶ月だと販田に報告して有効な治療薬はないと話す。

一人でも多くの患者さんの役に立ちたいと瀬野は訴えて、その会話をみどりは聞いていた。

みどりは瀬野を「娘娘亭」に誘って、瀬野のためにお粥を頼んだ。

余命がわずかだと知っていたら、ギリギリまで仕事をすると瀬野はみどりに話した。

瀬野の母親も最期まで仕事をしていたと言い、タイムリミットがわかっているから自分のやりたいことができたのだと瀬野。

オーバードーズの患者は難しいぞと瀬野はみどりに忠告した。

陽菜は不安になって隠し持っていた薬を飲もうとしたら、謙介から娘の写真を送られてきた。

それを見て陽菜は涙を流して薬をトイレに流した。

陽菜は娘に会えることを楽しみに思う反面、不安に思っていた。

みどりは謙介と娘を陽菜の病室まで案内したが陽菜はいなかった。

その時、陽菜が他の患者から薬を奪って飲んでいた。

その姿を見た娘は陽菜のことを拒絶して陽菜はショックを受ける。

陽菜は心療内科に移ることになりみどりはオーバードーズのことについて調べていた。

陽菜は娘と撮った写真を削除して涙をを流していた。

調剤室にやってきた陽菜は薬を漁っていてみどりが病室に連れて帰ろうとした。

その時、陽菜が突然ハサミを持ってみどりに突き立てて薬を出せと要求した。

瀬野は陽菜に要求されて薬を出そうとしたら、みどりは必死に引き止めた。

陽菜が病気に真剣に向き合えば治せるとみどりは陽菜を説得して、世の中には治らない患者もいると訴える。

瀬野は自分がもう治らない病気だと陽菜に告白して、みどりは患者のために親身になって考えていると話す。

みどりが陽菜に薬が要らなくなるまでとことん付き合う奴だと瀬野は陽菜に言いみどりのことを信じてやってほしいと訴える。

みどりは娘からの手紙を陽菜に渡して陽菜は娘が作った折り紙を見て号泣した。

「ゆっくりやっていきましょう、急がなくて大丈夫ですから…」とみどりは陽菜を抱きながら落ち着かせて、陽菜は病室で眠りについた。

みどりは薬剤師のすべてを教えてもらった先輩には今すぐ治療を受けてもらいたいと瀬野に訴える。

瀬野を治せる道を探させてくださいとみどりは泣きながら瀬野に言い、瀬野ほ自分の病状をみどりに伝えた。

瀬野は薬のことをみどりに任せた…。

陽菜はみどりのサポートもあって無事に退院した。

一方、販田は瀬野の身体に適合する治験薬を探してほしいとお願いした。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第9話の感想

みどりは瀬野のことを心配しているが、瀬野もみどりたちに心配かけたくないと肺に腫瘍があるのを話さなかった。

陽菜が緊急搬送されてみどりと瀬野はオーバードーズを疑う。

薬の多量摂取は身体に悪いこと知ってるはずなのに…。

瀬野と小野塚の関係っていいな💓

みどりは瀬野の命がもう長くないと知ってしまった、どうするんだろう。

どんな顔して娘に会っていいかわからないんだろう…。

陽菜が無事に退院できてよかった、一時はどうなることかとおもったけど。

そして、みどりは瀬野を治す術を見つけ出すことはできるのか、次回に期待⁉️

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ』第9話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

瀬野は精密検査の結果を消化器内科の畑中聡から知らされる。

それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。

一方、みどりは小野塚綾から、意外なことを頼まれた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする