ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』最終回のネタバレあらすじ 

石原さとみ主演のドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第11話のネタバレあらすじと感想をまとめてみた。

葵みどりが瀬野章吾の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていて…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第11話のあらすじ

葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。

そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。

喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。

心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。

だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。

小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。

そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。

幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。

千歳と世津子は服用していたと答えた。

そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。

まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。

みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

 入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。

それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。

しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

(出典: 『アンサングシンデレラ』第11話あらすじ)

ドラマ『アンサングシンデレラ』第11話のネタバレ

みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。

患者が出産中でみどりは失神した夫を介抱した。

みどりは星名優の病室に来て問診をしていた。

産婦人科に薬剤師になった小野塚がやってくる。

向坂千歳は薬を飲まずにゴミ箱に捨てて突然倒れる。

みどりは小野塚から病院のことを話して瀬野のことについて責任を感じていた。

瀬野の治験のことで責任を感じることはないと小野塚はみどりに話した。

みどりは千歳が搬送されたとの報告を受けて病院に向かう。

千歳は抗てんかん薬を飲んだとみどりに嘘をついた。

道場医師たちは千歳を転院させるべきか迷っていた。

道場先生が病院にいた頃は先輩に頼ることもできたがここではそういうわけにもいかないとみどりに話す。

優は薬をゴミ箱に捨ててみどりにまた嘘をつく。

みどりは前の職場に行くと噂になっていた。

なぜこんな田舎の病院に転院してきたのかみどりは看護師たちから尋ねられる。

みどりは治験のことで規約違反をしたからここに来ることになったとみんなに話す。

優は日記を書いているが手が震えて書けなくなっていて困っていた。

みどりは病院のみんなが優のことを見ていると優を励ました。

一度流産してダメになっているから絶対にこの子に会いたいとお腹をさすりながらみどりに告げる。

一方、販田は根回しによってみどりが病院に戻れることになったがみどりはこの病院に帰ってくるつもりはないと知り落ち込む薬剤部の面々。

千歳はてんかんによって時々ボーッとなることがあり優は心配する。
 
優は千歳が薬を飲んでいないことをみどりに話して、千歳は薬を飲まなければ普通の妊婦として認められると思ったと告白した。

みどりはこれからは薬をちゃんと飲んでお腹の赤ちゃんのために備えましょうと千歳に告げる。

薬を飲み始めた千歳、みどりは千歳の病気のことについて調べ始めていた。

千歳は隣にいる優と話を始めて、てんかんは薬でコントロールできることもあると説明した。

てんかんがわかってからは母親の言いなりだったと千歳は優に話した。

母親の世津子から普通の子とは違うと散々言い聞かされて千歳は出産のことが不安になっていた。

道場先生は千歳と世津子に出産のことについて話した。

世津子はてんかんの千歳がこれから子育てに苦労すると決めつける。

世津子の訴えに千歳は激怒してこれからは赤ちゃんと二人で生きていくと決意した。

販田はみどりに会いに萬津産婦人科医院に来ていた。

販田は道場先生たちにあるお願いをする。

みどりは千歳の家に来て千歳の着替えを取りにやってきた。

世津子は千歳のために安産祈願のお守りをみどりに渡してみどりは千歳にお守りを渡してもう一度世津子と話し合ってみてはと提案した。

その時、千歳は破水して急遽帝王切開することになった。

みどりは薬を取りに別の病院に行き、薬を道場先生に渡してまたどこかへと走り出す。

世津子を病院に連れてきたみどり、世津子は千歳の応援をしていた。

千歳の赤ちゃんは無事に生まれて、早産だと聞いて普通の身体なら丈夫に産んであげられたと言い自分を責めていた。

そんな千歳を世津子は慰める。

販田はみどりが病院にくるようにとっておきの刺客を送ったとみどりに話した。

道場先生たちはみどりならもっと大きな病院で多くの患者さんを助けられると言いみどりを送り出そうとした。

みどりはここでやりがいのある仕事を見つけたと道場先生たちに話した。

その時、瀬野がみどりと話をして萬津総合病院に戻ってこいと話すがみどりは佐緒里のような立派な薬剤師になったら戻すつもりだと話す。

瀬野は薬剤師の仕事に復帰して虹子は龍之介との子供を産んだ。

みどりは萬津総合病院に戻ってきて薬剤師の仕事をするのだった…。

ドラマ『アンサングシンデレラ』第11話の感想

みどりは瀬野の治験を勧めたことによって病院を辞めることになった。

今は産婦人科の病院で働いていて、小野塚が説得にやってきたがみどりはここの仕事が充実していると話す。

小野塚の説得にも応じない、みどりは本当にここでやりがいを見つけたようだ。

そわなことよりも瀬野がどうなったのかが気になる!

世津子は娘の千歳のことを必死に守ろうとしただけなんだよな…。

「親の心子知らず」とはこのことか。

世津子も頑固ですな、てんかんでもてんかんじゃない人でも大変なのは同じ。

世津子と千歳が仲直りしてよかった、無事に赤ちゃんが生まれてよかった。

みどりが萬津総合病院に戻ってきてお馴染みの仲間たちと働く彼女の姿が素敵です💗

まとめ

ドラマ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師の処方箋』第11話のドラマレビューはいかがでしたでしょうか?

萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎だった。

まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。

みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。

それを同室の星名優が見てしまう。

しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついた。

まだご覧になっていない方はこの機会にぜひごらんになってみてはいかがでしょうか。

それでは、また‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする